1. 千葉トップ
  2. 千葉暮らし 小さな手づくりで 幸せづくり

プロフィール

  • くじらんまま

    くじらんまま

    千葉に暮らして半世紀が過ぎたアラ還暦です。 食べることが好き!(作ることも好き…手抜きですが) 編み物と手仕事が好き!(不器用ですよぉ、かなり) 人と動物が好き!(自分を猫だと思わない猫と暮らしています) 手作り・手作業を通して、世界が広がることを日々実感! 日々に簡単な手づくりで、楽しさをプラスしたいと思います。

カテゴリー

最新記事

最新コメント

2017年8月
MTWTFSS
« Jul  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
食べること

夏は氷!売り切れご注意な「西千葉・楓」

2017/7/20

くじらんまま

雨らしい雨も殆ど降らず
うっかり(?)梅雨明け宣言が出されました。

暑中お見舞い申し上げます

みなさんバテていませんか?

どんなに暑くなっても食欲が落ちない
夏バテとは無縁のくじらんままです。

美味しいもの数々あれど
夏はかき氷でしょ?」とばかりに
娘と西千葉の甘味処楓さんへ足を運びました。
楓さんHP
以前こちらの編集部さんで取材していた隠れた名店です。
記事はこちら

12時から開店と聞いていたので
なつかしの西千葉に13時前くらいに到着。
実は私椿森の中学から高校
就職した先の支店に数年。。。と
西千葉には縁が深い青春時代でした。
その頃とは全く表情を変えてにぎわう西千葉です。

黒い塀のお店の引き戸を開けると
和の小物がいっぱいの店内に
まだお客さんはチラホラ。

手作り感満載のお品書きから悩みぬいて
宇治抹茶を使った自家製蜜の「宇治の雪」を注文しました。
IMG_0271
フッワフワの氷と抹茶の風味が香る甘さを抑えた蜜が
それはそれは贅沢感たっぷりで美味しくて・・・・・^^

「次はどれにする?」
「季節ごとで楽しめるね!」
などと食いしん坊親子は先々まで幸せいっぱいです^^

平日だったので「今日は静かな感じかな?」と思いきや
間もなく学生さん達の元気な声が店内に満ちました。
どうやら16時くらいには完売で閉店してしまうようです。

おでかけはお早めに!

食べること | コメント (0)

編むこと

梅雨明け前に滑り込み!夏バッグ編みました。

2017/7/7

くじらんまま

記録的な大雨が続く九州では
建物の倒壊や道路の水没ばかりではなく
犠牲になってしまった方々もいらっしゃるようです。
どうぞこれ以上の被害がないようにお祈りすると共に
何か出来ることがあれば声をかけて頂きたいと思っています。

いつものことながら
自然の猛威に驚いているくじらんままです。

水濡れに強いポリエチレンなどの合成繊維製のテープで
軽くて丈夫なバッグを編みました。
IMG_0259
ホームセンターなどで売られている
スズランテープや平テープといわれる
色とりどりのテープ。
運動会や応援でポンポンを作った方もいるのでは?

重いものを持つ際に肩から下げられるよう
持ち手は少し長めに
バッグの口はくるみボタンをつけて
ループをかけるようにしてみました。

IMG_0261
結露がつきやすい飲み物類の買出しや
お子さんのプールバッグなどにもお勧め。
8号か9号のかぎ針編みでガシガシ編めます。

いつも気にかけてくれるアウトドア好きのお友達に
使ってもらおうと思って編んだこのバッグ。
お友達に喜んでもらえますように・・・・・

編むこと | コメント (0)

見つけた!

半年の穢れを祓い神社へ。。。祓えたかな?

