1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. “暑い夏も軽やかに使いたい”。そんな声から開発が始まった、オラクルの春夏限定のナイトクリーム

“暑い夏も軽やかに使いたい”。そんな声から開発が始まった、オラクルの春夏限定のナイトクリーム

  • 2017/06/15 UP!

〝強く、美しい肌〟へと導くことを目指す「オラクル」、〝しなやかに、潤う肌〟がテーマの「アルケミー」。この二つのブランドを展開するレクシアはなんと、原料の栽培、研究から開発、製造、販売まで、すべて自社で行っているというこだわりのメーカー。そんな同社のヒミツを探るべく、さっそく取材に出かけました。

~プレゼントもあり。こちらも見逃さないで~

☆話を聞いたのは☆
レクシア
研究開発部
開発課
中野史朗さん

IMG_8628

夏らしいテクスチャーのクリームを実現
軽さと〝コク〟の両立に苦戦

─今回は、実際に化粧品を開発・研究されている中野さんに取材できるということで、楽しみにしてきました! ではまず、今回、数量限定のナイトクリームが発売されるまでの経緯をお聞きできますか?

2001年に誕生した「オラクル」ブランドから、5月15日に発売したのが、春夏向けのナイトクリーム「クリーム・ルネサンス ディメンション」です。もともと、植物エキスとオイルの濃密配合で、保湿力が高いナイトクリーム「クリーム・ルネサンス」を用意していたのですが、〝暑い季節も軽やかに使いたい〟という声をお客さまから多数いただきまして。そこから、開発がスタートしました

─では、新しいほう(笑)の「ナイトクリーム」の特徴を教えてください

新処方の「ウォータリー・ディメンション・ネット」を採用しているのが、一番のポイントですね

─その「ウォータリー・ディメンション・ネット」とはどんなものなんですか?

ディメンションには、〝空間的な広がり〟という意味があります。今回は、カミツレ花エキスやサッカロミセス/ヨモギ葉発酵液などの植物成分と、天然の保湿成分が互いに引き合い、結びつきながら奥行きのある網目状の組織を形成する仕組みを取り入れ、「ウォータリー・ディメンション・ネット」と名づけました。クリームを肌にのせた瞬間、それらの組織が肌の上でほどけて天然保湿成分が一枚の膜になり、肌の表面を保護。植物成分を蒸発させることなく、肌の内側に潤いを閉じ込めることで、ハリのある、みずみずしい肌へと導いてくれます

IMG_8607

実際に商品を試しながら、説明してくれる中野さん。

─なるほど。そこが、エイジングケアにもおすすめなんですね。それ以外の魅力はありますか?

ローズやジャスミンなど、貴重な天然香料を使っていますので、優雅な気持ちでリラックスしながらのお手入れをしていただけます

─作る上で、大変だったことは?

ナイトクリーム「クリーム・ルネサンス」という土台はあったので、ゼロからの開発ということではなかったのですが…。高い保湿力はそのままに、みずみずしい夏用のテクスチャーにするのが最も大変でした。夏用にするために水分を増やして油分を少なくすると、クリームの〝コク〟が損なわれてしまうので、その点をどうするかが一番の課題でしたね。
また、混ぜ合わせると分離してしまう水分と油分は、化学合成された乳化剤などを使うと簡単に分離を防げるのですが、オラクルではそういったものを一切使わないことが大きなこだわり。植物の力だけで、どうすればいいかを考えるのも難しかったです。

 

旭川に自社農園まで作って原料を栽培
自分の感性や独自性を生かせる場所で活躍

─では、御社の人気ブランド「オラクル」が誕生したきっかけは?

