1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. ★妻のホンネ★冬に蓄えたこの3kgを減らしたい! LINEトークやアプリの活用で成功!? ミセスのダイエット事情

★妻のホンネ★冬に蓄えたこの3kgを減らしたい! LINEトークやアプリの活用で成功!? ミセスのダイエット事情

冬に蓄えたこの3kgを減らしたい!
LINEトークやアプリの活用で成功!? ミセスのダイエット事情

osk_170316honne_pic01

 寒い中にも日差しにはやわらぎが感じられ、春気分が高まるころ。春色ファッションにチェンジ!と思っても、自分のボディには、冬にため込んだ“お肉”がドーン! 華やいだ気持ちがシュンッ…なんて人もいるのでは? 薄着になる前に、何とかしたい! 今回は、そんなミセスの「体重管理」にまつわるエピソードを紹介。ダイエットのモチベーションが上がるかも!?

※データ・コメントは「リビングWeb」で、2月9日~2月22日に実施のプレゼントアンケートから。有効回答数2104

この冬の体重増減は?

  20代 30代 40代 50代 60代以上
1kg程度 15.1% 20.3% 23.0% 22.9% 20.9%
2~3kg程度 32.2% 27.9% 25.3% 22.2% 15.7%
4~5kg程度 5.9% 3.8% 2.1% 3.3% 0.3%
6~7kg程度 1.3% 0.3% 0.2% 0.0% 0.0%
8kg以上 0.0% 0.5% 0.0% 0.0% 0.0%
ほぼ変わらない 33.6% 35.4% 39.0% 43.0% 53.7%
減った 9.2% 6.7% 4.7% 5.5% 5.2%
わからない 2.6% 5.1% 5.7% 3.1% 4.2%

 「冬は寒くてこたつから離れられず太った」「正月は実家でいつもより多く食べてしまった」と、多くの悲鳴(!?)が寄せられた、今回のアンケート。この冬「体重が増加した」と答えた人は半数以上!!
 年代別に見ると「4~5kg」「6~7kg」と大幅に増加した人の割合が高いのが、20代。「妊娠後期に入り、運動不足もあって」(大阪市・25)、「産休中で家に引きこもって運動不足」(大阪市・29)と、妊娠や出産など、納得の理由。「減った」と答えた人も20代が多く、こちらも「母乳育児のせいかやせた」(西宮市・26)など、出産・育児が影響。生活・家族関係が大きく変わる世代ならではの結果といえそうです。
 一方で、「ほぼ変わらない」という、うらやましい(?)人も4割近く。年齢が高くなるほど、その割合は高くなり、60代以上では、53.7%もいました。

体重計にのる頻度は?

osk_170316honne_pic03
  20代 30代 40代 50代 60代以上
毎日 31.6% 21.2% 25.3% 32.7% 39.7%
週に2,3回 19.1% 19.8% 15.4% 19.6% 19.9%
週に1回 11.2% 16.6% 15.6% 13.8% 10.5%
2週間に1回 9.9% 9.6% 5.9% 3.8% 3.8%
月に1回 13.2% 12.6% 12.3% 10.0% 9.8%
2~3カ月に1回 3.9% 8.4% 7.9% 8.1% 5.6%
半年に1回 3.3% 5.3% 4.8% 4.1% 4.2%
年に1回 0.7% 1.0% 4.2% 2.1% 1.7%
体重は測らない 4.6% 3.9% 7.0% 4.8% 4.5%
その他(具体的に) 2.6% 1.5% 1.7% 1.0% 0.3%

