1. 田園都市トップ
  2. Madame MのCamera
  3. 聴く
  4. jammin’Zeb(ジャミン・ゼブ)の素顔に迫る!!!

jammin’Zeb(ジャミン・ゼブ)の素顔に迫る!!!

2015/3/19

_13A4274

ボンジュール! みなさま!

Madame Mでございます。

 

jammin’Zeb(ジャミン・ゼブ)

横浜赤レンガ倉庫でのア・カペラコンサートから、

あっという間に2ヶ月!!!

コンサートで心のストレッチ ~jammin’Zeb(ジャミン・ゼブ)~

十分に心のストレッチをさせて頂きました。

お待たせいたしました、

メンバーの方々のインタビューです。

今回は、jammin’Zeb(ジャミン・ゼブ)の秘密(?)

フォーカスオン!

_13A4286
コージローさん、シモンさん、レンセイさん、スティーヴさん(左より)

素敵な歌声を聴かせてくださる4人のメンバーの方々です。

ナント、横浜でのコンサートが発表されました。

日吉でのコンサートです!!!

慶應義塾大学の日吉キャンパスの、藤原洋記念ホール

3月28日(土)、29日(日)にあります。(詳細は後述)

こちらのメンバーのヒミツ(?)を読んで頂ければ、

コンサートの楽しみも倍増すること間違いなしです!(笑)

 

コージロウさん、シモンさん、レンセイさん、スティーヴさんに

いろいろなお話を伺いました。

 

☆練習はどのようにされていますか?気をつけられていることなどありますか?

新しいアレンジが出来上がると、

ひとりひとり準備してくるのですが、

合わせた時に、それまで準備した感じとは違うことがあり、

4人でどう響くかということをイメージしながらですね。

ひとりひとりのメロディというわけではなく、

常に全体の響きを考えながら歌います。

 

☆そこで新しいアレンジが加わることもあるのですか?

変更は多々あります。

そこで、変更が加わることがあります。

自分たちが歌いやすいように、

もしくは、より効果的に聴いている方々に

届くような感じにするには何かな、

と、合わせる段階で、いろいろ考えます。

それで終わりじゃなくて。

もちろん、自分でも準備するのですが、

あまりひとりで準備しすぎても効率的でないというか、

結局、みんなで合わせて出てくるものがわかんないと、

というところがあります。

7割くらいが、各自の準備で、

3割はみんなで合わせてからといううようにして

出来上がりますね。

 

☆みなさん素晴らしい声の持ち主ですが、自分の声に酔いませんか?

オレはないです。(きっぱり!)

ないない。(笑)

自分の声って、嫌に聞こえますよね。

例えば、レコーディングしたものを、聞き直す時が、

一番恥ずかしく感じますね。

もう、慣れましたが!(笑)

歌声は、慣れたけれど、喋りの声を聞くのが恥ずかしい

確かに、ずっと歌うだけの方がいいよ。

自分では、自分の声だな、と思うだけだけれど、

ファンの方々から好きだと言ってもらえるので、

まんざらでもないかなと思うというか、

好きになてあげようかなと思ったりしますね。

それしかないですからね。

(自分が)酔いしれているという時は、

もしかしたら、聴いている方々には、

さほどいい声には届いていないかもしれない。

常に客観的にみようとしているというのは

あるかもしれないですね。

 

☆歌う上で、他の方のこういうところが欲しいと思われることはありますか?

いっぱいありますよーー!

