たまプラ、あざみ野、青葉台、港北ニュータウンetc...田園都市線便り、Dentomajo

DENTO=田園都市の略。 majo=ママであったり、マダムであったり、ときには怪しい“魔女”なんてことも・・・

看病というか育児

2017年4月28日

先日、私の不注意で飼っている
ワンコを骨折させてしまいましたショボーン
痛がる大吉トイプードルを目の前に
私はただただ気が動揺しパニック状態
主人が抱き抱え急いで
病院に駆け込みましたあしあと


幸い、ブリーダーさんも直ぐ駆けつけていただき
高度医療の設備の整ったお医者に
診ていただくことができました。
隅々まで検査するため即、入院病院

 

MRI とCT検査をし手術しなくてもいい方向におねがい
検査の結果を聞い一安心。
普段お世話になっている
かかりつけの先生のところへ転院DASH!
大型犬ということもあって自宅療養より
2、3日大事をとって入院する予定でしたが
病院からお迎えコール電話
誰かがそばにいないと
泣いて動いてしまうので
 自宅で完全看護生活がスタートです!

 

若いって凄いですねキラキラ

回復力が早いアップ
食欲もあって元気すぎるくらい音譜
この体勢でも得意げに
「お手あしあと」もしてくれますわんわん
私の姿が見えなくなると不安がるので
寝るときももちろん添い寝ぐぅぐぅ
毎晩、大吉トイプードルのベットの横に布団を敷い
頭なでなで、足をもみもみしながら寝かしつけzzz
昔、なかなか寝てくれない

子供を寝かしつけてた頃を思い出しました。

 

 

まだ一歳になったばかりで

遊びたくて仕方ないお年頃しっぽフリフリしっぽフリフリ
ベットに固定生活はかなり
ストレスだと思いますショボーン
でも、これから先のことを考えると
ここでしっかり治しておいた方がいいので
大吉トイプードルには可哀想ですが
あと少し頑張ってもらわなきゃあせる
治ったらいろんなところ遊びに
連れて行ってあげるからね晴れ

お年寄りセット

2017年4月27日

お気に入りのお店を見つけると、

嬉しくなって・・・

何度も行きたくなってしまいます。

 

 

石垣島の なかなか予約が取れない 焼肉  やまもと

目の前にズトーンと七輪?が運ばれて、

絶品の 石垣牛を堪能する事が出来ます。

 

 

いつもは苦手だと思っていた  ホルモン盛り合わせ

ここなら フレッシュで 美味しくいただけます。

 

 

石垣港から船で約1時間。

西表島にある レストラン イナバ は、

島唄のライブ と ガザミ  パスタ

島野菜のてんぷらが人気です。

 

 

 

 

今回、石垣島で 初めて 訪問した とうふの比嘉  

畑の中の一本道を不安になりながら進みます。

牛舎の先に目指すお店はありました。

看板を見て ?不思議だったのですが、

暑さに強い方と、弱い方で食べる場所が違うみたいです。

(たぶん暑い時には 冷房の完備された部屋が

オープンするみたいです。)

 

 

朝6時半 から午後3時頃まで 営業ですが、

日によって12時半過ぎには 完売の為

閉店の場合もあるそうです。

 

暑さに強い 方 用 のオープンエアな場所で

いただけるのは  ゆし豆腐 セット豆乳 付 350円

 

 

熱々のゆし 豆腐が 丼ぶりいっぱい 。

塩や味噌で味を変えながらいただきます。

メニューを見ていて気になったのが・・・

「お年寄りセット」

名実ともに しっかり お年寄りの私は、

注文したくて、次の日の 昼食に再度訪問して挑戦。

 

 

小ぶりな ゆし豆腐にお粥、おから、

卵焼きに豆乳がついて 350円 。

体に優しい、財布にも優しい「お年寄りセット」

( お年寄りでなくても注文できるそうです。)

なんだか 懐かしい ほんわり とした 時間が流れて

石垣島の朝の定番になりそうです。

 

急に思い立って、奥多摩へ。
新緑の美しい山々をみながら、圏央道で約1時間半。
日ノ出インターを降り、約30分。
ローカルな道をひたすら多摩川の上流へ。

お天気にも恵まれ、まさに「山笑う」。
ところどころに山桜がみえる春の山を背景に
白い壁の酒蔵がくっきりと。
 
澤乃井 奥多摩
 
小澤酒造は古くからこの地で、酒造りを営んでいます。
「澤乃井」といえば、きいたことがあるはず。
創業は江戸時代。
東京都内の蔵元といえば真っ先に名前が上がる蔵元です。
 
