1. 千葉トップ
  2. 千葉暮らし 小さな手づくりで 幸せづくり
  3. 見つけた!

プロフィール

  • くじらんまま

    くじらんまま

    千葉に暮らして半世紀が過ぎたアラ還暦です。 食べることが好き!(作ることも好き…手抜きですが) 編み物と手仕事が好き!(不器用ですよぉ、かなり) 人と動物が好き!(自分を猫だと思わない猫と暮らしています) 手作り・手作業を通して、世界が広がることを日々実感! 日々に簡単な手づくりで、楽しさをプラスしたいと思います。

カテゴリー

最新記事

最新コメント

2017年8月
MTWTFSS
« Jul  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
見つけた!

半年の穢れを祓い神社へ。。。祓えたかな?

2017/6/30

くじらんまま

早いもので今年も半分終わります。
どんな半年でしたか?
何もしてない!と時の流れの速さに泣きたくなるくじらんままです。

本来なら6月30日の今日「夏越の祓」に伺うところですが
お休みの関係上昨日
千葉の守り神「千葉神社」と
同じく妙見信仰の「薗生神社」に行きました。

そもそも「夏越の祓」も最近知った行事です。
半年間に溜まった病と穢れを落とし
残りの半年を無事に過ごせることを願って
茅の輪くぐり」や「人形代(ひとがただい)」などを行います。
また京都では悪魔祓いになる小豆を乗せた
水無月」と言うお菓子を食べるとか。

千葉氏の代表的な守り神として有名な「千葉神社
毎年我が家大晦日に越年参りを行っていますが
平日ひとりで来ることも珍しいので
今回は大鳥居からではなく「尊王殿」から入りました。
IMG_0232 (1)

中央に「福徳殿」と呼ばれる
御祭神である「北辰妙見尊星王」の御分霊を奉斎した
八角形の建物があります。
IMG_0233
福徳殿」には八つの星宮があり
方位・五行・十二支・身体等の役割を表しています。
家族の星宮にまずはお参り。
ダンナと娘が同じ星宮だったなんて今回知りました^^;

まっすぐ進むと本殿
いつ見ても美しく立派です。
IMG_0234
人影もまばらで
大晦日の喧騒が嘘のよう。
吹く風が爽やかでした。

そして恒例のおみくじ。
今回は大吉を頂きました!
一番上だからあとは落ちるだけ・・・なんていう人もいますが
単純に大吉はテンション上がります!
IMG_0235

次に伺ったのは稲毛区にある千葉神社と同じ妙見信仰の
薗生(そんのう)神社」です。
IMG_0237
住宅街の中にありながら立派な木々に囲まれた静かな神社でした。
IMG_0236
こちらは「子宝の木
鳥居の直ぐ左にあります。
IMG_0238

綺麗に掃き清められて大切にされている地元の神社で
妙見さまの御祭神北極星がの運命を司り
人々の願いを叶えてくれるという七夕祭を始め
折々の行司も行われているようです。

地元の神社に興味を持ち始めて調べると
様々な行事が行われていることも知りました。
いかに自分が初詣のみのお付き合いしかしていないか・・・
機会を見つけて神社の行事にも参加してみようと思いました。

見つけた! | コメント (0)

見つけた!

ある土曜日のお出かけ・潮来→佐原→酒々井へ

2017/6/6

くじらんまま

子供達が成長すると行動がそれぞれになります。
ついでに私の場合日曜日がパート出勤日なので
余計に家族のお休みが合わなくなります。
奇跡的に全員のお休みが重なった土曜日
ノコノコと車で出かけました(それでも息子は行かなかったけど^^;)

有名観光地ながら渋滞に巻き込まれることなく潮来に到着。
折りしも「潮来あやめまつり」開催中で
見事なあやめを堪能。
櫓漕ぎ舟にも乗りました。

木造の櫓漕ぎ舟は
船頭さんの案内を聞きながら
歌さながらギッチラギッチラと
ゆっくり前川を進みます。

女性もいらっしゃる船頭さんですが
私が乗った船はこの笑顔がステキなおじさま^^
IMG_0143
終盤ではテープにあわせて自慢の喉を披露してくださいました。
「大台を過ぎて・・・」と仰ったけれど
最後の最後までその「大台」を明かしてくれなかったのもステキでした^^

