1. 田園都市トップ
  2. 街ニュース
  3. 編集長インタビュー IKEA港北 ストアマネジャー カタリーナ・ボールヴァールさん

編集長インタビュー IKEA港北 ストアマネジャー カタリーナ・ボールヴァールさん

変化も楽しめるほどの好奇心と
チームワークで可能性を広げたい

IKEA港北 ストアマネジャー カタリーナ・ボールヴァールさん

web田色170831014

プロフィル
8月にスウェーデンから来日。38歳。家族は夫、男の子3人。取材時に披露してくれた日本語は「おつかれさまです」「ありがとう」。「息子が先に日本語を覚えて教えてくれないかしら」と笑う。オフは家族との時間を大切にしている。公園で見た“ママチャリ”に「子どもを前と後ろに乗せられて便利!」と驚いたそう。20年前には海外留学でアルゼンチンに1年間滞在。「異なる文化の中で多様性を知ると自分を客観的に見られる。そのことを子どもたちにも伝えたい」 www.IKEA.jp/kohoku 

 「IKEA港北」のストアマネジャーとして8月に着任したばかりのカタリーナ・ボールヴァールさん。スウェーデン出身で3人の男の子のママでもある。キャリアを尋ねると「スウェーデンのイケアで働き始めたのが11年前のこと。それまでは海軍で働いていました」と意外な答え。「海軍では士官教育などを担当し、何週間も船で過ごす生活。まだ子どもはいなかったのですが、人として妻として、未来の母としての人生を大切にしたいと考え、理想のワークライフバランスが実現できるイケアに入りました」
 日本で働くことに不安は? 「私は異なる環境、文化に興味があり、新しいことを学ぶのが大好き。昨年、日本へ異動の話があった際、家族で東京を訪れました。その際、家族全員が日本を好きになり、今回の異動は子どもたちも賛成してくれました。もちろん変化はストレスになることもあります。でも自分自身の夢ですし、ほかの人の助けを得て、ポジティブに考えればワクワク過ごせるはず」
 新ストアマネジャーとして取り組みたいことは「まずは日本の言葉や文化、暮らしぶりを学びたいです! みなさんのことを知って、そのニーズに応えたい。環境面では横浜市との連携を深め、地域に貢献していきたい」と話す。
 リーダーとしては「チームワークを大切に考えています。1人では成し得ないことも、チームで協力しあうことで強固な組織になり、実現できます。同じ夢、ゴールを目指して一緒に進んでいく…これは海軍でもそうでしたし、友達同士でも家族でも同じことですよね」。
 読者の皆さんへの一言は「女性の人生にはさまざまな変化がありますが、あまり大変だと思わず、そのときそのとき何が必要か考えて、変化を楽しんで」。気負わずに楽しむ姿勢が魅力的だ。(町田洋子)

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 田園都市トップ
  2. 街ニュース
  3. 編集長インタビュー IKEA港北 ストアマネジャー カタリーナ・ボールヴァールさん


会員登録・変更