1. 田園都市トップ
  2. 暮らしの中で楽しむワイン
  3. おつまみ

カテゴリー

プロフィール

最新記事

2017年12月
MTWTFSS
« Nov  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
おつまみ

明治スプレッダブル

2017/12/14

明治スプレッダブル

「スプレッダブルバター」という聞き慣れない商品名の商品が新発売で店頭に並んでいました。海外では有名で一般的と言われるスプレッダブルバターとは、「バターに植物性油脂を混練し塗りやすく(spreadable)した商品」を指すそうで、バターやマーガリンなどと同様に一般的な商品として販売されているそうです。

IMG_9492

原材料がわかりやすく明確で、使い勝手がいいということで、海外では人気があります。日本でも、そのような使いやすく安心で美味しい商品を、ということで明治が開発した商品が、今回新発売されたスプレッダブルバターということだそうです。

IMG_9693

IMG_9694

この明治スプレッダブルバターは、バターをメインに、クリームチーズとなたね油、塩をのみで作られています。味はバターと遜色ない感じで、塗りやすくカロリー20%カットなら言うことなし、ということで購入してみました。

IMG_9493

IMG_9494

冷蔵庫から出したばかりのバターをトーストに塗るのは非常に大変な作業ですが、このスプレッダブルバターは本当に塗りやすく驚きました!これは本当に便利で、定番入りは確実、というのが個人的な感想です。

IMG_9692

原材料がシンプルなので味もシンプル。余計な味がしないのでとても使いやすいと思います。ワインのお供に、ちょっとガーリックトーストを作りたい時など、いつもは固いバターをレンジで柔らかくして使ったりしていましたが、これがあれば一手間省けて、おつまみ作りも簡単になります。

バター好きな方にこそ、試してほしいと思う商品です。

 

おつまみ | コメント (0)

おつまみ

源吉兆庵 福渡せんべい抹茶

2017/12/8

源吉兆庵 福渡せんべい抹茶

洋風和菓子が大好物の私ですが、先日いただいた源吉兆庵の福渡せんべいの抹茶味が感動的に美味しかったのでご紹介させていただきたいと思います。

IMG_9427

普段は、コーヒーとワインの両方に合うように、という観点からお菓子を選ぶことが多く、プレーンかカカオ系の味を選ぶことが多いです。ですが、中までしっかりと抹茶グリーンのこの美しいおせんべいに一目惚れし、さっそくいただいてみることにしました。

IMG_9429

波形に焼き上げた抹茶風味の洋風せんべいに、ほろ苦く濃厚な抹茶クリームを挟んであります。さっくりとした歯ざわりが心地よい香ばしいせんべいと、口どけよいクリームが、まろやかに調和します。

IMG_9430

見た目通りの濃厚な抹茶の深い味わいを堪能できます。このような波型の洋風せんべい生地にクリームを挟んだタイプのお菓子は、他にもありますが、源吉兆庵の抹茶味は、中でも濃厚さが際立つと思います。

IMG_9431

赤ワインには合いませんが、冷やした辛口の白ワインとの相性は抜群。たまにはこんなワインのお供もいいかなと思います。

おつまみ | コメント (0)

おつまみ

果汁70% 濃密な桃の果実感溢れるポッキー

2017/11/28

果汁70% 濃密な桃の果実感溢れるポッキー

グリコのポッキースクイーズシリーズの桃テイスト。果汁70%の濃密な果実感に惹かれ購入してきました。

IMG_9545

そもそも果汁70%って、ゼリーでもないのにどうやって実現するのだろうと不思議に思い、良くパッケージを見てみると、濃縮果汁と果汁パウダーを使用とのこと。なるほど、と思うと同時に、かなり濃厚な果汁感を期待しいただいてみました。

チョコレートコーティング部分だけでなく、プレッツエル部分にも桃の果汁パウダーが入っていて、全体的に果実を練り込んだ濃密な味わいとのこと。桃好きの私にはたまらないキャッチフレーズです。