船を下りて間もなくあやめまつりのメインイベント
嫁入り船」が!
IMG_0144
ご両親と一緒にゆっくり船着場まで歩く白無垢の花嫁さん。
この後嫁入り舟に乗り新郎の待つ船着場まで。
下船の後は人力車で市内を巡ったそうです。
こちらがその記事←クリック

次は佐原の街並みへ。
IMG_0145
伊能忠敬の旧宅もある北総の小江戸・佐原。
小野川沿いにタイムスリップをしたような建物が並びます。

IMG_0135

伝統的な建物で今も営業をしています。
また「まちぐるみ博物館」として解放されているお店もたくさん。

IMG_0136
って・・・これでバレましたね^^;

実は2枚の画像は
佐原街並み交流館
に展示されている実物を再現したドールハウスです。
ぜひぜひ見て欲しい見事さです。
感動でしばらく離れられませんでした。

機会があるなら作者さんに作成秘話を聞きたい!

この後酒々井に回りアウトレットへ寄ったけど
私の頭の中はこのドールハウスでいっぱい。
また時間を作って出かけたい
その際はドールハウスの前に座りこもうと密かに決心しているくじらんままでした。

見つけた! | コメント (0)

見つけた!

お朔日と長沼の駒形観音

2017/6/1

くじらんまま

今日は6月の1日。
お朔日参り」と言って神社に行かれる方も多いと思いますが
その習わしを知ったのが最近の私は今月も出遅れました・・・・・

でも
オランダ屋」さんの「福まんじゅう」を
今日は初めて買えました。
IMG_0085 (1)
柑橘系の香りが心地好いお饅頭でした。
神社の「お朔日参り」もいずれ・・・とは思いますが
オランダ屋」さんの「福まんじゅう」は恒例にしたいと思います。
来月はブルーベリーまんじゅうらしいし・・・・・

そして今回ご紹介するのは稲毛区長沼にある
長沼の駒形大仏」です。
IMG_0029
元禄16年建立のとても美しいお顔の如来形坐像です。
以前は露座でしたが酸性雨の影響を避けるために
屋根を設けたそうです。

IMG_0032
こちらが本堂。
日本の古い建築物特有の急な階段。
降りるときがチト怖かった・・・・・

駒形観音」は交通量の多い「船橋・四街道線」の途中にあり
我が実家と自宅との間くらいにあります。
ここにあることは知っていましたが
一度も行ったことはありませんでした。
(実家の母も行ったことがないとか・・・
どんだけ罰当たりな家族でしょうーー;)

住宅に囲まれた観音さまは地元に愛されているのでしょうね。
裏には児童公園がありました。
IMG_0033

境内には公孫樹の巨木が。
最近こんな大きな木がイイなぁと思うくじらんままです。
IMG_0031 (1)

調べたところ「駒形観音奥の院」や「長沼原開拓神社」などもあるらしいので
いずれまた探してみようと思っています。

見つけた! | コメント (0)

見つけた!

熊野神社に詣でました

2017/5/26

くじらんまま

06A01101-0B1F-499A-AC41-BCD3B9464618
仕事がお休みの昨日
時折小雨が降る中「熊野神社」に出かけました。

「ん?熊野神社にしては小さくない?」って思いましたか?
この「熊野神社」は稲毛区の住宅地の中にひっそりと佇む
小中台熊野神社」なのです。
CF1C9CEA-0981-44AB-A55C-5B234085147D
この近くの耳鼻科に通っている友人が教えてくれました。
県道より1本入った場所にあるため
教えてもらうまで存在も知りませんでした。

初めての場所を訪れる時には地図を調べておく私ですが
生来の方向音痴。
必ず間違えてウロウロするのが常です。
熊野神社は「この辺かな?」で辿り着きました。
(お導き?)

