1. 千葉トップ
  2. 千葉暮らし 小さな手づくりで 幸せづくり
  3. 気になること

プロフィール

  • くじらんまま

    くじらんまま

    千葉に暮らして半世紀が過ぎたアラ還暦です。 食べることが好き!(作ることも好き…手抜きですが) 編み物と手仕事が好き!(不器用ですよぉ、かなり) 人と動物が好き!(自分を猫だと思わない猫と暮らしています) 手作り・手作業を通して、世界が広がることを日々実感! 日々に簡単な手づくりで、楽しさをプラスしたいと思います。

カテゴリー

最新記事

最新コメント

2017年11月
MTWTFSS
« Oct  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 
気になること

千葉ペリエ・ニューオープン!ジャガーさんに会ってきました^^

2017/9/8

くじらんまま

長らく工事中だった「千葉駅ビル・ペリエ」が
9月7日オープンしました。
あまりオープン初日に並ぶことはしないくじらんままですが
今回は新しくオープンする
東急ハンズジャガーさん登場するので
娘とイソイソ出かけてきました。

ショップ店員さんが
「千葉にこんなに人がいたんだ!」
と言うくらいの行列を経て入場
エスカレーターで6階にまっしぐら。

IMG_0548
マツコさんの番組でおなじみの
市川のスター、ジャガーさんです!
キラキラでトゲトゲでオシャレ!!

実はこの後娘が2ショットを撮って貰いましたが
ピッとポーズをキメてそれはそれはカッコ良かったです^^
ちなみに
東急ハンズ」さんは広々としていて品数も豊富。
個人的にはハンドメイド関係がホンの少しだったのが残念かな。。。

新しくなったペリエは
ファッションはもちろん雑貨もオシャレなお店を揃え
各階落ち着いた雰囲気。
以前のペリエに比べると大人向けになった感じでした。

IMG_0547
昨日買ったものの1部です。
大好きなHappyNutsのピーナッツバターや
欲しかったWeckのキャニスターなどが買えて
ノベルティーも貰えて満足

千葉に特化したショップもあり
千葉の表玄関として誇れるペ駅ビルになりそうですね。

千葉ペリエHP←クリック

気になること | コメント (0)

気になること

開催は後3日!千葉市美術館「うらがわ」へぜひ!!

2017/8/24

くじらんまま

IMG_0438
ドラマなどでも使われる歌川国芳「相馬の古内裏」です。
実はこちら千葉市美術館の所蔵ですが
人気があるのであちらこちらに貸し出されることも多く
なかなか千葉に戻りません。
相馬の古内裏(そうまのふるだいり)

その「相馬の古内裏」に2年ぶりに会えます。
でも。。。会期はあと3日!
27日日曜日までです。
この週末は千葉市美術館へ出かけてみませんか?
千葉市美術館

前衛アートの草間弥生
LEDを駆使する宮島辰夫
歌川国芳や月岡芳年などの浮世絵や錦絵などなど盛りだくさん。
お休みを利用して久々の千葉市美術館へ行ったくじらんままですが
我が千葉市美術館で素晴らしいアートを
ゆっくり観られる幸せを満喫できました。

あ!夏休みの自由研究にも間に合うかも・・・・・?

気になること | コメント (0)

気になること食べること

「一汁一菜でよいという提案」のすすめ

2017/2/9

くじらんまま

2月も2週に入り世はバレンタイン一色。
こちら「リビングWeb」で
編集のY子さん千葉そごうへGO!今年もバレンタインがやってくる♪
右土井勝代さん2017年バレンタインチョコレートパラダイスin千葉そごう
お2人が投稿してくださった催しに私も参加させていただきました。

お2人の素晴らしい投稿で内容などはご理解いただけるので
私はこっそり投稿をスルーしたくじらんままです(汗)
でもしっかり「PATISSERIE YANAGIMURA」をダンナに
VESTRI」を自分に買いました^^
(マフラーは結局敗退です。。。泣)
tyoko1tyoko2