僕、低音がないから2人の低音が欲しかったりするし、

シモンとかスティーヴが出している低い音とか、

自分では想像がつかないです。

楽器(身体)がちがうんで。

みんなそれぞれ、声もそうだし。

いろんなジャンルを歌っている時に、

それに一番はまっている人を伸ばすべきだし、

ひきたてるべきだと思うので、

そういうのは、羨ましいというより、うまいなと思う。

お互いの楽器について、

それぞれが、脳みその部分、想像力とか、

そういうところが良し悪しでなくて、

4人とも違うなと思う。

こういう風に考えて、この音が出ているんだなと思う、

それが自分とまったくちがうアプローチだったり、

それがいとも簡単に出していたりすると、

なんでこんなことできるんだろうと思う。

楽器もそうだけど、

それをどうやっているんんだろうというところに、

興味があったりします。

欲しいというより、4人で補いながらですね。

それぞれの長所を掛け合わせて1個の歌ができているので、

ないことが悪いことではなくて、

自分がたまたまそういう楽器だったというだけで。

それぞれにいいところがあるので、それを1個ずつだして

出来上がってるね。

こういうことができるんだ、

それはどうやったらパクれるんだろう、

とは、考えていることでもあります。(笑)

 

☆他の人のパートを歌われることもありますか?

ふざけて、たまにやります。

実際、そういうふうにすることは大事なことだと思います。

実際、長野でやったよね。

「世界に一つだけの花」を歌う時、

時々、バラバラにしてひとりひとり、

パートをやるんですけれど、

それを、ひとつずつ、入れ替えて歌ったりして、

そうすると、また、ハモリ方がちがったりして、

おもしろかったね。

おもしろいですね。

4人の歌をかけ合わせて、

同じアレンジなんだけれども

想像していなかったものが、できていくのがおもしろい、

というか、ちがう響きになるのがおもしろいです。

 

_13A4279

 

☆これまでの最大に危機に感じられたことはありますか?

何かやってしまったことがある。

想像していなかったけれど、

放送事故的な意味で、

何でこんなこと言ってしまったのか、とかあります。

ファンの方からは、「そんなに気にならなかった。」

と言ってもらえたりするけれども、

自分の中でものすごく、あせって、

特に、放送とかでは、記録に残ってしまうので、

あれでよかったんだろうか、と思いますね。

歌詞とか、間違える。

まあ、歌詞を間違えるくらいは、かわいいもんで・・・。

私も歌詞も間違えることがある。

自分の作った歌詞なのに。

僕が危機に感じたのは、衣装の靴を間違えた時でしたね。

衣装関係は危機でしたね。

4年前のクリスマスファンタジーというコンサートで、

本番で、動きやすいなと思ったら、ステージの靴でなく、

履いて行った私服の靴だった!

色も違うし、そこが一番残念。

ステージで、指をさして、「やばい!」と

コージローは後で気がついて、

そう、後で気がついたんだよね。

爆笑が止まらなかった。

その曲で、歌詞を、「I got rhythm」だけど、

「I got brown shose」 と歌いました。

私たちは、爆笑が止まらなかったです。

自嘲気味でしたが。

衣装を忘れてしまって、

なんとか取りに帰って、間に合うとか、

なんとか取りに帰れなかったりとか。(笑)

代用したりとか、

結局、最後はうまくいったと信じたいです。

かわいいもんだと思いたいです。(笑)

 

☆ご自分のこれは、メンバーの中1番だと思われていることはありますか?

食べることに関しては、スティーブ。

お酒は、顔は変わんないけど、でも、あまり量は飲めない。

スポーツは、シモンが得意ですね!

水泳以外はね。(笑)

泳ぎは、苦手ですよね。

泳げることは泳げるのですよね?

いや、まあ、泳げてないと思います。

チャプチャプくらいはできるけれど、

がっつりはできないです。

 

☆今、はやりのテニスとかは?

テニス、興味あるんですけどね・・・。

船で、1回、みんなでやりましたよね。

あのちっちゃいやつ。

結構、コージロー、シモンは、

スポーツマンのイメージが僕には強い。

 

☆コージローさんは、絵もお好きですよね?