オラクルは〝火・水・風・地〟という、古代ギリシアの自然哲学思想「4元素論」をベースに、ハリを与えてくれる実・種、保湿に効果があるといわれる葉・茎、ツヤへと導く花、弾力のある肌を目指す根・樹皮から抽出した植物エキスやオイルを、コンポーザー(処方開発者・調香師)が互いの力を引き出すように生み出した独自処方によってできた、スキンケアブランドです。
もともと主婦だったコンポーザーが、「自分の庭で育てていたハーブを組み合わせて、化粧品を作れないか」「少しでも良い化粧品を使ってもらいたい」と考え、手作りで美容液や化粧水を作ったのがレクシアの始まりです。今でこそ規模は大きくなっていますが、思いや姿勢はその当時と変わっていません。

IMG_8648

レクシアの本社には、自社の商品がズラリと並んでいます

─何もかも自分たちでするとなると、大変ですね

はい。最初は自分たちだけですべて作るのではなく、どこかに委託して商品を作れればと考えていましたが、こだわりが強すぎて、引き受けてくれるところがなかったので(汗)。研究開発から製造、販売まですべての工程を自社で行うようになりました。でも、そのほうがクオリティーの高いものを提供できますし、結果的にはこれで良かったのだと思います。     製造工程のみならず、エキスの熟成や原料生産に至るまで、すべて自社で行っているメーカーは、めずらしいと思います。北海道の旭川には、土からこだわり、有機JAS認証を取得した自社農園まで作ってしまいました。

IMG_8596

─それはすごい!

自社ですべてやっていると、締め切りがあってないようなものなので…。こだわり過ぎて、スケジュールが押してしまうことがあるのが悩みですね(笑)。

(突然参加・広報担当の武石彩さん)
商品の宣伝スケジュールを立てていても、出来上がったころには季節が変わっていたり、ということも!(苦笑)。広報担当としてもどかしいときもありますが、それも、完璧な商品をお客さまに届けるためには必要なことだと考えています。

─オラクルの今後について教えてください

「オラクル」は今年で17年目。これまでに12アイテムを発売してきましたが、リピート率がとても高いんです。なので、これからも期待を裏切ることなく、お客さまに喜んでいただける良い商品を作り続けていくことが目標です

─確かに、一度使うとその魅力がよく分かりますよね。ところで、中野さんはなぜ、化粧品の研究員になられたんですか? 男性ってめずらしいですよね

僕はもともと、理系の化学専攻。就活をしていたときに、レクシアと出合いました。化学専攻というとどうしても〝お堅い〟職種になってしまいがちですが、化粧品メーカーだと研究していたことを生かせるのはもちろん、自分の感性や独自性も出せるんじゃないかと考え、入社したんです

IMG_8638

中野さんは、この角度がお気に入りなのだそう(笑)

─オリジナリティーを発揮しながら、これからも素敵な化粧品コスメを作っていただきたいと思います。今日はありがとうございました

~記者が使ってみました~
取材中、ナイトクリーム「クリーム・ルネサンス ディメンション」をつけさせてもらったのですが、確かに、テクスチャーは軽やかで、さわやかな使い心地。そしてその日の夜から、さっそく寝る前に試してみると…。2日目、3日目と使い続けるほどに、肌にすんなりとなじんできたような気がします。

 

♪プレゼント♪
ナイトクリーム「クリーム・ルネサンス ディメンション」1万800円
を3人に

CRDメイン カミツレ花エキスやサッカロミセス/ヨモギ葉発酵液など、濃密な植物成分と天然の保湿成分が、肌にのせた瞬間に1枚の膜となり、角層まで浸透する新処方「ウォータリー・ディメンション・ネット」を採用。乾燥やくすみを防いで、透明感のある肌へと導いてくれます。今回、5月15日に限定発売された春夏用のナイトクリーム「クリーム・ルネサンス ディメンション」を、抽選で3人にプレゼント。奮って応募して。
また、商品は、ハービスPLAZA ENT3階にある直営店の「メゾンレクシア ハービスPLAZA ENT店」でも購入可能。店舗では、カウンセリングをしながら肌状態に合った商品を紹介してくれるので、「自分の肌に合う化粧品を見つけたい」という人にピッタリ。気軽に足を運んでみては。

         応募はこちらから   

 

【商品に関する問い合わせ】
メゾンレクシア カウンセリング室

0120-444-159

 

この記事を書いた人西田安江
大阪の編集部で美容を担当。最近、特に気になるのがヘアケア。髪に関するアイテムは、少しくらい高くてもいいものを使いたい派。〝美〟に興味ありありだけれど、基本〝面倒くさがり屋〟なので、究極の〝時短美容〟を追求中!

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. “暑い夏も軽やかに使いたい”。そんな声から開発が始まった、オラクルの春夏限定のナイトクリーム
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更