1. 千葉トップ
  2. 20000day's〈祝55歳!〉  いつでも今がいちばん!だといいな。
  3. 気になること
  4. びすとろビアンコ 四街道にヨコハマの風が吹く!の巻

びすとろビアンコ 四街道にヨコハマの風が吹く!の巻

2017/3/21

ちばうさ
ちばうさ

こんにちはちばうさです(*´∇`*)

四街道駅から徒歩圏内に
びすとろビアンコというレストランがあります。
bianco05

気になっていたけれど
謎すぎて行くのを躊躇していたレストラン。
ところがところが
ここは凄いレストランだということがわかりました!!
きょうはその「びすとろ ビアンコ」さんをご紹介します。

お料理絶品ですよ~~ホント!

ユーミンの曲「海をみていた午後」に登場して有名になった
横浜山の手「ドルフィン」というレストランの創設者、
ムッシュ山川眞吾さん。
その山川シェフのレストランです。bianco01
そんなレストランが四街道にあるのです。

土曜日のことです。
陽気も良いので散歩がてら近所でランチでも食べよう!
娘とブラブラと家を出ました。
急な思いつきなので時間はすでに13:30を回っていました。

ランチ候補に目指したお店は
店の前まで行くと、なんと残酷な看板が!!
「本日貸切」(が~~ん
「ちっくしょう!!無駄足か!!」
いや、その、
散歩がてらなのでそんな悪態をつくのはイケマセンよね。
店から漂う良い香りにヨダレを垂らしながら
気を取り直して次なる候補の店へ。

するとまたまた残酷な看板が!!
「CLOSED」

((((;゚Д゚)))))))

そうだよそうだよね
個人経営のお店はだいたい14:30くらいで
ランチタイム終了。
ですよね~。
ウロウロするも・・どこも「CLOSED」
(お腹はグーグー

さあ!
ここでワタシ魔法のようにひらめいたのです

びすとろビアンコ行ってみるか」
娘「どこそれ?」
「まえから行ってみたいと思っていたけれど
一人では入りにくくて行ったことないの。」

その場でスマホで営業時間を調べると
営業時間11:00~22:00
「やってる
「行こう

お店は四街道駅前郵便局の近くにあります。
bianco11

しっかりとOPENです
あ、フレンチなのね、と看板で認識。

bianco14
窓や玄関から中が見えないので・・
ちょっと入りにくい感じ。

お客がいるのか居ないのか。
店内の様子が外からうかがい知れないのでドキドキです。
だって例えば・・
ドアを開けると店内に客の気配はなくて
店主が奥から億劫そうに出てきて~~そして
食材はいつ仕入れたものか心配になるような・・
そんなだったり
はたまた住宅街にあるスナックのように・・
ご近所の常連さんが身内話をしていて
部外者が居心地悪い~~みたいな・・
そんな、こんな、想像を働かせてしまいます。

あ、駐車場端にメニューが
「ふむふむ。」
bianco12

「なかなかきちんとしたお値段だよ。」
「じゃあ美味しいんじゃない?」
「しっかり食べるディナーって感じ。」
「あ、でもランチ向きのもある。1500円くらい。」
「お肉がメインだね。」
「この時間だからほかにお客さんいないかも。」
「それだと居心地悪いよねえ。」
看板を前に二人でごにょごにょ。

「お腹すいた!!」

「よし!入ろう!!」

勇気を出して大正解~~

そう・・そうです。
予定していたお店が貸切だった、他の店がclosedだったのも
み~~んなすべて神様がこの店に私達を誘導するための
魔法だったのです♡(๑>◡<๑)

と思えるほどの
素敵なお店との出会いが待ち受けていたのです。
四街道にこんなところがあったなんて。
やるな四街道いえ・・やるなビアンコ!ですね。

お店にはいると
入口には可愛らしいキッズスペースがあります。
常連さんとお見受けするお子様連れのお客様と
入れ替わるように店内に入ると
お客は私と娘だけに。

思ったより奥行きがあり広いし明るい店内

奥に白いグランドピアノ置かれた部屋が見えます。
そこへ案内してくれました。
個室感があってリラックスできて
店内に娘と二人だというのにとても居心地がよかった。
この居心地の良さは予想外!
しかもゆっくりと時間を気にせずに
過ごすことができました