2017/6/30

くじらんまま

早いもので今年も半分終わります。
どんな半年でしたか?
何もしてない!と時の流れの速さに泣きたくなるくじらんままです。

本来なら6月30日の今日「夏越の祓」に伺うところですが
お休みの関係上昨日
千葉の守り神「千葉神社」と
同じく妙見信仰の「薗生神社」に行きました。

そもそも「夏越の祓」も最近知った行事です。
半年間に溜まった病と穢れを落とし
残りの半年を無事に過ごせることを願って
茅の輪くぐり」や「人形代(ひとがただい)」などを行います。
また京都では悪魔祓いになる小豆を乗せた
水無月」と言うお菓子を食べるとか。

千葉氏の代表的な守り神として有名な「千葉神社
毎年我が家大晦日に越年参りを行っていますが
平日ひとりで来ることも珍しいので
今回は大鳥居からではなく「尊王殿」から入りました。
IMG_0232 (1)

中央に「福徳殿」と呼ばれる
御祭神である「北辰妙見尊星王」の御分霊を奉斎した
八角形の建物があります。
IMG_0233
福徳殿」には八つの星宮があり
方位・五行・十二支・身体等の役割を表しています。
家族の星宮にまずはお参り。
ダンナと娘が同じ星宮だったなんて今回知りました^^;

まっすぐ進むと本殿
いつ見ても美しく立派です。
IMG_0234
人影もまばらで
大晦日の喧騒が嘘のよう。
吹く風が爽やかでした。

そして恒例のおみくじ。
今回は大吉を頂きました!
一番上だからあとは落ちるだけ・・・なんていう人もいますが
単純に大吉はテンション上がります!
IMG_0235

次に伺ったのは稲毛区にある千葉神社と同じ妙見信仰の
薗生(そんのう)神社」です。
IMG_0237
住宅街の中にありながら立派な木々に囲まれた静かな神社でした。
IMG_0236
こちらは「子宝の木
鳥居の直ぐ左にあります。
IMG_0238

綺麗に掃き清められて大切にされている地元の神社で
妙見さまの御祭神北極星がの運命を司り
人々の願いを叶えてくれるという七夕祭を始め
折々の行司も行われているようです。

地元の神社に興味を持ち始めて調べると
様々な行事が行われていることも知りました。
いかに自分が初詣のみのお付き合いしかしていないか・・・
機会を見つけて神社の行事にも参加してみようと思いました。

見つけた! | コメント (0)

見つけた!

ある土曜日のお出かけ・潮来→佐原→酒々井へ

2017/6/6

くじらんまま

子供達が成長すると行動がそれぞれになります。
ついでに私の場合日曜日がパート出勤日なので
余計に家族のお休みが合わなくなります。
奇跡的に全員のお休みが重なった土曜日
ノコノコと車で出かけました(それでも息子は行かなかったけど^^;)

有名観光地ながら渋滞に巻き込まれることなく潮来に到着。
折りしも「潮来あやめまつり」開催中で
見事なあやめを堪能。
櫓漕ぎ舟にも乗りました。

木造の櫓漕ぎ舟は
船頭さんの案内を聞きながら
歌さながらギッチラギッチラと
ゆっくり前川を進みます。

女性もいらっしゃる船頭さんですが
私が乗った船はこの笑顔がステキなおじさま^^
IMG_0143
終盤ではテープにあわせて自慢の喉を披露してくださいました。
「大台を過ぎて・・・」と仰ったけれど
最後の最後までその「大台」を明かしてくれなかったのもステキでした^^

船を下りて間もなくあやめまつりのメインイベント
嫁入り船」が!
IMG_0144
ご両親と一緒にゆっくり船着場まで歩く白無垢の花嫁さん。
この後嫁入り舟に乗り新郎の待つ船着場まで。
下船の後は人力車で市内を巡ったそうです。
こちらがその記事←クリック

次は佐原の街並みへ。
IMG_0145
伊能忠敬の旧宅もある北総の小江戸・佐原。
小野川沿いにタイムスリップをしたような建物が並びます。

IMG_0135

伝統的な建物で今も営業をしています。
また「まちぐるみ博物館」として解放されているお店もたくさん。

IMG_0136
って・・・これでバレましたね^^;

実は2枚の画像は
佐原街並み交流館
に展示されている実物を再現したドールハウスです。
ぜひぜひ見て欲しい見事さです。
感動でしばらく離れられませんでした。

機会があるなら作者さんに作成秘話を聞きたい!

