1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. 「日本健康マスター検定」第2回検定試験日が決定

「日本健康マスター検定」第2回検定試験日が決定

大事な健康を守るために必要なこと
それが「健康リテラシー」

160818kenken01

あなたは、「健康寿命」という言葉を知っていますか?

健康寿命とは、介護などを必要とせず、自立して日常生活を送れる期間のことです。

平均寿命と健康寿命の間には、男性で約9年、女性で約12年の差があります(平成25年厚生労働省調べ)。

超高齢化社会を迎え、今、私たちは、「どうすれば健康で元気な人生を送れるか?」ということを、あらゆる世代で考えていくことが重要になっています。そのためには、日ごろの健康維持や体の仕組みなどについて、正しい知識やスキル、つまり「健康リテラシー」を身につけておくことが大切です。

第1回は4000人以上が受験予定 
日本医師会が監修協力「日本健康マスター検定」(けんけん)

サンケイリビング新聞社などが後援する「日本健康マスター検定」(通称:健検〈けんけん〉)は、自分や家族の健康を守り、生活や仕事に活かせる「健康リテラシー」を習得するために新しく生まれた検定です。

第1回の検定試験は2017年2月26日(日)に東京・大阪・名古屋で実施されます(第1回の申し込みは締め切りました)。第1回の受験希望者は全国で4000人以上! 健康意識の高まりがうかがえます。
なお、第2回の検定試験は2017年6月11日(日)に決定。詳しいスケジュールは2月下旬に発表されます。公式テキストを早めに入手して、あなたも「健康リテラシー」を磨いていくためにチャレンジしてみませんか?

日本健康マスター検定の特徴

特定の疾病や健康テーマだけでなく、全般的な健康を体系的にカバーする、「健康リテラシー」をはかる検定です
単なる健康知識にとどまらず、必要な健康情報を得たり、情報の真偽を見極めたりするスキルも身につきます
日本医師会が協力、健康・医療分野のオーソリティが監修する公式テキストは、信頼性の高い“正しい健康知識” の拠りどころとなっています
合格者は地域や職場における健康のアドバイザー、リーダーとして活躍の場が広がり、健康関連業務に携わるビジネスパーソンにとってのレベル向上にもつながります

第2回試験実施概要
試験実施日 2017年6月11日(日)
※申し込み期間など詳しいスケジュールは2月下旬に発表されます
受験料 ベーシックコース=4800円 エキスパートコース=7800円

まずはベーシックコースにチャレンジ!

検定は、目的やレベルに応じて、「ベーシック・コース」「エキスパート・コース」の2コースがあります。

「ベーシックコース」は、自らの健康づくり、健康寿命を伸ばすために必要な、生活習慣改善のための正しい健康知識・ノウハウを習得し、基本的な健康リテラシーを身につけるのを目的としています。

日本医師会が監修協力
「日本健康マスター検定公式テキスト」販売中

(ベーシック・コース、エキスパート・コース 共通)

160818kenken03

仕様/A5判 224ページ 発行所/NHK出版 定価/2500円+税

検定の出題範囲に合わせて、体系的に健康リテラシーを学べるテキスト(ベーシック・コース、エキスパート・コース 共通)。

日々の生活や仕事に役立つ健康知識・ノウハウを楽しく学べます。

「日本健康マスター検定」

【主催】一般社団法人日本健康生活推進協会
【監修協力】日本医師会
【後援】日本医師会、日本歯科医師会、 日本薬剤師会、日本看護協会、日本栄養士会、NHKエンタープライズ、NHKエデュケーショナル、サンケイリビング新聞社、スマート・ライフ・プロジェクト(厚生労働省)、健康日本21全国連絡協議会、健康・体力づくり事業財団、日本健康運動指導士会、日本ウォーキング協会、日本保育協会、スポーツ健康産業団体連合会、日本フィットネス産業協会、日本BP健康経営フォーラム、神奈川県
【特別パートナー】東京海上日動火災保険株式会社

「日本健康マスター検定」公式ホームページ
https://kenken.or.jp/

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 美・健康・エイジングケア
  3. 「日本健康マスター検定」第2回検定試験日が決定
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更