1. 千葉トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. イタリアン, ランチ
  4. 魚介のうま味が凝縮、豪華イセエビのパスタ 【あなたの街の愛されパスタ】

日清フーズ

PR/ 日清フーズ

イタリアンキッチン BUONO

JR「本八幡」駅から徒歩2分

「館山産イセエビ入り房総ペスカトーレ」1780円。つい写真を撮りたくなる、フォトジェニックなメニューです

空間をぜいたくに使っている店内では、ゆったりとしたくつろぎの時を過ごせます。プライベート感たっぷりの個室は20人までOK

魚介のうま味が凝縮、豪華イセエビのパスタ

房総産の新鮮な魚介など、「千産千消(千葉産を千葉で消費)」にこだわった食材をふんだんに使ったメニューが評判の「イタリアンキッチン BUONO」。店内はランチ・カフェ・ディナー、性別・年代を問わず、多くの人でにぎわっています。パスタやピッツァなどの定番メニューから、アラカルトまで、どれにしようか迷うほどの豊富なメニュー数。契約農家などから直送される食材は、イタリア料理を知り尽くした総料理長・廣井さんの手にかかると、素材本来のおいしさがより引き立てられゴージャスな味わいに。料理長のイチ押しは「館山産イセエビ入り房総ペスカトーレ」。漁獲量日本一として知られる房総のイセエビが、なんと丸ごと1尾。魚介のうま味がギュッと凝縮されたトマトソースが、ディ・チェコのスパゲッティに絡んで口いっぱいに海の香りが広がります。 セットメニューの「15品目野菜の太陽と大地のサラダセット」(ランチメニューなどにプラス450円)は、色々な味わいがお得に楽しめる人気の一品。ワインやカフェと一緒にどうぞ。税別。

三方を海に囲まれ、温暖な気候と肥沃な大地に恵まれた房総半島。そんな県内各地で採れたこだわり食材を、直接生産者から仕入れています。その季節にしか味わえない素材の味を生かしながら、“BUONO流”イタリア料理として提供しています

総料理長
廣井康二さん

編集こぼれ話

シェフの廣井さんは、若いころグルメ番組「料理の鉄人」でアシスタントの仕事をしていたそうです。そのころ、和の鉄人・道場六三郎さんに教わった“食材を成仏させることが料理人の仕事”という言葉を胸に、日々料理に向き合っているとのこと。仕事以外に趣味を楽しむ余裕はなく、休日に2人の息子さんに料理をふるまうことが唯一の息抜きになっているようです。それにしても、パパの心尽くしの料理を味わえるなんて、息子さんがうらやましい!

店舗情報

店名 イタリアンキッチン BUONO
電話番号 047-326-8500(予約・問い合わせ)
住所 市川市八幡3-6-1、プリームスクエア本八幡2階
(JR総武線「本八幡」駅から徒歩2分)

» 店舗までの地図をみる

営業時間 11:00 ~23:00(ランチ11:00 ~15:00)
無休
利用シーン 女子会、デート、記念日、歓送迎会、お祝いごと、家族で、
接待
平均予算 1500円(ランチ平均)、3000円~5000円(ディナー平均)
備考 2階店舗ですがエレベーターあり、車椅子でも気兼ねなく利用できます
ホームページ http://pizza-buono.com/

取材日:2017年5月25日時点の情報です