何といっても圧巻なのが御神木の椎の木
樹齢400年だそうです。
65EC8E16-47F7-4973-A83C-7F36DA6A1A86
400年もの間
様々な人間の移ろいや周辺の景観の変化を
ただ黙って見守っていたこの御神木。
ゴツゴツした木肌に触れながら
言葉を交わせないことがとても残念に思えました。

小さいながら風格のある狛犬さんの台座を見たとき
御神木に感動していた胸の奥が締め付けられました。

天保3辰年11月吉日

岩木山や浅間山が大噴火を起こし
天保の大飢饉の始まりの年に据えられた狛犬さんです。
そこに暮らす人達が抱えて訪れた辛く悲しい思いを
神様達と必死に背負って来たのでしょうか。

これまで新年やお宮参りなどに参拝する程度にしか神社を考えていなかった私。
(なんと罰当たりなことでしょう!)
今回初めて「氏神様」や祭られている神様のことなどを調べました。
千葉市にもかなりの数神社があります。
方向音痴の私がどれだけたどり着けるか分からないけれど
お休みの過ごし方に「神社めぐり」も加えようと思いました。

見つけた! | コメント (0)

見つけた!

ちょっとレアな「チーバくん」

2017/4/15

くじらんまま

ことし10歳になったという千葉県のゆるキャラチーバくん。
皆さんご存知のように「Suica」のペンギンキャラクターを製作した
絵本作家の坂崎千春さんがデザインなさったものです。
千葉県民ならひとつはグッズを持っているのでは?

あまりキャラクターグッズを持たないくじらんままですが
今回は少しだけレアなチーバくんグッズを紹介したいと思います。

まずはこれ!
ti-ba
千葉産「サンブスギ」を使った
木目の綺麗なストラップです。

千葉県木材振興協会さんが
「ちばの木材を使えば、ちばの森林が元気になっていく」取り組みの一つとして
このストラップとピンバッジを発売しました。
販売場所は千葉県庁地下の生協と東金にある千葉県木材振興協会
どちらも300円です。

そしてこちら!
nanaco
千葉そごう50周年記念「オリジナルnanaco」です。
こちらは4月30日までの限定販売で
千葉そごう地下ミレニアムカードカウンターで販売中です。
nanacoポイント300ポイントとミレニアムポイント500ポイントが付いての300円。

他の人とはチョッと差をつけたい方
こんな可愛いチーバくんはいかがで?

見つけた! | コメント (0)

見つけた!

お子様連れも歓迎!稲毛「NENE cafe」さん

2017/4/8

くじらんまま

週5日のパートタイムにはスクーターで通っています。
のんびり屋なので家を出る時間はギリギリ。
変わり行く季節を横目に走り抜けているくじらんままです。

やっと桜並木が美しくなりましたね。
お花見をする前にこの週末の雨に降り込められそうですが・・・

で、その通勤路でだいぶ前から気になっていた歩道に並ぶ
お子用の補助椅子が取り付けられた自転車と
ペパーミントの外壁。
13260848_1100076106719175_41352518_n
NENE cafeさんです。

ほっと一息つける空間を全ての方へ
のコンセプト通り可愛らしいドアから一歩入ると広がる
優しく広い店内。

キッズスペースもあるので
大人も安心してくつろげます。

ステキな女性スタッフが活躍するオシャレなキッチン周りは
インテリアの参考になりそう^^
IMG_8695

バースディケーキの注文もできるし
美味しそうなオリジナルスイーツもたくさんありましたが
なにせ仕事前なので私はランチを注文。
キーマカレーです。
IMG_8698
お味も辛すぎずに優しいお味。
野菜たっぷりなのが嬉しいですね^^

場所は稲毛の駅からマルエツ方向に進んで
マルエツの先の坂を下り始めた辺りの道路の反対側。
やちまた落花生の並びです。
バスでも行けますが
ポコポコ歩くのにちょうど良い距離だと思います。

大人向けにちゃんと(?)アルコールもあるようです。
私が伺った時も若いご夫婦がいらしたように
男性もくつろげるスペースです。
お子さんがいて。。。と行き場所に困っているママさん・パパさん
NENE cafeさんはお勧めですよぉ~!

見つけた! | コメント (0)

見つけた!

