1. 千葉トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. カフェ
  4. 新検見川 スパイスカレー&パルフェ カフェ 256nicom(にこむ)

新検見川 スパイスカレー&パルフェ カフェ 256nicom(にこむ)

特派員No. 530
うらくみさん

写真 2017-11-08 0 11 20

この断面が美しいフルーツサンドに一目ぼれした今夏。

さつき丘ヶ団地の近くに今年の7月にオープンしたカフェ「256nicom(にこむ)」で食べられると知り、子連れだけど…と迷いながらも予約をして行きました。

うっかりすると通り過ぎてしまうお店は白い大きなopen幕が目印。開店前のお店からはカレーのいい匂いがしてきます。古い扉を開くとまず、たくさんのドライフラワーが目に飛び込んできます。このドライフラワーの多くはオープン時にいただいた花たち。素敵!
テーブル席の椅子が全て違いますが、お店に馴染んでおり、古いながらも大切に使われてきたことがわかります。素敵な古道具を見つけたら、少しずつ手に入れ店内に飾る…そんな店内は、おしゃれな中にもホッとする温かみがあります。

 

写真 2017-11-07 23 13 13

写真 2017-11-07 23 13 09 (2)

写真 2017-11-07 23 13 09

写真 2017-11-07 23 13 07 (2)

写真 2017-11-07 23 13 08 (2)

写真 2017-11-08 0 16 24天井を見上げると、そこにもステキなドライフラワーが。

物件自体がアンティークだったという古くボロボロの店舗を4ヵ月かけ、自分たちでDIYしセルフリノベーション。カウンターである銅テーブルは純喫茶時代のお店の歴史を感じます。お天気が悪い日や夕暮れ時の少し薄暗い店内も、たくさんの照明で店内をやさしく照らし、とても幻想的。そこはまるで森の奥にある、おとぎ話のお家のような雰囲気です。

カレーとパルフェ、サンドと提供するおしゃれなカフェを作りたい、という思いで出来た256nicom。メガネが似合うオーナーの本職はなんとピザ職人!「PIZZAFORNO」という薪窯ピザの移動販売車の営業をしており、いろいろなイベントに出店しています。256nicomは仕込み場でもあるそう。そして可愛らしい女性店員eriさんとお二人でお店を切り盛りしています。

 

メニュー

256nicomの人気メニュー「カレー」「パルフェ」「フルーツサンド」は、月ごとにメニューが変わります。
カレーとまぜご飯のごはん物はハーフサイズもあるので、フルーツサンドやパルフェのセットで女性でも一緒に楽しめますね。

写真 2017-11-07 23 13 10 (2)

256カレー(ハーフサイズ)+700円

15種類のスパイスを使ったカレーは3種類あります。全てピクルス付き。辛さの調節可能。
256カレー(にこむカレー)ビーフのカレー。月替わりキーマカレー。そしてビーフとキーマが合いがけしているあいがけカレー。

写真は256カレー。大量の玉ねぎを使って熟成されたシチューのようなスパイシーなカレーは、辛い物が苦手は私にも食べやすく、白ごまの風味がまた良い。あっという間に食べてしまいました。ピクルスもとてもおいしい。

希望で青唐辛子油をかけるサービスがあり、それぞれのテーブルにはアンティークの薬瓶に入った辛さのパウダーもあります。辛いものが苦手な方は生クリームをつけてくれますよ!

 

写真 2017-11-12 14 02 40

256のまぜごはん(ハーフサイズ)+800円

こちらはカレーのまぜごはん。
テーブルに運ばれたときに最初の一声はきれい!! 見た目がうつくしく、バランスのよい野菜は体に優しい。お肉はカレー味で、酢漬けされた彩り豊かな野菜もおいしく、三つ葉の香りがとてもいいです!あー、また食べたい!!

 

写真 2017-11-12 14 02 40 (3)

季節のパルフェ お芋のパルフェ 1200円

ジェラートから全て手作りしている季節のパルフェ。
人気メニューのパルフェは毎月メニューが変わります。

こちらは初の和パルフェ。
お芋の形の紫芋のスイートポテトに黒ゴマ。さつまいものジェラート、黒ゴマのジェラート、黒蜜にくずもち、きなこプリン、紅茶のジュレは全て自家製。

美しいパルフェは食べてしまうのが勿体ない、と一瞬思ってしまいます。
でもダメ、食べちゃう…濃厚だけどさっぱり、おいしい!! 食べるたびに味が変わり、飽きずに一気に食べられます。

 

写真 2017-11-12 14 02 40 (1)

