1. 千葉トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. パン
  4. お店の中に暖炉?!京成津田沼駅近くに謎のお店 MICHIYA がオープン

お店の中に暖炉?!京成津田沼駅近くに謎のお店 MICHIYA がオープン

特派員No. 058
スマイリーさん

京成津田沼駅前のワイがや通り商店街にここ数年で新しいお店ができてきました。
ワインを出すおしゃれな居酒屋さん、明るい喫茶店、ゴルフの練習スポットから新しい歯医者さんまでいろいろです。

そして、さらに京成津田沼駅から歩いて3分ほどのところに謎のお店まで開店しました。

KIMG0720
2016年12月5日にオープンした「MICHIYA」はちょっと気になる謎のスポットでした。
140年の家??ギャラリー&セレクトショップって結局何を売っているの??

KIMG0719
12月上旬のオープン当初のお店の前はちょっとがらんとしています。KIMG0729
12月下旬ころには無農薬などの野菜をお店の前に並べて売り出しました。
野菜を選んだお客さんが次々と野菜をもってお店に入っていきます。
KIMG0730

野菜の隣の入り口です。
初めて入る時にはとってもどきどきしました。
店主はとっても優しそうな女主人。
お店の中に入ってまず目を引いたのは「暖炉」
KIMG0708
スマイリーが入った時にはちょうど、暖炉の前の椅子に座って店主とおしゃべりに花を咲かせたらしいお客さんが立ち上がったところでした。
もちろん電気にの暖炉ではなくって、本物の火。
欧米では暖炉のあるお家もありますが、日本で、しかも津田沼で見ることができるなんて、驚きです。
暖炉の火のぬくもりを感じながらスマイリーも店主にいろいろとお話を聞いてしまいました。

もともと、こちらのお店は代々お米や薪などを商売されていたそうで、創業は140年も昔だそう。最近では現店主のご両親がお茶を販売していたのですが、お店も自宅もたたもうとしたところを、店主が引き継ぎ、お客さんがくつろげる、また自分がお勧めしたい商品を売るお店にしたそうです。

KIMG0705
商品はいろいろあるのですが、半分以上は食料品です。
農薬の危険性などを考えて、有機栽培の農家などから直接仕入れているそうです。
お茶や調味料なども厳選しています。

KIMG0706

店主も織物をされていた芸術肌の方だそうですが、お知り合いの芸術家の器などの作品が商品として並べられています。
KIMG0710
一つ一つ丁寧に見ていくと、広くはない店内ですが、少し時間はかかります。
なかでもスマイリーの目をひいたのは、豆や香辛料の量り売り。
KIMG0712
香辛料のためにはすり鉢のようなものが一緒においてあり、自分で挽いて持って帰ることができます。早速コリアンダー(パクチーの種)とクミンシードを大匙1 ずつ買って挽いてみました。
KIMG0714
ごまをするようにグリグリっとすると、香りがたちのぼります。
好きなだけ挽いてから、封筒に入れて頂き、お金を払って持ち帰りました♪

カレーライスをつくる時、最後に一つまみずつお鍋に入れたら、エスニックな香りのするカレーになり、今までとひと味違うと家族には評判でした。(正確に言うとひと香り違うのであって、味は同じだとは思いますがね)

営業時間やお休みは、これからお客の流れを見て決めていくと話していました。
芸術家さんの作品が並んでいるのでギャラリー、店主のお勧めの「よい商品」が並んでいるのでセレクトショップ。きっとこれからもどんどん変化があるのだと思います。
でも、なんだかほっこりする空間で、お店の中でのんびりしていると気分がリフレッシュするという本質なところはこの店主がいる限りかわらない、かな!?
ちょっと立ち寄りたくなる素敵なお店です。

MICHIYA ギャラリー&セレクトショップ
住所  :千葉県習志野市津田沼5-10-9
TEL/FAX:047-451-1441
営業時間:10:00~19:00(2016年12月現在)

この記事を書いた人特派員No. 058 スマイリー
習志野市は住み始めて3年目。どこかにおもしろい、楽しい場所はないか今も毎日探しています。笑顔を忘れずにがモットーです。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 千葉トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. パン
  4. お店の中に暖炉?!京成津田沼駅近くに謎のお店 MICHIYA がオープン

特派員メンバー