 どの年代も「毎日」と答えた人が最も多く、全体の約6割の人は週1回以上体重を測っているという結果に。みなさん、かなり体重管理意識が高いよう。
 一方で、1割以下ながら、「年1回」「測らない」という人も。年代別でみると、最多は40代。「毎日、制服を着ているので、体重よりそれで体の変化を感じて気をつけている」(吹田市・43)、「仕事でよく動いてるので、たくさん食べても体重の変動はあまりない」(枚方市・43)、「体重よりお腹周りの脂肪が気になる」(箕面市・41)など、体重より、自分自身で感じる体型の変化を重視しているようです。
 「その他」の中には、「普段は週2・3回。冬場は体重計が冷たくて月に1・2回」と季節で変動する人や、「自宅に体重計がないので、病院などの体重計で測る」(茨木市・43)など“体重計がない”という声がちらほら。また「以前は、もっと頻繁に計っていたけれど、体重が増えすぎて見るのが怖くなったから」(交野市・50)、「今の関心は体重よりも健康を維持すること。体重だけを気にしていられるのは若い証拠かも」(西宮市・45)などの声も見られました。

減らない 増えてた! 我慢できない!! 体重増加エピソード

出産、子育てを機に体重が激増! 今は仕方ない?

  • 出産後、なかなか元の体重に戻らない。育児で家にいることが増えると何かしら食べてしまう。これからベビースイミングを始めるので、そこで一緒に泳いでやせようと思う(堺市・27)
  • 授乳している間はどれだけ食べても体重が増えなかったのが、授乳量が減ってからも同じように食べていたら知らず知らず5kgも体重が増えていた(堺市・36)
  • 子供ひとり産むごとに2kg増、3人産んだので6kgプラスです…。下の子が2歳とまだ小さいので、ジョギングする時間もない…(神戸市・41)
  • 子供のおやつの時間に、ママ友と一緒になって毎日おやつを食べていたのでブクブク太りました(西宮市・26)
  • まだ子供に手がかかるので、自分のことまで気にしている時間がない。ご飯も早食いになったり、子供が残したものはつい食べてしまいます…(茨木市・41)

ストレス、マイブームのおやつ…体重増加の原因はあちこちに

  • 子育て疲れを感じたとき、気持ちをリセットするためにどうしてもビールを飲んでしまう(豊中市・39)
  • 通勤は車でほとんど歩かない。仕事によるストレスで過食、遅い時間に夕食など、太る要素が多すぎる。若い頃ほど体重が減らず、諦めの気持ちも体重増加を後押ししてしまっています(箕面市・39)
  • この冬、甘納豆にハマってしまい、お茶請けにたくさん食べてしまったので太ったんだと思う(豊中市・39)
  • 最近ナッツにハマり、毎朝ヨーグルトと一緒に食べています。さらに、ついつい夜にもワインと合わせておつまみで食べ…。それが原因かも(大阪市・46)

体重減の分岐点は40歳前後!?  熊さんと呼ばれて…

  • 40歳になって、食べたら食べた分だけ身につき、食事制限をしても減り方が少ない。頭ではわかっていても、体がついてこない(大阪市・41)
  • 30代後半になると、体重が減るのは病気の時だけ。夫が最近、私のことを「大きな熊さん」と呼ぶようになりました。「大きな象さん」にならないうちは、まだ大丈夫!?(宝塚市・37)
  • 40歳を過ぎて、ただでさえやせにくい体質になったことに気付いているのに、ビールの消費量が増えていて、どんどん体重が増えています。 何とかしなきゃと思い、ビールを我慢(茨木市・41)
  • 結婚式の時が自分史上最も体型が良かった。そこから約5年で15kgほど増えたので、外見的な問題だけではなくいろいろとツライ! でもおいしいものはやめられない!(神戸市・35)

くびれが… 体重よりも“体型”をキープしたい!

  • 体重は気にしていない。というより、体型が気になります。特に産後の腹筋。昔は姿勢が良かったのに猫背になり背中にお肉がついてきた(神戸市・31)
  • 体重より体型が重要だと思う。年々オバさん体型になってくるが、毎日10秒ストレッチを欠かさずやっているおかげで、ウエストのくびれは年齢の割にある方だと思います(神戸市・43)
  • 食事制限も運動もしないのですが、10代の頃からずっと毎日、入浴中に浴槽内で、上半身を左右に10回ずつひねっている。くびれが無くならないように頑張っています!(豊中市・33)