スイーツ大好き集まれ!「フードカルチャーおおくら」

2017/3/31

くじらんまま

あららら・・・
今日で3月が終わりますよぉ!
もう今年の4分の1が・・・・・
なんて時間が経つのは早いのでしょう。
プロ野球も開幕です。

やっと桜も咲き出したようです。
残念ながら今日・明日は雨の予報。
お花見の計画を立てていた方は残念ですね。
もちろん花より団子派の私くじらんままです。

先日ケーキポップを教えてくださった秋葉さん推薦のショップ
フードカルチャー・おおくら」さんに行きました。
場所は千葉駅北口大原学園の真裏になります。
IMG_8712
お菓子作りが好きな方なら
いいえ、スイーツ大好きな方なら誰でも
小躍りをして喜んじゃうくらい材料や道具がぎっしりなショップです。
IMG_8710 (2)
この画像はホンの一角。
本格的なものから
お湯を注げばできるゼリーの素や
そのまま食べても美味しいドライフルーツなども
棚いっぱいに並んでいます。

今回は珈琲豆のチョコレート掛けを作りたいという息子のため
クーべチュール(製菓用のチョコレート)を買うのが目的。
1キロ入りの大袋はもちろん150グラム入りの小分けもあります。
IMG_8714
この週末作る予定だという息子。
中身の珈琲豆の焙煎は終わっています。
果たして美味しくで出来るでしょうか?

上の画像の真ん中に陣取っている「ドライオレンジスライス
今回の買い物で1番の目玉になりました。
ショップの方が勧めてくださったものですが
とにかく美味しい!
たぶんチョコレートをかけてオランジェットにするためのものですが
ショップの方が言うようにそのまま食べても最高!

家族にも好評なので半分にカットして保存容器へ。
もう・・・・半分なくなってる!
IMG_8723

他にお菓子やパンなども販売されていて
お菓子作りをしない人でも十分に楽しめるショップ
フードカルチャーおおくら」さんでした。

見つけた! | コメント (0)

見つけた!食べること

最高のピーナッツバター!

2017/3/19

くじらんまま

peanuts
以前から気になっていたHAPPY NUTS DAYさんのピーナッツバター。
とうとう巡り会えました。
そしてやっぱり最高です!!

昨日・今日と稲毛区のthe Farmさんで行われている1st ANNIVERSARY FES.
メインのお花や植木はもちろん
ワークショップやイベントも盛りだくさん。

同じ稲毛区にある実家に顔を出した帰り道に「どれどれ」気分で寄ってみると
たくさんのショップとお客さんで賑わっています。

その中でキラキラと輝いて私を呼ぶHAPPY NUTS DAYさんのコーナー。
ほぼ日などのメディアで紹介されていたので興味はありましたが
まさかここで出会えるとは!

味見をさせて貰った時から感じていましたが
濃厚なのに自然な甘さでピーナッツの美味しさがいっぱいです。
料理やスイーツに使っても自己主張しすぎず引き立て役になりそうです。
サイトを拝見するとレシピもたくさん。
・・・・・でもそのままパンやシフォンケーキなどで食べつくしそうな私^^;

the Farmさんでは私
無謀にも陶芸のワークショップにも参加しちゃいました。
出来上がりは1月後以降だそうですが
松波町にある工房にお邪魔して受け取らせてもらう予定です。
そちらもと~~~~っても楽しみ。

the Farmさんの 1st ANNIVERSARY FES.は今日も行われています。
お天気も良さそうなので遊びに行ってみてはいかがですか?

見つけた! 食べること | コメント (0)

見つけた!

大人の遠足・参道も楽しい「秋の成田山新勝寺」

2016/11/5

くじらんまま

その昔
実家では大晦日の夜出かける元朝参りに
毎年「成田山新勝寺」に出かけていました。
車で家を出て
人ごみの中本堂まで流れのままゆっくり歩いて・・・
両親が年齢を重ねて無理をしなくなるまで
それは続いていました。

晴れの特異日の3日
友人に誘われてJRを利用しての成田山参り。
思い返せば生まれて初めての昼間の成田山です。
FullSizeRender11
千葉から快速で約30分。
気楽に出かけられる距離ですね。

