1. 田園都市トップ
  2. お買い物
  3. 「お泊まり会@IKEA港北 2017」に行ってきました!/その1

「お泊まり会@IKEA港北 2017」に行ってきました!/その1

  • 2017/08/31 UP!

IKEA

「お泊まり会@IKEA港北 2017」
8/25(金)~26(土)体験レポート その1

PR/IKEA港北
http://www.IKEA.jp/kohoku

「IKEA FAMILY」メンバー限定で募集をかけた「お泊まり会@IKEA港北 2017」。
イケアストアでの「お泊まり会」は前回立川ストアで開催されて以来、実に3年ぶり。
全国に8店舗あるイケアストアの中で、今年は唯一「IKEA港北」だけで実施されました。

メールマガジンのみの募集で、たった2週間でのべ200人強の応募が。
そのうち当選したラッキーな「IKEA FAMILY」メンバーは、14人。

閉店後の「IKEA港北」の内部を探検できるレアな体験の一部を取材してきました!

b_simple_4_1M

最初に、このイベントのために特別に用意された「スペシャルディナー」からスタート!
2階のレストランに準備されたスペースに、続々と参加する皆さんが集まってきました。

IMG_2414こんなに可愛いデコレーションでお出迎え!

まずは、8月に着任したばかりの店長・カタリーナさんから、「皆さんにお目にかかれるのを、とても楽しみにしておりました」と、歓迎のご挨拶。

IMG_2423

そして、いよいよ、お楽しみのディナーが運ばれてきました!

IMG_2545 IMG_2507

メニューの内容はコチラ↓ IKEA Foodのせつこさんが、メニューの説明を。

IMG_2477IMG_2473


旬のおいしさを閉じ込めた「えんどう豆の冷製スープ」は、夏らしい一品で参加した皆さんにも好評でした。
メニューには「ぐっすり眠れるように」と、安眠効果のある豚肉やルバーブを取り入れたそうです。

おいしく、ボリュームも大満足のディナーに、皆さんも感激していました!

b_simple_4_1M

お腹が落ち着いた後は、ひと晩を一緒に過ごす仲間たちとの自己紹介タイムに。
スタッフが出した質問に答える形で、なごやかな時間となりました。

「IKEA港北」は、あなたにとってどんなところですか?
――電動ドライバーや電池など、実用的な商品が多く重宝しています。
――“レターハンティング”など、イベントも楽しくて大好き!
――家が近いので子どもが小さかったときは週1ペースで“スモーランド”に来ていました。
  去年、新居に引っ越すときも、「IKEA港北」でショッピングしましたよ。
――介護と育児でたいへんだったとき、バリアフリーで買い物がしやすく、
  ベビー連れで来た時にはオムツをくれたりと、思い出が詰まっている場所です。

IMG_2480

「このイベントに期待していることは?」
――皆で楽しく過ごしたい!
――「IKEA港北」の裏側など、いろいろなところを見てみたい。
――“快眠”がテーマなので、ぐっすり眠れるのが楽しみです。
――大好きな「IKEA港北」が閉店した後の様子を見られること、
  売り場で寝られるのが楽しみ!
――夜の“スモーランド”を外から見て、大人も中に入れるのが楽しみ。

IMG_2481

「イケアの好きなところは?」
――シンプルで機能的なところが好き。
――親子で一緒にショッピングに来られるところ。
――欧風でおしゃれなところが好き。
――デザインがステキで、住まいの提案をしてくれるところ。
  いつも新しい発見があります!
――家具を見ながらも、おいしいごはんが食べられるところ。
――スタッフの皆さんが、ホスピタリティ豊かに生き生きと働いている姿が素晴らしく、
  日本にもそんな企業が増えてほしいと思います。

IMG_2484

2年生の さゆっち ちゃんは、「ここに来られてうれしいです!」と、元気に回答。
イベントが始まる前には、スタッフに「イケアさん、だいすきです」と書かれたお手紙とキャンディーをプレゼントしてくれたそうです!

参加者それぞれに「IKEA港北」への愛があふれた自己紹介タイムでした。

b_simple_4_1M

食後には、翌朝いただく梨の皮むきがアクティビティとして用意されていました。

IMG_2510


「IKEA港北」のすぐ近くには、梨園がたくさんあり、購入できる横浜ブランドの“浜なし”は、みずみずしくシャキシャキの歯ごたえが特長です。

nashi

イケアで販売しているピーラーを使って、スルスルと皮を剥いて行きます。

キッズは手を切らないように慎重に、大人は包丁を使わない皮むきにとまどいながら完了!
使ったピーラーは、お持ち帰りのプレゼントになりました。

カタリーナ店長は、イベントの様子をSkypeを使って、自宅でお留守番をしている子どもたちに実況中継していましたよ。

IMG_2521 IMG_2525


8歳を筆頭に1歳まで3人のお子様を育てている現役ママのカタリーナ店長。
実況中継後にはスマホに向かって「必ず帰るからね。おやすみ」と話しかけ、優しい母の顔が垣間見えました。

b_simple_4_1M

次に、レストランから、ベッドルームエリアへ移動します!
「どんなベッドかな~」と、参加者からは期待感いっぱいの声も聞こえてきました。

IMG_2575
イケアは、利用する年代や用途を想定し、ルームセットまるごとでの提案が特徴的。
今回の「お泊まり会」で就寝場所となるのは、ルームセットにしつらえてあるベッドです。

まるでホテルにいるかのような、お家をリフォームしたかのような空間に、参加者も大興奮!

bed2

スタッフから、各ブースのイメージや選ぶ寝具についてのアドバイスを受けながら、
いざ“マーケットホール”へ!

IMG_2585

1グループ1台カートを引いて、“テキスタイルエリア”へ向かいます。
ここでは参加者が好きな材質・デザインの布団と布団カバー・枕と枕カバー・シーツの合計5点セットを選びます。

まずはスタッフから、選ぶポイントを説明。

IMG_2562 IMG_2592

イケアで扱っている布団は、材質の「天然素材」と「合成繊維」で色分けされていて、それぞれの特長に応じて好みの布団を選ぶことができます。
どちらも洗濯機で洗えるので、お手入れの手軽さもうれしい商品です。

また、まだまだ寝苦しい夜、涼しく眠れる枕に皆さんも興味深々!
(上写真右)「クロッカローヴェル」(3899円)は、季節によって使用する面が選べて、接触冷感素材を使っている面はひんやり気持ちいい!

select5
制限時間内にお目当ての寝具を見つけなければならず、選んだ商品は翌朝解散時にお持ち帰りができるとあって、皆さん真剣です!

IMG_2634

お買い物途中にキッズが退屈しないようにと、ストア内各所には「キッズツリー」が設置されています。
3歳の ななちゃんも、パパとママが選んでいる間にパズル遊びを楽しんでいましたよ。

参加者一同、スタッフの皆さんのお知恵を拝借して、寝具選びも無事終了しました!

☆★☆「お泊まり会@IKEA港北 2017」レポート、 その2 へ続きます!☆★☆

IKEA港北
横浜市都筑区折本町201-1
10:00~21:00 ※土・日・祝日は9:00から
年中無休 (1月1日をのぞく)
http://www.IKEA.jp/kohoku

人気記事ランキング

  1. 田園都市トップ
  2. お買い物
  3. 「お泊まり会@IKEA港北 2017」に行ってきました!/その1


会員登録・変更