1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. ウィッグ選び・3つのコツ、友達と一緒に&試着はトコトン&楽しむ

ウィッグ選び・3つのコツ、友達と一緒に&試着はトコトン&楽しむ

  • 2016/10/20 UP!

友達とのおしゃべりは「ウィッグって、どう思う?」「いつから使う?」「本当に使う?」。40代後半から女性にとって、興味深々の話題です。そこで、今回は、アデランス フォンテーヌ営業企画部マネージャー・北本典子さんに選び方のポイントと最新のウィッグについて、編集部・丸山が聞きました。

★★最後に、素敵なプレゼントがあります★★

Q 実際、女性用ウィッグってどのくらいの人が使ってているのでしょうか?

A 私をみてください。これ、ウィッグなんですよ! 当社の売り上げの7割は、女性用ウィッグ。実は、皆さんが気づいていないけれど、多くの女性が使っているんです。それぐらい自然な仕上がりが、最新ウィッグということです

「これウィッグよって、言わなきゃ、わからないですよね、きっと。アデランスのウィッグは色や形を自分の好みに合わせられます。だから、周りの人は使っているのをわからないでしょう。気づかないから、ウィッグを使っている人っているのかしらと思う。でも、皆さんが思っている以上に、使ってくださっています」

s-torikitamotoIMG_0386

ーとても自然な色や形で、人工毛とは思えません。なぜですか?

「服で言えばプレタポルテなんです。自分の好みの商品を決めていただいたら、カールやストレート、カットもできるので、より自分に合うウィッグに仕立てることができます。それと、商品によっては人毛をブレンドしたり、人工毛も自然な艶感のモノを使用したりと、より自然にみえるような工夫をしています」

Q ウィッグって最初の一歩が踏み出せません。
来店される方のきっかけは、何でしょうか。

A トップのボリューム感や、立ち上がりが気になってという方が多いですね。でも、様々なウィッグを試着されると、洋服感覚で選ぶようになり、楽しんでつける方が多いです」

「トップ薄さが気になると言って来店される方が多いのは確かです。
カチッと止めるだけの【トップピース(R)】という製品があるので、そこから試していただきます。簡単に装着できますし、お手入れも簡単。でも、フルウィッグも試していただくことが多いですね。洋服を選ぶ感覚と同じです。自分の生活スタイルや服に合うかどうかが大切なので。納得できるまで、試着することが大切だと思います」

―私も試したら、変身のワクワク感が実感できました。いろいろ試さないとわからないですね。

s-IMG_0392

「個室でヘアサロンのようになっていますから、自分の聞きたいこと、相談したいことをしっかり聞いてください。丸山さんだったら、前髪をもっと切りたいですか? 美容室感覚でどうぞ。ウィッグは普段遣いする方もいますが、洋服やシーンに合わせて変える方もいますので、どんなふうに使いたいかも教えてください」 

―でも、試着すると、買わなきゃいけないかなって、心配になっちゃうんです(笑)

「洋服と同じですから、そんなこと全然ないです。例えば、試した姿をケータイなどで写真に撮って、あとで家で考えて、それから購入したいと思ったらで、大丈夫です。友達に“どうかしら?”ってメールで送って、意見を聞くのもいいと思います」

s-IMG_0182

 

Q 1人で来るのは、ちょっと勇気がいるかも…

A  友達とご一緒にどうぞ! 忌憚のない意見を言ってくれますよね(笑)。似合う、似合わない、こっちがいいとか、ワイワイ楽しく選んでください。娘さんといらっしゃるのも、だからオススメです。もちろん、1人でも。

「普段の服装や好みを知っている人は、正直に意見してくれますから“ぜひご一緒に”と伝えています。それと、大事なのは、座ったままで決めないことですね。立ち上がって全体のバランスをみたり、今来ている服だけでなく、普段の服装とも合うかどうか、チェックしてください。写真に撮って、他のウィッグとの比較も、ぜひ。ご主人と来店する方もいます。個室なので、大丈夫なんです。仲がいいなぁなんて、ちょっとうらやましく拝見しています」

 

Q 顔のリフトアップ機能がついた
ウィッグが登場したって、本当ですか!

 A  「体験してください。『リフトアップウィッグ(R)』というもので、補正下着メーカーのエル・ローズ社と共同開発しました。まずは、このネットをかぶってください。3回程度やれば慣れて、自分できれいにかぶれるようになります」

s-IMG_0345

―すっぽりかぶっただけで、目じりが上がって、頬の周りもアップした感じがわかります。でも、全体を包んでいるので、きつくはないですね。

「後ろで、調整できるベルトがあるので、包んだあとに、自分が“気持ちのよい”と感じるところで、止められるからです」

s-IMG_0359

ー簡単だし、本当にリフトアップを実感できるのは、すごいです。

s-IMG_0358

「ピンでとめて、あとはウィッグをかぶるだけです。ウィッグ本体の後ろに、滑り止めがついていたり、伸縮性のあるネットがついているのでぴったりと装着できます」

s-IMG_0404

「では、ボブスタイルを付けてみましょう」

toriIMG_0381

ー気分が、あがります!! 使用前の写真(下)と比べると、よくわかると思います(笑)。目尻が最近、気になっていたのですが、そのあたりと、やっぱり顎のラインが違いますね。

IMG_0333

「ウィッグのトップは、薄い生地を使っているので、こんなふうに見てもウィッグとはわからないくらいと思います」

s-IMG_0405

ーこうなってくると、気になるのがお値段です

「『リフトアップウィッグ(R)』はショートとボブがあり、両方とも5万8000円(税別)です。色は3色展開しています。お手入れも専用のシャンプーで洗って、乾かすだけ。とても簡単なので、初めてウィッグを付ける方にもぴったりだと思います」

ー手が届く価格ですね。美容室でカラーリングして6回分ぐらいですから。それと、気軽に相談すればいいんだなぁと実感できました。今日の体験は、友達とのおしゃべりのネタになります。“すごく楽しいよ”って。ありがとうございました。

★読者5人にプレゼント★
アデランスのビューステージ「 ビューフラーレ」女性用ヘアトリートメント(80ml、5184円)を抽選で5人にプレゼントします。

20160809-014

応募はコチラ

応募締切=11月6日(日)

 アデランス サイト
http://www.aderans.co.jp/ladies/

★取材を終えて…
ウイッグは、もう少し先のこと…と思いつつ、髪が細い私は、トップの立ち上がりが年々弱ってきて、気になって気になって。なーんだ体験してみたら、すっきり解決。実は、周りでは気づかないけれど、きっと多くの美しい女性たちが、“もう、使っているわよ”と、ささやいているのかもしれません。ちなみに、モデルさんの写真は下記のとおり。私と同じボブを、モデルさんに似合うようにカットされていて、とっても素敵でした。

取材担当・編集部/丸山実木

s-IMG_0318

この記事を書いた人ねこはち
常に流行感度の高い人でありたいな。医療、化粧品、健康食品のデスクとして、いろんなセミナーにも出没中です

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. ウィッグ選び・3つのコツ、友達と一緒に&試着はトコトン&楽しむ
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更