門を入って白壁の土蔵の間を上っていきます。
 

澤乃井 奥多摩
  
40分ほどの酒蔵見学は、インターネット、
電話でも予約ができます。
 
澤乃井 奥多摩
 
酒蔵の背景は、新緑の惣岳山、高水三山。深い山から酒造りによい水が湧くという話。
 
日本酒づくりの工程やお米の磨き方の話など聞いて、いよいよ酒蔵の入り口へ。
 

 
靴の裏を洗って、蔵の中へ入ると見事な梁。ひんやりとした土蔵の中にお酒のタンクが。
 
澤乃井 奥多摩

こちらは「元禄蔵」と呼ばれる最も古い酒蔵。昔はこちらで樽で酒を仕込んでいたそうですが、今は琺瑯びきのステンレスのタンクによる貯蔵庫。酒税の関係で、容量は厳密に量られて管理されているとのこと。
 
「明治蔵」「平成蔵」と3つの蔵を見学。

澤乃井 奥多摩
 
こちらは熟成酒の貯蔵棚。お酒としては癖があって、好き嫌いが分かれるそう。
 
澤乃井 奥多摩 
 
建物の裏手には、江戸時代から使われているという横井戸がありました。全長140メートルを昔の人はノミでほったのだそうです。
 
澤乃井 奥多摩
 
見学のあとは、季節限定の生酒を試飲。きき酒用の蛇の目のおちょこでいただきます。

車で行くと、飲めませんね…。残念。
 

 
酒蔵見学のあとは、川原にある澤乃井園という庭園で川を眺めながら一休み。和食のレストランやお豆腐料理屋さん、きき酒処、お土産物もいろいろあって賑わっていました。
 

 
近隣には、吉川英治記念館、川合玉堂美術館、奥多摩フィッシングセンターなどもあり、いろいろ楽しめそう。奥多摩のハイキングコースもあり、見どころ満載です。

電車ならば青梅線「沢井」駅を降りてすぐ。
ハイキング姿のお客さんもたくさんいました。
奥多摩の新緑の山々をハイキングで満喫、帰りに酒蔵見学! 
これからの季節に、とってもおすすめです。

澤乃井
東京都青梅市沢井2-770
TEL:0428-78-8215
http://www.sawanoi-sake.com/

 

 

 

 

こんにちは。tokoです。
久しぶりにシャンパーニュ委員会へ参加して参りました爆笑
プレステージュシャンパーニュが5種類も❣️ラブ
トゥールダルジャンにて美味しいお料理もいただきますピンクハート
ドンペリロゼはやっぱり格別に美味しいですラブ
お花の香り、果実の凝縮感、熟成の風味、余韻も長く、贅沢な味わいです。
ニューオータニの日本庭園をお散歩して酔いをさましてから帰ります。
八重桜がとても綺麗ラブラブ
ワインの修行は果てしなく続くのでしたラブラブ

産地と栽培にこだわった新鮮野菜が
堪能できると評判の

横浜にある「やさい家めい」に
行ってきました

お店で一番人気の「野菜しゃぶしゃぶ」

ステキな器に盛りつけられ
見た目も鮮やか。

こちらは「アロエベラのお刺身」

アロエといえば塗っても良し
食べても良しの植物!

ヤケドした時にお庭に生えてる
アロエで処置した経験がある方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

その他お通じ改善の効果もあるそうです!

だからアロエ入りのヨーグルトなどが
市販されているのですね。

大好きなバーニャカウダももちろんオーダー。

お花のアレンジメントの様ですが
全部、お野菜。

容赦なくむしゃむしゃ食べ尽くしました。

外食だとどうしても野菜が不足しがちになてしまいます。
お野菜がたっぷり食べれるお店は
有難い存在です

 

お店情報はこちら→ http://www.eat-walk.com/yasaiyamei/

離島 の 誘惑

2017年4月20日

先週は 一泊二日沖縄の旅のお薦めでしたが、

二泊三日の余裕があれば、宮古島、石垣島、

久米島、慶良間諸島離島の島々のどこかで、

大自然満喫 !!が出来ます。

 

 

気がつくと・・・

三ヶ月間に四回の南西諸島訪問と、

しっかり南の島のとりこ?

となってしまった我が家です。

 

 

亜熱帯の風土が織りなす景色や

温かな気候にゆるーく馴染んでいます。

 

 

角と目が大きな牛に出迎えられます。

 

 

遠浅の海を、牛車に乗って

のんびりと由布島に渡ります。

三線の演奏付きの島唄で 情緒たっぷり。

 

 

引っ張っている牛は、

ぬかるんだ海路に時々立ち止まってしまいます。

その度にお尻をピシャリ!と叩かれて・・・

また、 頑張って車を引っ張ります。

 

 

15分程の牛車の旅 の 終着地、

 

 

こちらで初めて見た 黄金色に輝く・・・何か?

