1. 田園都市トップ
  2. Madame MのCamera
  3. 聴く
  4. コンサートで心のストレッチ ~jammin'Zeb(ジャミン・ゼブ)~

コンサートで心のストレッチ ~jammin’Zeb(ジャミン・ゼブ)~

2015/1/31

_13A4218

ボンジュール! みなさま!

Madame Mでございます。

 

以前、あざみ野ガーデンズでのフリーライブで出会った、

jammin’Zeb(ジャミン・ゼブ)

すがすがしい歌声に誘われて ~ジャミン・ゼブ~

そのjammin’Zeb(ジャミン・ゼブ)のコンサートが、

横浜の赤レンガ倉庫でありました。

その歌声に魅せられたマダムは、行ってきました。

今回は、jammin’Zeb(ジャミン・ゼブ)のコンサートに

フォーカスオン!

_13A4137

1月12日、成人の日に行われた、

謹賀新年! ア・カペラ祭り

横浜赤レンガ倉庫 1号館3階ホールでありました。

晴れ着姿の新成人とすれ違う、

とっても、よいお天気でした。

 

_13A4146

ステージに現れた4人のメンバー、

美しいハモリのその歌声は、相変わらずすがすがしく、

聴いていて気持ちがよいものでした。

 

_13A4151

落ち着いたステージで、

まさに、大人のためのエンターテイメント!

セットリストには、「雪の降るまちを」もありました。

マダムが子供の頃は、よくテレビから聴こえてきていた曲、

昔を思い出し、懐かしかったです。

 

_13A4169

リーダーのコージローさん。

 

_13A4158

左から、スティーヴさん、シモンさん、レンセイさん。

 

_13A4150

プレイリストには、

涙そうそう

Serenade~シューベルトのセレナーデ~

また、ジャミン・ゼブの作詞・作曲・歌唱で

岐阜県で放送されているという

某地方銀行のCMソングのフルバージョン!

それが、とても楽しく、

客席からは、大きな拍手でした。

歌の合間、合間での4人のトークは、

聞いていて笑いがこぼれることばかり!

 

_13A4175

オーストラリアで育たれたという

レンセイさんのたどたどしい日本語が、

突っ込みどころ満載で、

他のメンバーからつっこまれっぱなしでした。

 

_13A4232

今回のゲストは、

パーカッション・プレーヤー 萱谷亮一(カーヤ)さん。

レンセイさんの曲紹介によると「トイの物語」(?)

肝心なところが日本語です!!!(笑)

映画「トイストーリー」の

You’ve Got A Friend In Me

その曲のいたるところに、様々な音の出るオモチャ!

面白パーカッションの紹介です。

曲に合わせて、楽しいこと、楽しいこと!

かなりの種類を駆使しての演奏でした。

曲が終わった後、萱谷さんがオモチャを片付けている時、

登場したガチョウで

レンセイさんとシモンさんが遊び始めてしまいました!

 

_13A4227-1

ガチョウに歌ってもらおうとするシモンさん!(笑)

 

_13A4250

ノリノリのレンセイさんと萱谷さん。

萱谷さんが演奏されているのは、

アフリカ由来の楽器「ジャンベ」です。

萱谷さんによれば、アフリカでは昔、

太鼓の音で会話をしていたとか、

まるで、2人もジャンベで会話をしているようです!

 

_13A4244

そのジャンベのソロを交えた

I Wish

ゲストの萱谷さんのパーカッションとのコラボ曲には、

和音楽器なしで、ラテンビートに挑戦した、

ビートルズの「Day Tripper」,

ピアノとベースなしで、ジャズ・ビートに挑戦し、

途中から、萱谷さんのマリンバ演奏の入った

Route 66

クラシック・パーカッション風にダイナミクスをつけた

O Love That Will Not Let Me Go

などがあり、とても楽しいものでした。

アンコールの最後には、ア・カペラで

ブラームスの子守唄」が!

こんな曲で、1日を終えることができたら

気持ちのよい眠りにつけそうです。

 

主婦の仕事が終わる時間帯に、

こういったクロスオーバー的な音楽番組が

テレビで放送されれば、

きっと気持ちよく1日が終わることができるのに、

と思ってしまうのは、マダムだけでしょうか!(笑)

 

_13A4264

萱谷さんのセットです。

 

実は、昨年の暮れ、よみうり大手町ホールでも

ジャミン・ゼブのコンサートがあり行ってきました。

実は、その頃、仕事がかなり溜まり、

心身ともに、疲労もたまってしまっていました。

物理的なことを考えれば、行けそうにもなく、

間際まで、行くのをやめようかとも思いましたが、

結局、行くことにしました。

そこで、ジャミン・ゼブの歌声を聴くうちに、

凝り固まっていた精神的なストレスが、

だんだん、薄くなっていくのを感じました。

心がストレッチされたというのがぴったりの感覚です。

不思議な声の魅力を持ったグループです!

物理的な忙しさは変わらなかったのですが、

精神的には、かなり楽になりました。

音楽の力、歌の力、声の力です!

コンサートに行ってよかったと、心から思えました。

今回のコンサートも、やはり癒し系でした!

 

この赤レンガ倉庫でのコンサートの時、

Jammin’Zeb(ジャミン・ゼブ)の4人のメンバーの方々に

インタビューをさせて頂きました。

そのインタビュー記事は、また後日、お届けいたします。

どうぞ、お楽しみに!

 

Jammin’Zeb(ジャミン・ゼブ)

ジャズ・コーラスをベースに華やかなエンターテイメントを
繰り広げる、個性豊かなヴォーカリストの集団。
全員が絶対音感を持っており、ジャンルにとらわれない、
自由な音楽性と美しいハーモニーで、
全ての世代の心を癒し、元気づけてくれます。
東京ドームでも日米両国家披露(MLB開幕試合)など、
ビッグ・イベントに多数出演。
全国各地のジャズ・フェスティバル、NHKを始めとした
音楽番組においても、実力派として高い評価を得ています。
これまでに、7枚のアルバムとライブDVDを発売。

 

メンバー・プロフィール

_13A4152
コージロー(鈴木宏二郎)さん

透明で繊細なヴォーカルは、
聴く人の胸に深く染み入ってくる。
最年長であり、リーダーとして
個性的なメンバーをまとめている。

 

_13A4172
スティーヴ(仲光 甫)さん

ジャミン・ゼブにおいてコーラスのまとめ役である一方、
低音から得意とするファルセットまで、
驚異的な声域を自在にコントロール。

 

_13A4211
レンセイ(西澤連聖)さん

ややハスキーなハイトーンとネイティヴの英語が、
ジャミン・ゼブの個性に大きく貢献。
ソングライターとしても活躍し、中島美嘉ら、
J-Popアーティストに楽曲を提供する。

 

_13A4171
シモン(西脇史門)さん

誰にも真似することのできない太い低音と、
ダイナミックなヴォーカルが魅力。
最年少ながら、冷静で物事に動じないため、
「オトナ」と一目置かれている。

 

Jammin’Zeb オフィシャルサイト
http://jamminzeb.com/

 



人気記事ランキング

  1. 田園都市トップ
  2. Madame MのCamera
  3. 聴く
  4. コンサートで心のストレッチ ~jammin'Zeb(ジャミン・ゼブ)~


暮らしのコラム

会員登録・変更