はい、とっても好きですね。

絵を書かせたらコージローさんが1番

それはそうで、誰もコージローさんに勝てないと思います。

うちら、特に、絵心がないから。

美術の時間にやった感覚とか、全然、もう忘れているし、

でも、常に、続けているのがすごい、

ぼくは飽きてしまうし・・・。

続けるものがあるというのはすごいです。

 

_13A4281

 

☆ご自分が今まで続けてきてよかったと思われるものはありますか?

コーラスでは、自分ひとりでは発見できなかったものが、

たくさんありますね。

もともとソロボーカルしかやったことがなくて、

ハモるというのは、音程がよくないとできなくて、

ソロボーカルは、音程をさほど気にしなくても

歌えちゃうんですよ。

ハモるって、たとえば、ドを出すにしても、

ちょっと高いドとか、深いドとか、いろいろあって、

ただ、ドをだせばいいんだというものでなく、

いろんな視点があって、

それは、4人で歌うということがなかったら、

音程というものをここまで気にすることがなかった。

すごく勉強になっています。

作曲をすることですね。

いろいろな方に曲を提供されていますね。

はい、そうです。

毎回、作曲するときは、前の曲は関係ないから、

書く時には、ビギナーみたいですね。

前の曲は関係なく、新しいい気持ちで曲を書く

曲ができるかなぁ、という、

毎回おもしろい緊張感があるけれど、

続けていても、そういう緊張感はあって、

続けることができて、楽しい。

 

☆趣味で続けられていることはありますか?

将棋は小さい時、好きだったけれど続けていないですね。

ずっと続けているというレベルの趣味はないですね。

料理かなぁ。

料理は生活の一部だから・・・。

趣味的な感じで、料理本とか見るのは好きです。

クックパッドとかも見たりするし、

自分で気になる料理人の料理本とか買ったりします。

自宅で作ったりして、

スパイスとかハーブとかいっぱいあります。

この間も、豚の角煮とか、台湾風にして八角とか入れて、

大根やゆで卵を入れて、すごくおいしかったです。

紹興酒を買ってきて入れたりとかもして・・・。

ぼくは、凝ったものをそんなにしないけれども、

いかにレシピを見ないで、自分の想像で、

自分の想像している味に近づけるか、

というのが好きですね。

絶対見ないで作ってやる、みたいな。

だいたい、違うんですけれど、

3回くらい作れば、だいたい当たります。

そういうのがおもしろいですね。

食べてみて、失敗すれば、

何が足りないのか、だいたいわかります。

シモンのすごいところは鼻がいいところですね。

においに敏感で、料理の味が分かるというのも、

その鼻の良さのせいかも。

香りは、好きで、香りで物を覚えるとかはありますね。

あの人は、あの匂いね、みたいな。

花粉症の時は、ちょっと大変ですけれど!(笑)

鼻がいいわけではないと思いますが、

それを覚えるポイントがありますね。

香りを印象として覚える。

名前は覚えられないけれど香りで覚えられる。

スティーブさんは、名前とかすごく覚えるのですよ。

その違いだと思います。

覚えるための記号ですね。

 

☆どうやって覚えられるのですか?

それこそ羨ましいです。

そのシチュエーションと香りが結びついて

印象的なものになるように、

そこであった出来事だったり、

今日の会場であったり、そこが残ったりする、

そこが感覚の違いであるのかなぁと・・・。

逆にスティーブみたいに、

覚えてくれる人がいると、頼っちゃう。

以前行った、あのお店なんでしたっけ?みたいな。

だいたい、スティーブが覚えていてくれるから。

人の名前を覚えるのが、

続けてきたことになるのかもしれませんね。

それは、努力しているつもりはないけど、

苦なく覚えられている。

覚えるのが好きということはあります。

スーと入ってくるのですか?

入らないものは入らないですね。

結構、締切に追われているレパートリーとか。(笑)

どうやったら覚えられるんだろう?