ここ数年味噌を仕込んでいるくせに実は
お味噌汁の具も毎日の料理の献立と同じくらい悩みの種でした。
「油揚げとワカメと長ネギか玉ネギを・・・」とか
「今日はジャガイモかな」とか
パターンが決まっちゃうんですよね、家族の好き嫌いもあるし。
具たくさんのお味噌汁も家族に人気だけれど
材料を集めるのもまた苦労の種になるでしょ?
「豚汁風」や「けんちん汁風」など。

そんな頭の固い私の頭を小突いてくれたのが
土井善晴さんの「一汁一菜でよいという提案」でした。
お料理研究家の土井先生ですがレシピ集ではありません。
食を巡る様々な考察が述べられています。
同じ年で食文化の変遷を知っていることや
年齢を重ねて食への考え方が少し変化してきたこともあって
すんなり言葉が心に入ってくれたようです。
41WFlkZFmOL._SX350_BO1,204,203,200_
お陰で毎日のお味噌汁作りが苦ではなくなりました。
献立も少し楽になった気がします。

私自身編み物関係の実用書ばかりだったので
久々ちゃんと(?)読むための本でしたが
家庭料理の話ばかりではなく
日本の食の歴史などとても興味深く読める
お薦めの1冊です。

 

気になること 食べること | コメント (0)

気になること

落慶法要で仏教文化に興味津々

2016/10/31

くじらんまま

何度かご紹介している四街道の「見真寺」さん。
その新しい本堂の落慶法要
親鸞聖人750回大遠忌と併せて行われました。
足腰に痛みのある母に代わってお手伝いに伺いました。
IMG_8257
木材の持つ滑らかな肌や
曲線を活かす美しい拵えにうっとり・・・
岐阜の宮大工さんのお仕事です。

IMG_8250 (1)
ご本尊。
威厳のあるお姿です。

IMG_8254
正装なさったご住職の後姿をこっそり^^;
オレンジ色に見える法衣は美しい玉虫色でした。

厳かな式典に独り好奇心でワクワクの私。
ご住職の「袈裟」に釘付けになりました。
チラリ拝見したところ金糸を使った織りのようです。

まさかお忙しい真っ最中のご住職にお聞きすることもできないので
調べてみたところ「褒状七条袈裟」と呼ばれる
落慶法要などで用いる正装だそうです。

また背中にかかる組紐のようなものは絹糸で編まれた「修多羅」で
本来織物の縦糸を示す「スートラ」の意味。
過去・現在・未来へと縦に貫いている不変なものを表しています。
つまり永遠に不変のお経の教えを具現するものだそうです。

今回お手伝いをしたご縁で
法衣やお飾りなどに興味を持つことができました。
何百年も脈々と伝えられてきた仏教文化の意味を
もっと知りたいと思ったくじらんままでした。

気になること | コメント (0)

気になること

コーヒー好き集まれ!「船橋珈琲フェスティバル」が初の開催

2016/10/1

くじらんまま

14433094_1238205712897205_4243596699941119498_n
コーヒーネタが続いて
この秋は自分もコーヒーに染まりそうなくじらんままです。
(元々地黒だからコーヒーに近いだろ!なんて聞こえない。。。聞こえない)

船橋コーヒータウン化計画」をご存知ですか?
全国でも屈指のバリスタを擁する船橋。
そのバリスタ達が一同に会して実行委員会を組織して企画したのが
船橋珈琲フェスティバルです。

・日時 10月22日(土)10:00~17:00
・場所 西武船橋店1F特設会場

選りすぐりの人気バリスタが丁寧に淹れてくれたコーヒーを楽しむも良し
セミナーに参加して美味しいコーヒーを淹れられるようになるのも良し
HARIOさんやCafegoodsさんが協賛しているので器具等のお買い物も出来るかも・・・?

微妙な味の違いを感じ分ける自信はありませんが
「飲み比べ」がとても気になっています。
息子よ!私の分もチケット買っておくれ!

気になること | コメント (0)

気になること

気になるコトを巡る旅―1日東京独りツアー

2016/9/5

くじらんまま

9月最初のお休みは気になっていたコトを辿る1日旅にしました。
と決めた日から何度も路線図を見てはどこを見るかどうやって動くか
かなり逡巡していた方向音痴のくじらんままです。

まずは原宿の東急プラザへ。
以前私の地元でオシャレなカフェを営んでいて
今は椿森コムナに出店している秋葉裕子さんが
今月から2ヶ月の限定で開いた
記念日百貨店」を覗きに。
IMG_8095 (1)
ステキなアイシングクッキーを作られる秋葉裕子さんのお店。
秋葉さんのアイシングクッキーはもちろん
アクセサリーやキャンドル等々が
アンティークのライトや調度品と共にキラキラと並んでいます。

実はタロット占いのコーナーが気になっていたのですが。。。次回にぜひ!