ダイエットのつもりが、安心してドカ食い

  • 毎日、万博公園の周りを7kgウオーキングしてますが、それで油断してしまい食べすぎる(吹田市・39)
  • 週1回、スポーツセンターのシェイプアップ講座などに通っていますが、運動して体調が良くなる→ごはんが進む→逆に体重増加…と悲しい結果になっています(宝塚市・44)

コレで成功 ミセスのオリジナルダイエット術

階段、ストレッチ、「ながら」運動でシェイプアップ

  • 「ながら運動」をしている。片足立ちで洗い物、歯磨きなどをします(神戸市・38)
  • 会社のフロア(7階)まで朝は階段で行く(神戸市・33)
  • 自転車通勤が唯一の運動。寒くても頑張ってこぎます!(西宮市・40)
  • 体型のチェックのために、毎日入浴前に鏡を見ています。歯磨きやドライヤーの時間に足のストレッチをしています(神戸市・29)
  • スイーツを食べたいとき「それを食べなくても死なない」と言い聞かせて30分くらい耐える! 食べたい感覚が無くなって結構効きます。あと、気になるお店に、財布を持たずに徒歩で行って入らずに帰ってくる、というウォーキングも、楽しくて長続きします(池田市・42)

太ったと感じたら、まずは食事から!

  • 鏡を見て、顔が太ったなと感じた時は、ご飯をおかわりしないように気を付けています。それだけで、ほぼ体重は変わらず維持できている(川西市・44)
  • 夜はなるべく白米を食べず、おかずのみにしている。 野菜、汁物を先に食べる、食べる順番を意識しています(枚方市・32)
  • 炭水化物はできるだけ控え、ご飯の場合はおかゆにして量を増やす(豊中市・47)

乳酸菌やスーパーフードを積極的に摂取

  • お通じが良くなるように乳酸菌やオリゴ糖をとる(神戸市・29)
  • 毎朝のメニューは、チアシード入りのヨーグルト、豆乳、ヤクルト。3年ぐらい続けています(尼崎市・40)

禁酒、糖質オフ、野菜たっぷり、食生活を改善

  • お正月の暴飲暴食で、体重を見てビックリ。お正月が明けてから、1月中「禁酒」「禁揚げ物」「禁スイーツ」を敢行。半身浴も実施し、元に戻しました(伊丹市・45)
  • 「糖質オフ生活」を始めて、1ヶ月半で3キロの減量に成功。夫婦で糖質オフの生活と、ウォーキングを心がけているおかげか、体重が無理なく自然に減ってきました。食間のおやつも、お菓子からフルーツに変えるようになったらやせるように(大阪市・30)
  • 栄養士なので、夫婦ともに太らないよう、バランスよく料理を作っています。野菜をしっかり摂るとよく噛むため満腹感を得やすく、食べ過ぎ防止にも効果的です。おかげで、夫は約10kgやせました!(豊中市・27)

スマホで体重管理、LINEのダイエットグループ、見える化&仲間で続ける

  • スマホアプリに毎日体重を入力しています。グラフが見られるので、効果バツグン。体重が右肩上がりのときは、夕食を軽く朝御飯をしっかり食べたら元に戻る(和泉市・60)
  • 友達とLINEグループを作り、レコーディングダイエットを実践中(神戸市・57)
  • 「体重維持」を常に頭に入れておく。おいしいものがあれば「今日はOK」、次の日「昨日食べ過ぎた」と意識することにしています(神戸市・64)
  • 食べることが好きなので朝、昼、おやつは少なめを心がけ、好きなものを食べています! ストレスで爆発しないように、週1回は“どか食いデー”を設定してます(神戸市・30)

大きな目標があれば頑張れる!

  • 来年、ハワイ旅行に行く予定なので、2月からダイエットを開始!(宝塚市・45)
  • 娘の結婚式に向けて、3カ月前から油物、嗜好品を避けて、魚や煮物、野菜、果物を食べ、適度に歩くよう心がけたら、3kg減りました!(吹田市・47)
 

 

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. ★妻のホンネ★冬に蓄えたこの3kgを減らしたい! LINEトークやアプリの活用で成功!? ミセスのダイエット事情


暮らしのコラム

会員登録・変更