みたいな時もあるんですけれど、

そういう時も、どうやたら覚えやすいのか、

その曲の世界に入れば、すんなりと覚えられる

という方もいらっしゃるけれど、

構成とか改めて冷静に考えたりすると、

覚えやすかったり、そんな入り方をするのかなぁ・・・。

昔より、絶対、1曲を覚えるために費やす時間が

短くなったきがする。

そうそう。

アレンジができて練習し始めてから

本番で出すまでの時間が、

昔より、どんどん短くなった気がする。

そうそう。

 

☆訓練の賜物でしょうか?

やっぱり、慣れるんでしょうかね。やり方を。

それでも、覚えきれない時がたまにありますけれど、

なんとか覚えますから!

暗記ではなくなってきているなとは思う

みんなはどうしているのかを交えて、

想像するようになった。

まあ、覚えきれていなくても、次の展開を想像して、

そこから選ぶことができるような、

慣れなのかな・・・。

慣れなんでしょうね。

 

_13A4283

 

☆逆に、昔好きだったけれど、辞めてしまって、今になったら、続けていればよかったと思えるものはありますか?

水泳!

ピアノをやっておけばよかった。

ピアノ!

小さい時に、そんな女の子のやることは、

「できん!」と、

基本的に僕は、丁寧語でしゃべるのですけど、

「できん!」と親に言ったんですよ。

相当、音楽に対して抵抗があったんだろうなと思います。

音楽というのは、選ばれた、すごくい才能のある人が、

やるものだという、

結構、ひけめな意識が、特に幼少期にはあった。

でもやっぱり、今思えば、そんなの関係なく、

とりあえず、下手でもいいので取り組んでおけばよかった。

僕とレンセイは、ピアノを習ってました。

ちょっとだけやったけど、

どっちかというとスティーブさんタイプで、

ピアノなんかダサいし、というそんな感じの人だったので、

好きで、自分で行きたいと思ったことなんて、

1回もなくて、すぐやめちゃったというか、

環境が変わって行かなくなった。

その風潮があって、恥ずかしいけど、好きだから、

そっち隠してやりつつ、スポーツをやっていたタイプ。

ちっちゃい時から好きだった?

好きだった。

おれは、好きでもなかった。

雰囲気の中に、それをぶっこむほど強くはなかった。

隠してました。

 

☆細々とでも続けていきたいという気持ちが強かったのですか?

そうですね。

最初、ピアノは好きだった?(レンセイさんに)

そうではないですね。

初めてのピアノのレッスンは、5歳でしたが、

先生が厳しすぎました。

だから、ピアノが好きでなくなりました。

それで、ちょっと辞めました。

だけど、7歳から、他の先生でリスタート

そしたら好きになれた。

いい先生でした。

 

☆ご自分たちの曲で、一番好きな曲とかありますか?

その時々でちがう。

それを歌っている時に、

その曲が一番好きになっていられるように

なっていたいと思います。

そういう準備をします。

歌っている時は、それが正しいというか、

そういうのが伝わるようにしたい。

「桜」、森山直太郎さんのそれが一番好きです。

J-POPの曲を、初めてちょっとジャジイにして、

初めてアカペラJ-POPの曲をやりました。

ぱっとでてこないですね。

ジャズアレンジのものが歌っていて

しっくりくる感じがするんですよね。

スイングものっていうか、

「ルート66」とか、結構、ジャズというのは、

僕らの中で大事なのかなあと思います。

 

_13A4285

 

☆あなたにとって癒しの曲は?落ち込んだ時に元気になれる曲は?