歩き始めると直ぐに参道が始まります。
店構えが土蔵風だったり
コンビニの看板の文字がブラウンだったりと
町並みが整えられていました。
IMG_8276
銀行のパーキングタワーには歌舞伎の隈取が描かれていました。
人気の歌舞伎役者の市川海老蔵さんの屋号は「成田屋」でしたね。

参道は坂を下りるように続きます。
IMG_8279
途中12支の石造があったり
うなぎやさんやおせんべいやさんなど
誘惑いっぱいのお店が並んでいて
道の左右どちらを歩こうか迷いました。

あちらを見たりこちらに寄ったりしながら
しばらく時間を取ってしまったのがこちら。
IMG_8282
羊羹で有名な米屋総本店さんです。
お馴染みの米屋さんの和菓子が所狭しと並んでいます。
試食も出来て美味しかった~♪

店内を抜けると「成田羊羹資料館」があります。
ここが実に面白かった!!
成田山に行ったらぜひ寄ってみて下さい(入場無料です)

館内にはこんな可愛いおみくじまで。
IMG_8285
中にはおみくじとミニ羊羹が3本入っています!

本物の番頭台や電話機も展示されていました。
IMG_8284IMG_8283

私が特に魅せられたのは2階の展示物でした。
創始者の諸岡長蔵翁の功績や愛用の品
羊羹の材料やパッケージ・ポスターなどの資料と一緒に
実際に使われた道具達が展示されています。
IMG_8287IMG_8286 (1)

子供の頃、祖父の家の近くに昔ながらのお菓子屋さんがあり
作業場でおじさんが落雁を作っていたのが面白くて
よく遊びに行っては見せてもらっていました。
その落雁の型がたくさん並んでいて記憶が半世紀ほど遡ってしまいました。

半世紀の間何気なく目にしていたもの達が
どれ程大切だったか
その大切なもの達が静かに姿を消してしまったのか。
今目の前でこっそりと姿を消そうとしているものに気づける方法はないのか・・・

毎日のように使われていた道具達を保存したり
調理方法や教えを伝承したり。
急速に様々なことが変化し消え行く中で
守り伝えることが大切だと思いつつも
その「守り伝える」ことが大変な作業だとしみじみ思いました。

そう言えば竹のザルに似た「箕(み)」で思い出しましたが
無駄遣いの多い私に
「お前のような奴は『爪で拾って箕でこぼす』と言うんだ!」
と父がお説教してましたっけ(汗)

いささか長くなりましたので
今回は参道のご紹介まで。
本堂に上がってお護摩祈祷を受けたお話はまたいずれ改めてアップしますね。

見つけた! | コメント (0)

見つけた!

田村セツコさんから始まる今年の読書

2016/1/11

くじらんまま

イラストレーターの「田村セツコさん」をご存知ですか?
1950年代以降活躍している可愛い女性を描き
ご自身もとっても可愛らしい方です。
今年に入って2冊田村さんの本を読んだくじらんままです。
tamurasetuko
右の「おちゃめな老後」は田村さん自身が表紙ですネ。
丸いメガネが良く似合うチャーミングな方です。

娘から「可愛いというDNAが欠落している血筋」と言われているので
田村さんのように可愛い方は永遠の憧れ。
普段は殆ど化粧もせず髪もひっつめている私ですが
すてきなおばあさんのスタイルブック」を読んで
心地よく暮らすために身の回りに気を使っても良いなぁって思わせてもらいました。
おちゃめな老後」の方は介護についても触れています。
田村さんの笑顔のように明るい日々を過ごせるようになりたいですね^^

同時に図書館から「おばあちゃんのオシャレ採集」を借りました。
堀川波さん著。
horikawa
こちらはイラストで綴られたオシャレスナップ本。
とても現実的で「いるいる!こんなおばあちゃん達!!」って
ホッとしつつ嬉しくなっちゃう本でした。

と言いつつも
「読書」と書くにはイラストや写真がいっぱいなものばかりですね。
ちゃんと腰をすえて文字に向かうことも今年の抱負に入れようかなぁ・・・・・

見つけた! | コメント (0)

  1. 千葉トップ
  2. 千葉暮らし 小さな手づくりで 幸せづくり
  3. 見つけた!
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更