1. 千葉トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 体験・工場見学
  4. じゃがいもの収穫に行ってきました~富田都市農業交流センター~

じゃがいもの収穫に行ってきました~富田都市農業交流センター~

特派員No. 230
ブエナビスタさん

「季節野菜の収穫体験をしませんか。じゃがいも畑の収穫オーナーになろう! 」

そんな催しがあると聞いて行ってきました。
これは千葉市の企画で、
「種の植え付けや畑の管理は、地元のスタッフや農家さんが行い、元気に育ったじゃがいもを、
1区画 3,000円支払って、たっぷり収穫しましょう。
家族や、友人同士で、収穫を体験してみて!」
という内容です。

収穫の地は、千葉市若葉区にある 富田都市農業交流センター
jaga7

若葉区東部の鹿島川流域を中心とする「いずみ地区」を対象として千葉市が取り組んでいる、
都市部と農村部との交流を図り、農業の振興と地域の活性化を目指す
いずみグリーンビレッジ構想」に基づき、富田町に整備された拠点施設です。

受付を済ませたら、いざ!! じゃがいも畑へ。
この日は、開催期間の最終日。まだ、おいも残っているかな??
jaga1

jaga2

おっ!ちょっと土を掘ったら出てきました。

jaga4

収穫隊長の夫が、土を掘り起こし、隊員の私は、じゃがいもを採り出して1ケ所に集める。
この地道な作業をひたすら繰り返すこと約30分。

これだけ収穫できました。
jaga10

左側は、黄爵(とうや)という品種。身の色は黄色で水分が少ない。
適度な粘りがあり、煮崩れしにくいので、煮物向き。
右側は、きたあかり。こちらも身は黄色、デンプンを多く含み、
煮崩れしやすいので、サラダやじゃがバターでほくほく感を味わうと良いそうです。

1区画 3,000円。最近じゃがいもの値段は高騰しているようなので、
こんなに収穫できて、楽しんで、私的には大満足です。(収穫隊長の夫も!)

畑や牧場に囲まれた農村部に開設された富田都市農業交流センター
jaga5

春は約15万株 の芝桜、秋には約10万株の コスモスが見頃を迎え、
さまざまなイベント が開催されるほか、梅園やツツジ園なども あり、
花の魅力がいっぱい。

jaga6
農産物の直売もしています。

さっそく、採れたてのじゃがいもでお料理してみました。jaga8

それぞれの品種の特性を活かした2種のポテトサラダ。
手前は、とうや を使ってスライスサラダ。食感を残しました。
奥は、きたあかり を使って。

jaga9

こちらは、きたあかりを使って ヴィシソワーズで冷んやりと。
我が家は只今 じゃがいも祭り 開催中です。


富田都市農業交流センター
では、今年のじゃがいも収穫は終了しましたが、
9月中旬~10月中旬にかけて、
落花生・エダマメ・サツマイモ(紅はるか)の収穫体験ができるオーナーを募集中。
落花生・エダマメは1区画 3,000円。さつまいもは1株200円。
気軽に収穫体験を楽しんでみてはいかがでしょうか。

富田都市農業交流センター
若葉区富田町711-1
電話:043-226-0022
http://www.tomita-kan.jp/index.html

この記事を書いた人特派員No. 230 ブエナビスタ
美味しい物とラテン音楽が大好き。時々海外逃避しています。魅力ある情報をお届けいたします。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 千葉トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 体験・工場見学
  4. じゃがいもの収穫に行ってきました~富田都市農業交流センター~

特派員メンバー