季節のフルーツサンド 「柿」1200円

季節の旬のフルーツを使ったフルーツサンドの柿。柿のフルーツサンドは珍しいですよね!
黒糖と紫芋のパウダーが彩り鮮やか。こちらの断面図も美しいですね!
オリジナルクリームがたっぷりでとてもおいしく、パンもしっとり。
柿も熟しすぎず、程よく固めでおいしかったです。

 

写真 2017-11-07 23 58 36

季節のフルーツサンド プレミアム 「まるまる洋ナシ」 1200円

こちらはその日の入荷次第で一日に数個限定サンド。
季節の旬のフルーツを使ったフルーツサンドでこちらは洋ナシ。
上から見ると洋ナシの形に…ピンクのお皿に盛りつけられたサンドはすごく可愛いー!!
ジューシーな洋ナシに濃厚なオリジナルクリームがとても合い、デコレーションされているシナモンとチョコレートをつけて食べるとこれまた美味しい。

私のフルーツサンドランキング上位確定です!何個でも食べられます!

 

写真 2017-11-12 14 02 40 (2)カップはRimout(ノワゼット)コースターの丸太はパルフェにも使用されます。

チャイ 600円

たくさんのスパイスが入った自家製チャイは1杯ずつ煮だしているそう。
久しぶりにこんなに香りがよいチャイをいただきました。

他に写真にはありませんが、珈琲は四街道のTABEI COFFEEの豆をサイフォンで淹れています。カフェインレスは福笑屋さんの豆を使用しています。

 

カレーなどのごはん物、パルフェやフルーツサンドのセットで珈琲と紅茶、ワイン、自家製のシロップドリンクが+300円で楽しめます。

 

写真 2017-11-07 23 13 06 (2)キッチンにきれいに並んだスパイスは全て256nicomのカレーに入っているそう。すごい!!

写真 2017-11-08 0 17 22葉菜屋 綴り菜さんのリーフは50㎝。お店のシンボル的存在。オープン時に書いた店名と日付が素敵です。

写真 2017-11-07 23 13 12 (2)メニュー表には不定期にお二人からのお手紙が綴られています。

写真 2017-11-07 23 13 07 (4)みつみみ製作所 吉澤紀子さん作。カレーを煮こむで「nicom」という店名は数字で256!しゃれ気がありますよね。脱線しますが、私の名前も数字表記できます(笑)

ドライフラワーやアンティークの家具に囲まれた店内は時間の流れが緩やかで、ゆったりとした気分で食事が楽しめます。二人で切り盛りしているので、お料理や飲み物がゆっくりだと感じる方がいるかもしれませんが、お料理の待ち時間には店員のeriさんが気さくに話しかけてくれます。たくさんの方が入れ替わり立ち替わり訪れていると思いますが、eriさんは一度訪れたお客さんを覚えてくれていて、自分の事を覚えていてくれたことに感動しました。きっと自分たちの大好きなお店に来てくれるお客さん一人一人が本当に大切なんだろうなぁ、と。そしてちょっと照れくさいですが、お二人の「愛」を感じました。

オープン時11:30のみ席の予約が可能。前日18時までにinsta/FBのメッセージやHPにあるメールで予約ができます。11時からお店の外に紙が用紙されているので当日予約も可能です。

お店の前には駐車スペースが2台分あります。駐車スペースが埋まっている際は近くにコインパーキングの証明書を見せるとドリンク1杯サービスという嬉しいサービスもあります。

256nicomの影響で、この間買ったバラはドライフラワーにした私。
気が早いですが、来月のパルフェとフルーツサンドが今から楽しみです!
(個人的にいちごのフルーツサンドをリクエスト!)
そして、256nicomの名物パルフェの行列を見て、またキュンキュンしたいです。

 

 

※価格は全て税込みです。

写真 2017-11-07 23 13 08

■ 256 nicom(ニコム)
千葉市花見川区さつきが丘2-40-16
043-356-3027
営業時間 11:30〜19:00
定休日 金(他に不定休あり)
子供椅子:無
駐車場:有(2台・近隣にP有)
HP:http://256nicom.jp/

 

この記事を書いた人特派員No. 530 うらくみ
3児の母です。千葉県で生まれ育ち、結婚を機に一度都民になりましたが、2人目妊娠でまた千葉県に戻ってきました。子連れでもアクティブに!沢山のアンテナを張り巡らせたいです。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 千葉トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. カフェ
  4. 新検見川 スパイスカレー&パルフェ カフェ 256nicom(にこむ)

特派員メンバー