次は三軒茶屋のカフェLUPOPOさんへ。
IMG_8097
美味しいランチと珈琲をいただきつつ
目的の「コーヒー展」を始めとした作品を拝見。
こちらはギャラリーとレンタルボックスのあるカフェなのです。

どれも可愛い繊細な作品ばかりで
見ていると私でも女子力がアップしそう!

そして今度は六本木へ。
Doll’s Show ―多様化されたフォルムたち―」です。

9月3日から11日の間
「六本木ストライプスペース」で催されている
美しい人形達の展示会ですが
その中に1点だけ展示された
編みぐるみのライオンに会いに来ました。

そのライオンに会うことが今回の旅の一番の目的。
作家のリュミエナさんは様々な賞を受賞された
オリジナルの編みぐるみの作家さん。
編みぐるみを作ることが苦手な私には別世界な方ですが
その作品を拝見できると聞き
普段は全く縁の無い六本木まで出かけることにしたのです。

リアルさのある美しい人形達は正直ちょっと苦手なこともあって
さっと拝見した後(作家の皆さん、ごめんなさい)
触れたい気持ちを抑えつつ
間近で編みぐるみのライオンさんを拝見しました。。。ため息ばかりです。

会場では写真集や絵葉書を販売していました。
編みぐるみは私には買えないけれど
絵葉書を少しだけ今日の記念に買いました。
FullSizeRender
リュミエナさんの作品の素晴らしさが伝わったでしょうか?

今回の旅の締めくくりは浅草橋。
アクセサリーやビーズのパーツで有名な「貴和製作所」さんです。
パーツはハンドメイドのお店にもあるし
貴和製作所さんもオンラインショップがありますが
一度ショップをじっくり見てみたいと思っていました。

とにかく圧巻。
ビル全体がパーツで埋め尽くされています。
あれもこれも欲しくなっちゃいましたが
「今手がけているもの関連だけ!」と思い切り自分にブレーキを掛けながら
棚の全部を覗き込んできました(全部なんて無理なのに・笑)

履きなれたウォーキングシューズの底が剥がれるというアクシデントもありましたが
コンビニで速乾の瞬間接着剤を買って貼り付け
気になるもの独りツアーが無事終了しました。

先月知り合いの方が入選した
「近代美術協会展」を見に行った時から少しだけ感じていたことですが
その入選作品を描いた方や
編みぐるみのリュミエナさんのような「芸術脳」
伝統工芸や織物などを作られる「工芸脳」や「職人脳」
的なものがあって我ら凡人とは異なる構造をしているのではないかしら?
生まれ付いてなのか努力の結果なのかは分からないけれど
どう考えてもその発想が自分の中に見当たらないのです。。。。。私だけかもしれませんが^^;

・結論ー私は「ヘタの横好き脳」で楽しむしかない!

気になること | コメント (0)

気になること

エバーノートからワンノートへ

2016/7/12

くじらんまま

梅雨明け宣言が無いまま
真夏日が続いています。
セミもにぎやか~♪
体調崩していませんか?
実は夏も元気な冬生まれのくじらんままです。

1日の水分摂取量は?とよく話題にされます。
2リットル?2.5リットル?
厚生労働省は2.5リットルを提唱しているようですね。
呼吸や汗で0.9リットル、排泄などで1.6リットル失われるからだそうです。
でも食事で1リットル、体内で0.3リットル作られて摂取できるので
意識をして摂る水分は1.2リットル
喉が渇いたなと感じる前にこまめに飲むことが大切だそうです。