ピアノがあるということは・・?
生演奏の聞ける日があるということですよね。

お料理を待ちながら、スマホで情報収集。
こちら月2回ジャズコンサートを聞きながら
お食事ができる日があるのですね。(ノーチャージですって)
どうりで店内に流れる音楽もセンスがいい

メニューに載っていた3月、4月のLiveスケジュール。
bianco10

明るく開放的なお洒落な空間です。
bianco04

接客にお一人美人なお姉さま。
そして厨房には山川シェフ。
山川シェフはお写真より細くて
“お洒落なおじいちゃま”の佇まいです。

◎肝心のお料理のご紹介を。
意外にもメニューは写真入です。
こういうところって写真が無い事が多いので・・

何食べよう!これ!これにしよう!」
超評判の10月~3月期間限定メニュー
本格オニオングラタンスープ!!
bianco03

ところがです。なんと残念なことに
今しがた出て行かれたお客様で今季最後のスープだったそう。
えええ~~
ざざんねんん~~。
今年の10月までおあずけです。

ということで娘が注文したのは
ハンバーグ ワンプレートランチ 1,450円(税別)
bianco02

セットについてきた日替わり野菜スープ。bianco07

コーンスープですがドロドロしていない。甘くない。
すっきりとした大人のスープです。
美味しいねえ~

bianco09

ハンバーグもさすがお肉の質が良くて肉汁がたっぷり。
粗挽きのハンバーグです。
サラダのドレッシングは自家製黒ごまのドレッシング
ほどよい酸味がこれまた大人のサラダです。
パンはふわふわ。ライスも選べます。

私はナポリタンプレート 1,500円(税別)
bianco08

大きめ野菜の触感と厚切ベーコンの美味しさ、パスタは細め。
パスタ屋さんの「美味しい」とはちょっと違います。
味はしっかりとしているのに濃厚ではない・・
スキっとした美味しさです。
どの料理もそれぞれの野菜、肉などの
素材の味を生かした身体によい物を食べている感じです。
フランスパンのトーストも美味しい。

デザートを頼みました。
今日のデザートは自家製ラムレーズンアイスクリームと
ショートケーキ。

ラムレーズンアイスクリーム
美味しい~~。ハズレなしですねえ
bianco16

娘はショートケーキ、優しいお味です。
bianco17

四街道なのに横浜の港の見える丘の上
山の手レストランで食事をしたような錯覚になりました。
魔法にかかったよう・・
店内に差し込む光のおかげでしょうか。
そんなフワフワとした気持ちよさで席を立ち

ドアを開ければ~・・港が見える??
あれれ??現実は四街道だわね。
いいのいいの。どちらでも。どこでも。
だって美味しい物食べて幸せなんですもの~~

シェフがご高齢と思いますので
いつまで厨房に立つことができるのかしらと他人事ながら
余計な心配をしてしまいますが、
ぜひぜひお元気で。
この美味しいお料理を作り続けていただきたい。

次回使えるチケットをいただきましたbianco13

また食べに行きたいと思います。
ぜひ次回はディナー、奮発してコース料理を注文して・・
評判のデミグラスソースを堪能して・・
少しお酒もいただきたいな
音楽も聞きたいな
なんて思います。

ビアンコさん。ムッシュ山川
美味しいお料理、ご馳走様でした。(*´꒳`*)

「ビアンコ」Twitter
https://twitter.com/bistrobianco

ちばうさ
ちばうさ

千葉に暮らし20年め。気がつけば50代半ば。 微妙なお年ごろの私は、実年齢と心年齢と体年齢のギャップにジタバタしている。これからどう歳をとっていくのか自分自身に興味津々!仕事、生活、美容に健康、加えて昭和の思い出話・・などなど 日々生活して思うこと、気ままに書いていきます。お付き合いいただけましたら幸せです♪



人気記事ランキング

  1. 千葉トップ
  2. 20000day's〈祝55歳!〉  いつでも今がいちばん!だといいな。
  3. 気になること
  4. びすとろビアンコ 四街道にヨコハマの風が吹く!の巻
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたいを地域をクリックしてください。


会員登録・変更