IMG_9547

一口食べた瞬間に、桃の風味が口中に広がります。桃の味というよりは香りのインパクトが強い感じです。噛みしめるほどに桃の甘酸っぱいテイストが感じられ、とても美味しいです。プレッツエル部分だけ食べても、しっかりと桃のテイストが生きています。

スクイーズ、というネーミングに納得できる、果実感を満喫できるポッキーです。スナックを感じない、ポッキー菓子というイメージです。

IMG_9546

最近のポッキーのクオリティの高さには驚かされ続けていますが、これは本当に美味しいです。日本へ旅行に来る海外の方々が、こうした日本のお菓子を大量にお土産として購入されて行くというのにも納得です。

進化し続けるポッキー、新たな新作に期待したいと思います。

 

おつまみ | コメント (0)

おつまみ

信州ツルヤのごぼうかりんとう

2017/11/23

信州ツルヤのごぼうかりんとう

長野県の高級スーパーツルヤのオリジナルお菓子は個性的で美味しいものがたくさんあります。こちらのごぼうかりんとうは、友人のオススメでいただきました。初めての味でとても新鮮に感じたので、ご紹介させていただきます。

IMG_9283

信州の伝統野菜、飯山産の常磐ごぼうを使用したかりんとう生地に、八幡屋礒五郎七味唐辛子をふりかけた、ピリ辛の大人テイストかりんとうです。

ごぼう味のかりんとうは食べたことがありますが、ピリ辛は初めてです。早速いただいてみました。

IMG_9462

口に入れるとごぼうの香りが広がります。噛みしめるほどにごぼうの風味と唐辛子の辛さがより一層感じられます。ピリ辛、と書いてありますが、想像以上に辛いです。思わぬ辛さに驚きますが、後を引く美味しさ。ごぼうと風味と砂糖の甘さに唐辛子の辛さがアクセントとなり、大人のお菓子という感じです。

キンと冷やした辛口の白ワインにぴったりで、とても美味しくいただきました。

IMG_9284

長野県のお店でなかなか買いに行くことは出来ませんが、機会があったら是非また購入したいと思える個性的なかりんとうです。

 

 

 

おつまみ | コメント (0)

おつまみ

小田原外郎家のお菓子のういろう

2017/11/21

小田原外郎家のお菓子のういろう

ワインとは少しそれてしまいますが、どうしてもご紹介させていただきたいお菓子があります。昔ながらの「ういろう」です。

IMG_8780

IMG_8721

「ういろう」というと、東海道新幹線の中でお土産として販売れているものなどが思い浮かぶのですが、実は、小田原が発祥の地で、本家本元のういろう、は、全国で小田原にしかないということをご存知でしょうか。

IMG_8722

もともと、ういろう、とは、小田原にある外郎(ういろう)家の外郎宗奇という方が、600年ほど前にお客様の接待のお菓子として作ったことが始まりだということです。外郎氏のお菓子、というものが、いつしか「ういろう」というお菓子の名前になってしまったようです。

「ういろう」は外郎家で創造され、600年以上の歴史を誇る伝統のお菓子だそうです。今では「ういろう」が一般名詞と化して和菓子の名称のようになっていますが、本家本元の「ういろう」というお菓子は、小田原の株式会社ういろう社が造る登録商標のある「ういろう」だけが該当するそうです。

この、室町時代から続く米粉を蒸したお菓子は、小田原のお店では「お菓子のういろう」と言われています。それは、薬にも「ういろう」というものがあるからです。小田原のお店には、和菓子のコーナーと薬のコーナーが有り、そして、お店の奥はういろう博物館となっています。

博物館は、歴史的に非常に価値のある建物と内容物ですが、撮影不可のためご紹介ができません。もし小田原に足を運ばれる機会があれば、是非、立ち寄っていただきたい場所です。