梅雨が明けたら梅を干す!と天気予報と空模様を睨む毎日です。
したいこと・せねばならないこと等を視界の隅に置いて
両方にかかる「クラウドの移行」に着手しました。

何事においても整理整頓が下手な私ですが
PCやスマホに入れておける情報量には限度があることは分かっています。
そこで数年前からデーターを預けるクラウドの「エバーノート」を使っていました。
PC・スマホ・タブレットで繋ぐことができて
自分で撮った画像も必要なメモもサイトのコピーも簡単に保存できるものです。
もちろん無料コース。
とにかく何でも放り込んでいた・・・という感じです。

情報量がかなり増えてそろそろちゃんと整理したいなぁと思っていたところ
エバーノートさんから仕様変更の通知が来ました。
2つのデバイスしか繋げないとのことでしたが
タブレットを手放していた私は「このままでも大丈夫・・・かも」とノンビリしていました。
が、ある日知り合いが
「エバーノートからワンノートに移行する」と呟いたのです。
インターネット関連の情報は常に彼の呟きを頼りにしていて
バージョンアップなどの不具合も直ぐに分かります。
ワンノート」とな?
「ワンノート」は「エバーノート」から簡単に移行できるし
無料だしマイクロソフトのものだとか。

早速飛びつきました。
onenote
情報はネットにもたくさん流れていますが
手にとってじっくり読まないと理解しきれていない気がする私。
エバーノートを取り入れたときと同じくガイドブックを手に入れました。
本屋さんにただ1冊あったのがこれ。
(売り切れ?それとも人気が無くて仕入れられていないのか?)

「ワンノート」の設定などはPCで行いますが難しくは無いようです。
せっかくなので(心して!)整理して
この先使い勝手が良いようにしたいと思います。

あ!人気だった稲毛区の「鎌倉・雪ノ下」さんは
店じまいしてしまったようです。
ご報告まで^^;

気になること | コメント (0)

気になること編むこと

紫外線アレルギーと帽子選び

2016/5/18

くじらんまま

風が時に肌寒さを運んでくることもありますが
しっかり日差しは強くなりましたね。
日焼け止めクリームの質感や匂いが苦手で赤ちゃん用を愛用している
地黒のくじらんままです。

私達が子供の頃や若い頃は
日光を浴びることが健康につながると信じられていたし
やれ海だ・ブールだと遠慮なく日焼けを楽しんでいました。
クッキーフェースなんて故夏目雅子さんも小麦色の笑顔を振りまいていた時代ですよね。
「日焼けが私の化粧なの」なんてお気楽だった私。

今もノーファンデですがさすがに日焼け止めは使います。
でも、つけ直しなど殆どせずお気楽なまま。

まるでその反動のように娘が先日
紫外線アレルギー」なる診断をいただいちゃいました。

◇紫外線アレルギー◇
・日光を浴びることで湿疹やかゆみを生じること。
・一度かかると完治は難しい。
・予防は日光を浴びないように服装や日焼け止めなどを用いること。
・症状が出たら皮膚科で抗アレルギー剤やステロイドなどを処方してもらう。

お天気の良い日に数時間ショッピングで歩いていたためのようですが
一緒に歩いていた私は軽い日焼けだけ。
娘は頬に湿疹を伴う腫れが生じ翌日仕事先で冷やしていた程でした。

紫外線アレルギー」は花粉症と同じく誰にでも起こりうる症状。
テレビでも取り上げられたくらい患者も増えているようです。
一口で原因を特定できませんが
とにかく紫外線を浴びないようにすることが大切。
と、いうことで娘と2人帽子を買うことになりました。

・つばが大きめなこと
・バックに入れられる大きさに畳めること
・似合うこと(これ、大事!)
で手に入れたのがこの3つ。
hat
手前左は百貨店で娘が手に入れたもの。
透明ケースに入っていたものですが折り跡が消えない。。。
大きなつばがステキなのにその折り跡のおかげで綺麗に見えないのです。
つまり・・・失敗(><)

手前右は通販で購入したもの。
後ろが分かれているので髪を束ねていても使えるデザインです。
とても柔らかな素材なので折り跡もつきにくい。
どうやら娘はこれを愛用する気になったらしく
早々とお気に入りのブローチを飾っていました。

後方真ん中にそっと隠れているのが生協で購入したサンバイザー。
通販の帽子とどちらか気に入ったほうを使うつもりだった娘ですが
通販の帽子を選んだためこちらは私が使うことになりました。