この後酒々井に回りアウトレットへ寄ったけど
私の頭の中はこのドールハウスでいっぱい。
また時間を作って出かけたい
その際はドールハウスの前に座りこもうと密かに決心しているくじらんままでした。

見つけた! | コメント (0)

見つけた!

お朔日と長沼の駒形観音

2017/6/1

くじらんまま

今日は6月の1日。
お朔日参り」と言って神社に行かれる方も多いと思いますが
その習わしを知ったのが最近の私は今月も出遅れました・・・・・

でも
オランダ屋」さんの「福まんじゅう」を
今日は初めて買えました。
IMG_0085 (1)
柑橘系の香りが心地好いお饅頭でした。
神社の「お朔日参り」もいずれ・・・とは思いますが
オランダ屋」さんの「福まんじゅう」は恒例にしたいと思います。
来月はブルーベリーまんじゅうらしいし・・・・・

そして今回ご紹介するのは稲毛区長沼にある
長沼の駒形大仏」です。
IMG_0029
元禄16年建立のとても美しいお顔の如来形坐像です。
以前は露座でしたが酸性雨の影響を避けるために
屋根を設けたそうです。

IMG_0032
こちらが本堂。
日本の古い建築物特有の急な階段。
降りるときがチト怖かった・・・・・

駒形観音」は交通量の多い「船橋・四街道線」の途中にあり
我が実家と自宅との間くらいにあります。
ここにあることは知っていましたが
一度も行ったことはありませんでした。
(実家の母も行ったことがないとか・・・
どんだけ罰当たりな家族でしょうーー;)

住宅に囲まれた観音さまは地元に愛されているのでしょうね。
裏には児童公園がありました。
IMG_0033

境内には公孫樹の巨木が。
最近こんな大きな木がイイなぁと思うくじらんままです。
IMG_0031 (1)

調べたところ「駒形観音奥の院」や「長沼原開拓神社」などもあるらしいので
いずれまた探してみようと思っています。

見つけた! | コメント (0)

見つけた!

熊野神社に詣でました

2017/5/26

くじらんまま

06A01101-0B1F-499A-AC41-BCD3B9464618
仕事がお休みの昨日
時折小雨が降る中「熊野神社」に出かけました。

「ん?熊野神社にしては小さくない?」って思いましたか?
この「熊野神社」は稲毛区の住宅地の中にひっそりと佇む
小中台熊野神社」なのです。
CF1C9CEA-0981-44AB-A55C-5B234085147D
この近くの耳鼻科に通っている友人が教えてくれました。
県道より1本入った場所にあるため
教えてもらうまで存在も知りませんでした。

初めての場所を訪れる時には地図を調べておく私ですが
生来の方向音痴。
必ず間違えてウロウロするのが常です。
熊野神社は「この辺かな?」で辿り着きました。
(お導き?)

何といっても圧巻なのが御神木の椎の木
樹齢400年だそうです。
65EC8E16-47F7-4973-A83C-7F36DA6A1A86
400年もの間
様々な人間の移ろいや周辺の景観の変化を
ただ黙って見守っていたこの御神木。
ゴツゴツした木肌に触れながら
言葉を交わせないことがとても残念に思えました。

小さいながら風格のある狛犬さんの台座を見たとき
御神木に感動していた胸の奥が締め付けられました。

天保3辰年11月吉日

岩木山や浅間山が大噴火を起こし
天保の大飢饉の始まりの年に据えられた狛犬さんです。
そこに暮らす人達が抱えて訪れた辛く悲しい思いを
神様達と必死に背負って来たのでしょうか。