IMG_8782

IMG_8724

お菓子の「ういろう」は、白・茶・小豆・黒の4種類があり、一棹600円。今回はスタンダードな白と茶をいただきました。もっちりもっちり、非常に弾力のある食感で、食べごたえのあるお菓子です。ういろうの歴史を学びつついただくお菓子はより味わい深く感じられました。

 

 

おつまみ | コメント (0)

おつまみ

薫るゴーダチーズのパン

2017/11/16

薫るゴーダチーズのパン

ヤマザキの薫るゴーダチーズのパンは、スーパーで手軽に購入できるリーズナブルなお食事パンながら、しっかり本格的と聞き、試してみました。

IMG_9503

パッケージの写真は、ハード系のしっかりコクのある本格派。チーズの美味しさを存分にを味わえる、ゴロゴロチーズタイプのパンのようです。

IMG_9504

パン生地はしっとりした小麦の味わいが楽しめるシンプルな生地。チーズは、ゴーダチーズが入ったチーズクリームとスモークチーズがたっぷりと入っています。
IMG_9538

シンプルなパンに、ゴーダチーズのコクとスモークチーズの香ばしさがマッチし、コクのある美味しさです。ゴーダチーズもあまりクセのないタイプなので、誰にでも食べやすいマイルドな仕上がりだと思います。

IMG_9537

写真のイメージよりは柔らかい感じのパンです。今回はこのままいただきましたが、少しトースターで表面を温め、かりっとした食感を出したらもっと美味しいかなと感じました。

パン屋さんのパンとは異なるものですが、手軽さとコストパフォーマンスを考えると、なかなかのクオリティのパンだと思います。次回はアレンジを加えていただいてみたいと思います。

 

おつまみ | コメント (0)

おつまみ

森永チョコレート カカオ70%&ざくろ

2017/11/14

森永チョコレート カカオ70%&ざくろ

ハイカカオチョコレートにざくろを合わせた少し高級感のあるチョコレート、カカオ70%&ざくろ、です。一般的なハイカカオチョコレートに比べると高さのある形で、デパ地下チョコレートのような、一粒チョコレートの形態です。

IMG_9289

カカオ含有率70%の程よいビターチョコレートに甘酸っぱいざくろが入っています。ざくろはドライフルーツではなく、果汁を閉じ込めたゼリーとしてチョコに入れられているため、よりフレッシュなざくろを感じられるというもの。これは楽しみです。

IMG_9296

個包装から出すと、綺麗なプラリネのような形です。カットして中を見ると、ダークチョコレートに何やら入っています。これがざくろゼリーのようです。

口に入れると、ふんわりとフルーティーな甘い香りが広がります。グミのような食感のザクロゼリーが甘酸っぱく、すっきりとしたハイカカオチョコレートのアクセントになっています。ざくろのフレッシュさが前面に出ていて、デパ地下のチョコレートを思わせる美味しさです。

IMG_9299

あまり見かけないチョコレートですが、これは是非リピート買いをしたい美味しさです!チョコレート好きな方は、見つけたら、是非購入してみてくださいね。オススメです。

おつまみ | コメント (0)

おつまみ

明治チョコレート効果 ハイカカオチョコの味比べ

2017/11/10

明治チョコレート効果
ハイカカオチョコの味比べ

おなじみの人気チョコ、明治チョコレート効果。カカオの含有率が異なったり、別のテイストがあったりとバラエティが豊かになってきました。大好きなダークチョコレートの一つでよく購入するのですが、味の比較をしたことはなかったので、一緒に食べて味比べをしてみることにしました。

IMG_9292

一般的な商品はカカオ含有率72%のものですが、今回はより高い含有率の86%と95%を比較してみました。

まずは95%から。見た目には86%とさほど違いはないように思えます。口に入れると、カカオの香りがダイレクトに広がります。カカオの苦味と酸味が広がり、とても芳醇な香りです。甘さは全くと言っていいほど感じられません。ただただカカオ豆をいただいているような、そんな感覚になります。原材料を見ると、砂糖とあるので、これでも甘くされているようです。