 

 

オオゴマダラは、羽を広げるとおよそ

13cmにも及ぶ大きな蝶です。

赤い色を好む性質があるそうで、

一生が華やかさに彩られています。

 

 

地味だけど  お仕事を頑張ってる水牛が

とっても 愛おしくて 可愛くて、

長いまつ毛と大きく潤んだ

優しい 瞳がすごく綺麗で・・・

離れがたくなってしまいました。

 

 

離島 は 海も空も風も

いつもより ゆっくりと 時を刻みます。

 

春ごはん♡

2017年4月17日

 

 

本日は春づくしのごはん。

 

今が旬の食材で

 

春キャベツのコールスロー

 

春キャベツとアサリとアスパラガスのワイン蒸し

 

筍とふきの炊き合わせ

 

グリンピースご飯。

 

美味しい!!!

 

今年の桜

2017年4月15日

こんにちは。tokoです。

今年の桜は長ーく楽しめましたね。

こちらは目黒川。

夜桜を楽しみました。

お馴染み、地元あざみ野ローンテニス倶楽部の夜桜は甘酒の振舞いもありとても良心的です。

しだれ桜は、これからの時期もまだまだ楽しめます。

お昼間の様子は、両サイドに違う種類の桜が対比してとても色鮮やかで美しいです。

そして、あざみ野桜通りは毎年桜のトンネルが見事です。

今年も充分に楽しませくれた桜たち。

春の風物詩として心に安らぎを与えてくれますね。自然に感謝の日々です。

飲む温泉水

2017年4月14日

近年、ペットボトルに入ったお水やウォーターサーバが

いろんな会社から販売されていますね。

価格や成分も異なるので色々と飲み比べ

お気に入りのお水を見つけるのも楽しいですよ♬

下のグラフを見ると違いは一目瞭然

いろんなメーカのお水を飲んでいましたが

数年前からはこの「温泉水99」

今まで飲んでいた水とまったく違ってビックリしました。

お水を変えただけでこんなにカラダって変わるんですね

人間の体は約60%は水でできています。

ちなみに胎児は体重の約90%

赤ちゃんはは約75%

子供は約70%

成人では約60%

老人では50%

年齢によって分かれているそうですよ。

毎月、届く72リットルはそのまま飲むのはもちろん

お料理にも使うので我が家にはちょっと足りないです。

沖縄の誘惑

2017年4月13日

 

日差しは明るいのに

まだ寒いの関東から ひとっ飛び。

気軽に行ける亜熱帯の沖縄。

ブルーの空と海にスルスルととけてしまいます。

 

 

週末の土日、一泊二日で気軽に楽しめる

沖縄にすっかり魅了されてしまいました。

ホテルのラナイで 自然が織りなす

海の色の変化を眺め、ゆったりとした時間を過ごします。

 

 

 

インフィニティプールは 4月からのオープンですが、

まだ利用者はありません。

(  海や、室内温水プールは冬でも泳げます。)

 

 

早春のビーチは貸し切り状態。

今日は強風の為 遊泳禁止の赤旗が たなびいています。

 

 

夜になると、近くの居酒屋で島唄ライブを楽しみながら

最後は両手をひらひらと 揺らしながら、

曲に合わせて全員参加 の踊りで盛り上がります。

 

 

島唄ばかりではなく、

懐かしいアリス やサザンの 歌も 盛りだくさん!

思わず 2 ステージ 参加してしまいました。

 

 

 

足を伸ばせば 美ら海水族館で、

イルカの オキちゃん に出会う事も出来ます。

 

 

冬でも暖かい  コートいらずの沖縄。

思わず「冬だけの移住 」を考えてしまいそうな

沖縄の誘惑に心が揺らぎます。

cinema
クーネルシネマです。”人生はブログネタよ♪”とばかり、ネタのために出歩いて早10年。どうぞよろしく☆
hanabatake
デント歴14年。夫・子・犬=♂ 大人可愛い生活のススメ。イベント情報・講座・雑貨・花・物・場所へGO♥
anne
田園都市在住20年、ワクワクドキドキする事を探して、マダム(?)への階段を歩んでます。心と体のエイジングに挑戦中。
smom
あざみ野在住。新店舗はすぐチェック! 家族4人+愛犬との暮らし満喫。ウォーキング、ママ友との持ち寄りパーティーも楽しむ
chelsea
デント歴14年、たまプラーザ9年目。バラが大好き。 オーガニックで美しいガーデンを目指して、庭作り奮闘中です。
toko
シルクフラワーのお教室を主宰。ワインエキスパートとしてワインを楽しみ、テニスも大好き。そんな「あざみ野ライフ」を送っています。
kahori
美味しい紅茶とケーキがあれば幸せ!日本紅茶協会認定ティーインストラクターでも。素敵なティータイムの過ごし方も提案します。
ritsuko
”菜食健美”で暮らし実現。小さな幸せ、小さな喜びに一喜一憂。大変だけど楽しい毎日を過ごしています。デント歴20年、頑張らない「アラフォー奮闘記」をお届けいたします。
dento
リビング田園都市の編集部員や地元ミセスでもあるアドバイザーさん(麗しの営業ウーマン♪)からのとっておき情報をお届けします。