1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. 40代・50代のためのゆるゆる やる気なしダイエット

40代・50代のためのゆるゆる やる気なしダイエット

  • 2016/03/24 UP!
  • ボタン1
  • ボタン2
筋肉が落ちて代謝が悪くなる40代以降は、太りやすく、やせにくいお年ごろ。けれど、「いざダイエット」と意気込むのは禁物! やる気のスイッチをそっと消し、脳をだましだまし続ける「ゆるゆるダイエット」こそ、新しいダイエットの入口です。
監修/石川善樹さん
ロゴ

変化に向き合えば、未来はもっとハッピーに。リビング新聞とリビングwebが女性の健康情報を届けます


ゆるゆるポイント1

絶対にやる気を出さない

ダイエットを始めるとき、やる気メーターをフルに上げて挑むのは、脳科学的には大間違い。急に食事制限や運動を始めると、脳は危機感を抱いて「お腹すいた!今日は動きたくない!」と強く反発してきます。コツは、いつもの行動にそっと「やせ習慣」を忍ばせ、古い脳を「だます」ことです。
やせ習慣
脳の仕組み
解説:
人間の「習慣」を司るのは、脳の一番中心部にある古い脳。この脳は「大きな変化」を極端に嫌います。新しい習慣をつくるときは、この脳をだますため、少しずつ始めるのが実は近道。


ゆるゆるポイント2

“食べるを減らす”より、“動くを増やす”が先

加齢太りの原因は、筋肉が落ちて代謝が悪くなること。食事制限だけでダイエットすると、筋肉が落ち、ダイエット前より太りやすい体に…!
ダイエットの正しい順番は、まず動く量を増やし、次に食事制限。筋力を上げるストレッチや、家事や散歩などで今より動く習慣をつくってから食事制限に手を付けるほうが、結果的にラクにやせられます。
100kcal分の動きはこのくらい(体重50kgの人の場合)
100kcal


◆おすすめストレッチ◆
体の中で一番大きな筋肉がある「太もも」を鍛えるのが、代謝アップには効果的! ごろ寝で鍛えるのがゆるゆるダイエット流です(筋トレ監修/「ゆるゆるネコ体操」考案者・木次真紀さん)。

ストレッチ1
ひざの裏に枕を置いて、床にグーッと押し込む。4 ~ 8秒かけて、ゆっくり押し、ゆっくり戻す
ストレッチ1
足首あたりに枕を置いて、床にグーッと押し込む。以下1と同じ


ゆるゆるポイント3

睡眠を大事にする

睡眠不足になると、基礎代謝が下がるうえ、ホルモンバランスが乱れて食欲が増すので、間食・ドカ食いの原因に。やせたいなら、しっかり眠りましょう。40代・50代なら6.5 ~ 7時間は必要です。睡眠の質も大切なので、寝る直前のテレビ・スマホ、入浴、飲食はなるべく控えて。
やせ習慣


ゆるゆるポイント4

好きなことを禁止しない

「○○はダメ」と禁止されると、余計に頭から離れなくなることが脳科学の研究で分かっています。たとえば「チョコはダメ」と禁止するのではなく、「後で食べよう」と思い直して、見えないところにしまう。そんな単純なことが、脳には意外なほど有効です。
やせ習慣


ゆるゆる手ばかり

クックパッド ダイエット・管理栄養士がアドバイス
食べ過ぎ防止も「ゆるっ」とね

太らないレシピや食べ方を発信する「クックパッド ダイエット」に、いつもの食事でできる、簡単な食べ過ぎ防止法を聞きました。

イラスト

やせ習慣

◆1食で食べる量の目安は「手ばかり」で◆

主食軽くにぎったこぶし1つ分。パスタ・うどん・そば・パンなどはこぶし1つ~1.3つ分。
主食手のひら(指は除く)1枚分。
主食生野菜なら両手1杯、火を通したものなら片手1杯分。
監修

監修/石川善樹さん
予防医学研究者・医学博士。著書に「最後のダイエット」(マガジンハウス)など
PC・スマホで自分に合ったダイエットがチェックできる「減量シミュレーター」(http://www.diriron.com)を考案

イラスト/浅生ハルミン

ボタン2

  1. 1
  2. 2

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. 40代・50代のためのゆるゆる やる気なしダイエット
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更