IMG_9298

86%をいただきました。95%と比べるとぐっと甘みが増し食べやすくなっています。一般的に86%というと、かなりのダークチョコレートの部類に入るかと思いますが、95%と比較してしまうと甘くマイルドに感じるから不思議です。

苦味とコクが感じられ、口に入れると芳醇な香りが広がります。酸味はあまり感じられません。カカオを味わうのにちょうどいいくらいの甘さがあり、とても美味しくいただけます。

IMG_9297

どちらもとても美味しいです。好みの問題かと思いますが、個人的には95%の酸味を味わいたいという気持ちがあります。

ブームのハイカカオチョコレートなので、今後もいろいろな新製品が出てくることに期待したいと思います。

おつまみ | コメント (0)

おつまみ

QBBプレミアムべビーチーズ パルメザン46%

2017/11/8

QBBプレミアムべビーチーズ パルメザン46%

QBBの定番ベビーチーズにプレミアムラインが登場しました。プレミアムベビーチーズシリーズです。いつものベビーチーズ売り場でひときわ目を引く高級感のあるパッケージに引かれ購入してみました。

IMG_9301

ベビーチーズは4つで100円を少し超えるくらいのかなりお手頃な価格帯ですが、このプレミアムベビーチーズも価格は同じ。パルメザンが46%とあるので、それなりに期待しつついただきました。

IMG_9303

見た目はごく普通のベビーチーズです。香りも特に変わった点はなく、普通のプロセスチーズの一般的な香り。口に入れると、マイルドでおなじみのベビーチーズの風味の後、パルメザン特有のコクのある後味がふわっとやってくる感じです。

食感も、普通のベビーチーズよりは少し崩れやすい感じで、まろやかなベビーチーズにパルメザン特有のコクのある味わいが楽しめます。

IMG_9304

パルメザンチーズの風味はありつつも、クセがなく誰にでも食べやすいチーズなのはやはりベビーチーズならではです。グレードアップした、風味を楽しめるベビーチーズといったところでしょうか。

コストパフォーマンスが非常に高い、お手軽に購入できる嬉しいチーズです。いろいろな味を試してみたいと思います。

おつまみ | コメント (0)

おつまみ

香ばしいほろ苦スイーツ NYキャラメルサンド

2017/11/2

香ばしいほろ苦スイーツ NYキャラメルサンド

先日、知人にいただいて感激したスイーツ、NYキャラメルサンド。初めていただいたのですが、トロトロのキャラメルとハードなチョコレートの組み合わせがとても新鮮で美味しかったのでご紹介させていただきたいと思います。

IMG_9180

こちらのNYキャラメルサンドは、ニューヨークのお菓子屋さんで作られていたハバナサンドという商品をもとに開発されたお菓子だそうです。砂糖とコーヒー、そしてラム酒で有名なキューバに発祥の原点があるということで、ブラウンシュガーをトロトロのキャラメルにし、サクサククッキーで挟み、周囲をチョコレートでコーティングするのがオリジナルのスタイルだそうです。

IMG_9183

一見普通のチョコレートサンドクッキーに見えますが、一口かじると、チョコレートのコーティングの中からトロトロのキャラメルが出てきます。その滑らかな舌触りとキャラメルのほろ苦さが、香ばしいクッキーとハードなスイートチョコレートとマッチしとても美味しいハーモニーを奏でます。

IMG_9185

甘さとほろ苦さ、とろとろ食感とサクサク歯ざわりが何とも言えない組み合わせで、新鮮な美味しさでした。一つでしっかりと食べごたえがあり、重たい赤ワインに良く合います。

是非リピート買いをしたいお気にい入りの一品です。

おつまみ | コメント (0)

  1. 田園都市トップ
  2. 暮らしの中で楽しむワイン
  3. おつまみ


会員登録・変更