オレ、ちょっと気持ち悪いかもしれないけど、

自分自身の歌声に癒されることが結構ある。

私も、同じで、自分の曲を聞くと癒されます。

なんだ、みなさん、自分の声に酔っているんじゃない。(笑)

声でなくて、曲が加わると、癒されます。

「School of Seven Bells」の曲は好きですね。

そのアーティストの曲で、「Half Asleep」

うちらが歌っている曲は、癒し系が多いからな。

どっちかというと、ジャミンゼブの曲で、

すごいアグレッシブな曲というより、

逆に癒しを求めるというより、

攻撃性を求めるという方が多いです。

そうですね、いわゆるヒーリングミュージックに行く

というわけではないですね。

うん、わかる、わかる。

いわゆる激しい曲を聞いていても、

それが自分にとってリフレッシュの手段であったり、

ということになります。

なにか遠いもの、仮にそれがヒップホップだったり、

自分の青春時代に聴いたJ-POPだったり、

そういう遠いところのものをとってきて、

あー、こういうの聞いていたんだというものは、

気分が変わって、すごく元気がでます。

あまりノスタルジックになっては、いけないのですが、

音楽を聴き始めた時に、好きでたまらなかったような曲を

今になって改めて聴くというようなことを、

去年あたりからやってます。

音楽の授業で聴いて、

そんなに最初は興味なかったんだけれど、

いいんだよと言われて、

いろんなプロセスがあったかもしれないけれど、

たとえば、それはクラシック音楽の作品でしたけれど、

ビバルディの「四季」。

曲自体の癒し効果というより、

青春時代の思い出と重なるというところが、

今、ここでやっている自分に対しての

自信につながってくるのかなと思ったり。

それは、ジャンルとかは関係ないと思うんです。

思い出にまつわる曲、青春時代を思い出せる曲。

自分が若い頃に聴いていた思い出がいっぱいつまった曲で、

聴いたらその時の気持ちに戻れる曲。

コンサートに行った思い出とか、

コンサートに行ったことのない時に、

初めてドキドキしながら行ったそんな気持ちとか。

 

☆好きな映画音楽は?ありますか?

エンニオ・モリコーネの「ニュー・シネマ・パラダイス」

とか好きですね~。

「テネイシャス D」という・・・、(全員で爆笑!)

ジャック・ブラックというコメディ俳優が

やっているバンドがあって

俳優仲間と音楽活動をしていて、

その2人のプライベートが混ざったような

テレビシリーズ「テネイシャス D」と言って有名なんです

それの映画を彼らが作ったんです。

自分たちの歴史、活動を、俳優として有名になるのと、

自分たちは、本当に好きな音楽を純粋にやっている様を

掛け合わせたような映画があって、

そこに入っているロックの中に、

すごく好きなものがあって、

いわゆるロック好きな人たちだったら、

「これだよ」というスタイルが、

すごく詰め込まれているようなアルバムだったので、

映画の内容とは関係ないですけれど、

それは本当に好きですね。

「Pick Of Destiny」(運命のピッグをさがせ)、

ものすごく、映画としては、マイナーで、

単館上映しかされなかったですけど・・・。(笑)

ジョン・ウィリアムズさんのメロディが曲が好き。

映画はちょっと子供の感じですけれど、

スターウォーズ、ジュラシックパークとか

そんな音楽は好きですね。

ワクワクしますよね。

それこそ、スターウォーズは、若い頃好きで見てたから、

音楽もかなり残ってます。

映画音楽というのは、こういことを答えるんだね!(笑)

ただ、映画で1曲使われているってことじゃないんだよね。

まあ、普通の答えですけれど。

やっぱり、これも、青春期のメモリーに

つながってくるもんだなぁ。

 

_13A4277

 

☆みなさん、どんな食べ物が、あるいはどこの料理がお好きですか?

一番、難しい!(笑)

選ぶのが難しいくらい。

名古屋料理がいいです。

味噌カツと ひつまぶし あと手羽先。

魚が新鮮なところがいいです。それは、間違いないです。

北海道、石川県、金沢とか

東京ではそういう風にに味わえないな

というところがある場所がいいです。

生のサバとかね。

去年の北海道のウニとか

そうですね、北海道とか、

あ、普段、ぼくはウニを好んで食べるタイプ

ではなかったのですけど、

ちょっと食べすぎたかなぁというほど、食べました。

脳みそがウニになってました!(笑)