これまで新年やお宮参りなどに参拝する程度にしか神社を考えていなかった私。
(なんと罰当たりなことでしょう!)
今回初めて「氏神様」や祭られている神様のことなどを調べました。
千葉市にもかなりの数神社があります。
方向音痴の私がどれだけたどり着けるか分からないけれど
お休みの過ごし方に「神社めぐり」も加えようと思いました。

見つけた! | コメント (0)

作ること食べること

今年は出遅れ「若葉仕込みの手前味噌」

2017/4/21

くじらんまま

インフルエンザは収束に向かっているとはいえ季節の変わり目
体調を崩しやすい時期です。
自他共に認める「頑丈」なくじらんままですが
昨日は熱を出してダウン。
久しぶりに38度越えしてしまいました。

いささか疲労感を感じていたけれど
「何とかなる!」と突っ走っていた私に
自らブレーキを掛けたのかもしれませんね。
(ちなみにインフルエンザは陰性でした)

先日やっと今年のお味噌を仕込みました。
若葉が芽吹く頃の仕込みなので
誰が名づけたか「若葉仕込み」と言うようです。

よく「寒仕込」と言われますが
寒い寒の時期にお味噌を仕込むと
麹がゆっくり発酵を促すので失敗が少なく美味しくできるそうです。
生き物の麹は条件さえ整えばいつでも良い仕事をしてくれます。
つまりお味噌はいつ仕込んでも良いそうです。

今年も用意した材料は昨年と一緒。
・大豆3キロ
・麹3キロ
・塩1.3キロ
全部を実家に持ち込んで(保存も実家で)味噌作り開始です。

1、前日より大豆をたっぷりの水に漬けておく。
IMG_8744

2、麹と塩を混ぜ合わせる「塩きり」をしておき
  炭を熾す。
IMG_8745
実家には2台の七輪があり同時に使います。
今年はじっくり見て炭の熾し方も教わりました。

3、水の量を確かめながら柔らかくなるまで大豆を煮る。
IMG_8747
泡やアクが吹き出すので掬いながらも蓋を少しずらしておきます。

4、煮上がった大豆を潰す。
IMG_8746
今年も餅つき機「ニューツッキー」大活躍です
そして今年も大豆を少しばら撒いてしまいました^^;

煮汁を足しながら硬さを調節します。

その煮豆と煮汁が美味しい!

少し持ち帰って煮物に入れたり
サラダに入れたりして煮豆を楽しみました。

5、塩きりした麹と潰した大豆をよく混ぜ込んで
  アルコールで消毒したプラスチックケースに仕込む。
IMG_8748
表面を均すこととケースの内側や縁をアルコールで拭くことを忘れずに。

画像の粒はその後ちゃんと均しました。。。念のため^^;

6、アルコールを滲みこませたペーパータオルとラップの布団をかけて
  しばし「おやすみなさい」
IMG_8749
今年で味噌作り4回目
自分だけで作るようになって2回目ですが
この布団のお陰かカビは生えたことがありません

今回材料の大豆と麹を
前出の「フードカルチャーおおくら」さんで購入しました。
前回のブログ
大豆を水に漬けておくと浮いてしますものが出てきます。
それがおおくらさんの大豆だと浮く豆がでない!
煮ている最中にアクとともに浮かぶのは豆ではなく皮!
しかもお手ごろ価格です。

素材のよしあしを見分けられない初心者には
信頼できる仕入先に出会えることも大切だと実感しました。

さぁ!我が手前味噌よ、美味しくなぁれ!!

作ること 食べること | コメント (0)

編むこと

春夏用のスヌード編みました

2017/4/16

くじらんまま

目に青葉が眩しく感じるようになりました。
今日は夏日になるとか・・・
冷房の季節が始まりますね^^;

色々と頑丈に出来ていて
ちょっとやそっとじゃビクともしないくじらんままですが
夏の冷房は何故か首から冷えて困ります。
「襟元はスッキリさせたほうが・・・」のアドバイスもどこ吹く風。
ガーゼのマフラーなどで覆い隠してしまいます。

とても綺麗な色の糸を手に入れたので
今年はかぎ針編みのスヌードを編んでみました。
sunu
たっぷりした幅なのでケープのようにも使えます。
二重に首に巻いて使うこともできる長さです。

編み図はATELIER*mati*さんの
パイナップル模様の春夏用スヌード
をお借りしました(matiさんにはいつもお世話になっています!)