まとめるためのゴムも付いているのでコンパクトになりますが
細いゴムが長いこと持ちこたえてくれる保証は皆無なので
手持ちのレース糸でケースを編み始めました。

出来上がったらアップしますので見てやってくださいませ^^

気になること 編むこと | コメント (0)

気になること

反省(現実直視しちゃいました)

2016/4/20

くじらんまま

桜吹雪が舞ったと思ったら熊本の震災。
飛ぶように過ぎて行く時間は不意に予想外の変化を見せつけてくれますね。
九州の方々は不安と恐怖でいっぱいだと思います。
今は信用の置ける機関への寄付くらいしか出来ないけれど
一日も早い震災の終結を心からお祈りしています。

年々1年が短く感じます。
「ついこの間新年のご挨拶をしたばかりなのにね」と
同僚といつもボヤいているくじらんままです。
これには加齢と共に新鮮な経験が少なくなるからと言う説や
新陳代謝が衰えるからと言う説があるようですが
双方相まっていません?

昔から目つきが鋭く写真写りが悪いので
なるべく撮られることから逃げ回っていました。
でも毎年集合写真を撮る学生時代と違って
大人になるとなにかのイベントでもない限り
皆さんと写真に納まる機会がなくなります。
で久しぶりに楽しい集まりに参加させてもらい
集合写真をメールで送っていただきました。

がび~~~ん!
なんだこのオババは!!

身体に蕁麻疹が出てドクターストップを貰って以来
髪を染めることとファンデーションを塗ることを止めていた私が
嬉しそうに写っていました。
若々しく綺麗な方の隣に陣取ってしまったこともあるのか
それはそれは見事なオババ具合です。
(本当に集まりは嬉しくて楽しかったんですけどね^^;)

改めて己と向き合って
もう少し美容面に気を使おうと反省しました。
ちょうど編みものに夢中になり過ぎて背中が丸くなってきたような気がするのと
運動不足で足腰に不安が出てきたところなので
トータルで見直そうと思います。

身体に良いスープの作り方を教えていただいたことですし^^

その席で頂いた皆さん持ちよりのスイーツも本当に美味しかったです!
全部千葉で手に入るものなんてステキ!!
chibasweets

気になること | コメント (0)

気になること

知らないことばかり・・・行政やら自治体やらとのお付き合い

2016/1/24

くじらんまま

昨年白内障の手術を受けた母。
順調な快復をみせ来月メガネをつくる予定です。
想像すると恐ろしげな目の手術ですが
医療の進歩は素晴らしいものですね。

手術前に知り合いから入院費の補助があることを聞きつけた母は
はるばる役所へ出向き申請書を貰い手続きをしました。
おかげで同室だった申請をしなかった方より費用を抑えられたようです。

そして来月の白内障用メガネについっても同様。
聞きつけた母が動く前に私に話し
スマホで調べたところやはり申請書が必要。
役所に貰いに行くには遠いので
「入手できるところはありますか?」と担当の部署にメールを出すと
その日のうちに用紙を添付してのお返事をいただけました。
(健康保険課の担当の方、速やかな対処心から感謝します。ありがとうございました!)

あちらこちらで囁かれることですが
自治体の補助等を受けるためには
利用者が調べ行動しなければなりません。

念のためネットで補助関係を調べてみました。

千葉市はホームページの中で詳しく記載していますが
正直必要な情報をすぐに取り出すには適さないように感じました。
(関係部署に直接問い合わせて欲しいということでしょうか?)
ましては後期高齢者に小さな文字は大きな壁です。

ためしに子育て関係のページを見てみると
こちらはすっきり分かりやすく
イラストが入った「子育てナビ」など
とても親切な表現となっています。

できたら全ての内容に「子育てナビ」のような
分かりやすいページを用意していただけると嬉しいですね^^

他にも申請して補助を受けられる制度が色々あるようです。

今回の母の白内障をきっかけに
自分が行政や自治体についてなにも知らないことを思い知らされました。

勉強しないとなぁ!

気になること | コメント (0)

  1. 千葉トップ
  2. 千葉暮らし 小さな手づくりで 幸せづくり
  3. 気になること
電子ブックを読む
現在千葉エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更