ばかにしてんのか!(笑) 全員大笑い。

普段食べるものというのとは違いますよね。

辛い物が好きなわけではないけれど、

そう思われているみたいで・・・。

スパイシーなもの、山椒が好き。

山椒が好きなんですけど、

山椒が好きといっただけで辛い物が好きと言われて、

僕は、しびれるものが好きで、

痛いものが好きなわけじゃない。

山椒はいっているというと、どうしても、麻婆豆腐とか、

坦々麺とか辛いものとセットになっているじゃないですか、

トウガラシとか・・・。

トウガラシの入っていない麻婆豆腐とかを

食べたいなと思ったんですが、

それは麻婆豆腐ではなく、

ちがう料理になってしまうんです。

香りのあるものがいいなぁ。

 

☆今年の抱負を教えてください。

去年、西日本ツアーというのがあって、

毎日、違う場所、九州、中国、四国で、

同じプログラムを歌い、毎日反応がちがい、

まったく同じプログラムをやったんですが、

それぞれの会場で、返ってくる反応がちがていて、

おもしろいし、また、これを味わいたいな

という思いがあります。

よりもっといろんなところに、

足を伸ばしたことのないところに行って、

自分たち4人の音楽をいろんな場所でやってみたい。

超リピートしたいですね。

1回行って終っちゃうのは、もったいないというか、

せっかくお客さんも入ってくれて、

いいライブができたら、また、そこに何回か行きたいし。

 

☆もちろん美味しい食べ物があるところですよね?

はい、それを中心に!(笑)

まあ、そうですね。あればありがたいですよね。

どうもありがとうございました。

 

_13A4276

 

インタビューというより、放談のような面もありましたが、

笑いの絶えない楽しいお話でした。

みなさんの仲のよさが、ハーモニーの美しさに

繋がっているのだと強く感じました。

聴いたことのないみなさまにも、

ジャミン・ゼブのハーモニーはいかがでしょうか?

 

☆コンサート情報

jammin’ Zeb『”SPRING SESSION 2015″』
★3月28日(土)
開場 16:30  開演 17:00
★3月29日(日)
開場 16:00  開演 16:30
チケット:6,500円(全席指定・税込)

@藤原洋記念ホール
(慶應義塾大学・日吉キャンパス・協生館内)
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
<交通アクセス>
東急東横線、東急目黒線、横浜市営地下鉄グリーンライン
「日吉」駅下車徒歩1分
http://www.kcc.keio.ac.jp/access/index.html

 

コンサート情報につきましては、
オフィシャルサイトも合わせてご覧ください。

Jammin’Zeb オフィシャルサイト
http://jamminzeb.com/

 

コメント
  1. ☆E-neさんへ☆コメントをありがとうございます。喜んでいただけて、嬉しいです!!! 和やかに、楽しくインタビューをさせて頂きました。みなさんのお話が楽しくて、笑いが溢れていました! みなさん、素晴らしいエンターテイナーでいらっしゃいますね!(*^_^*)

    Madame M2015/04/18

  2. すごーくいい対談でした!! メンバーの皆さんがとてもリラックスして楽しく語っているように感じました。 写真も和やかな表情がとても素敵(゜∇^d)!! Madame Mさんの引き出し方がお上手だったのでしょう。ありがとうございました!

    E-ne2015/04/17

  3. ☆あんさんへ☆コメントをありがとうございます!ジャミンの歌には、癒されますね。といいつつ、最近、私の頭の中では、「終らない~♪」がリピートされています!(笑) 日吉のコンサートまでには終わらせて、じっくり、たっぷり癒されたいと思っております!

    Madame M2015/03/20

  4. 今日もジャミンのさくらを聞いて泣かせてもらったところです。 いつも癒されてます❤

    あん2015/03/19



人気記事ランキング

  1. 田園都市トップ
  2. Madame MのCamera
  3. 聴く
  4. jammin’Zeb(ジャミン・ゼブ)の素顔に迫る!!!


会員登録・変更