レーヨン70%絹30%と軽くて柔らかな糸なのが嬉しい!
(ネットでお安く手に入れました・・・それもまた嬉しい!)

こうして記事を書いていたら
違う色で編みたくなっちゃいました。
今母用にキャスケットを編んでいるので
編み終わったら糸を捜そうっと!
(編み終わったらだからね、私!)

編むこと | コメント (0)

見つけた!

ちょっとレアな「チーバくん」

2017/4/15

くじらんまま

ことし10歳になったという千葉県のゆるキャラチーバくん。
皆さんご存知のように「Suica」のペンギンキャラクターを製作した
絵本作家の坂崎千春さんがデザインなさったものです。
千葉県民ならひとつはグッズを持っているのでは?

あまりキャラクターグッズを持たないくじらんままですが
今回は少しだけレアなチーバくんグッズを紹介したいと思います。

まずはこれ!
ti-ba
千葉産「サンブスギ」を使った
木目の綺麗なストラップです。

千葉県木材振興協会さんが
「ちばの木材を使えば、ちばの森林が元気になっていく」取り組みの一つとして
このストラップとピンバッジを発売しました。
販売場所は千葉県庁地下の生協と東金にある千葉県木材振興協会
どちらも300円です。

そしてこちら!
nanaco
千葉そごう50周年記念「オリジナルnanaco」です。
こちらは4月30日までの限定販売で
千葉そごう地下ミレニアムカードカウンターで販売中です。
nanacoポイント300ポイントとミレニアムポイント500ポイントが付いての300円。

他の人とはチョッと差をつけたい方
こんな可愛いチーバくんはいかがで?

見つけた! | コメント (0)

見つけた!

お子様連れも歓迎!稲毛「NENE cafe」さん

2017/4/8

くじらんまま

週5日のパートタイムにはスクーターで通っています。
のんびり屋なので家を出る時間はギリギリ。
変わり行く季節を横目に走り抜けているくじらんままです。

やっと桜並木が美しくなりましたね。
お花見をする前にこの週末の雨に降り込められそうですが・・・

で、その通勤路でだいぶ前から気になっていた歩道に並ぶ
お子用の補助椅子が取り付けられた自転車と
ペパーミントの外壁。
13260848_1100076106719175_41352518_n
NENE cafeさんです。

ほっと一息つける空間を全ての方へ
のコンセプト通り可愛らしいドアから一歩入ると広がる
優しく広い店内。

キッズスペースもあるので
大人も安心してくつろげます。

ステキな女性スタッフが活躍するオシャレなキッチン周りは
インテリアの参考になりそう^^
IMG_8695

バースディケーキの注文もできるし
美味しそうなオリジナルスイーツもたくさんありましたが
なにせ仕事前なので私はランチを注文。
キーマカレーです。
IMG_8698
お味も辛すぎずに優しいお味。
野菜たっぷりなのが嬉しいですね^^

場所は稲毛の駅からマルエツ方向に進んで
マルエツの先の坂を下り始めた辺りの道路の反対側。
やちまた落花生の並びです。
バスでも行けますが
ポコポコ歩くのにちょうど良い距離だと思います。

大人向けにちゃんと(?)アルコールもあるようです。
私が伺った時も若いご夫婦がいらしたように
男性もくつろげるスペースです。
お子さんがいて。。。と行き場所に困っているママさん・パパさん
NENE cafeさんはお勧めですよぉ~!

見つけた! | コメント (0)

  1. 千葉トップ
  2. 千葉暮らし 小さな手づくりで 幸せづくり
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更