1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 俳優・井上芳雄さんにインタビュー

俳優・井上芳雄さんにインタビュー

俳優・井上芳雄さんにインタビュー

ミュージカル「グレート・ギャツビー」に主演

譲れないものに出会えたことが幸せ

 実力と華を兼ね備え、“ミュージカル界のプリンス”と称されてきた井上芳雄さん。ストレートプレイやドラマ、映画と幅広い活躍が続く中、新作ミュージカル「グレート・ギャツビー」について聞きました。

写真

Profile

いのうえ・よしお。1979年、福岡県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。在学中にミュージカル「エリザベート」でデビュー後、「モーツァルト!」「組曲虐殺」など数々の舞台で活躍。NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」にも出演。レギュラー出演するミュージカル・コメディ「グリーン&ブラックス」(WOWOW)は4月29日(祝・土)放送開始。

●作品の魅力は?

 一番は、ギャツビーという男のロマン、生き方ですね。何かを成し遂げたヒーローとは真逆で、個人的な思いを貫くために人生をかけるけれど、結局手に入れることができない、その人間くささがいいなあと思います。

●胸が痛む結末ですね。

 ただ、彼が不幸だったかというとわからないかも。結果はともかく全てを投げ打ってやりきった。誰しもがまねのできないかっこいい生き方をしたんじゃないかな。

●真っすぐな思いという点では共通する部分も?

 彼のように人をだましてこの世界にいるわけではないですが、確かにミュージカルへの思いは尽きないし、そういう譲れないものに出会えた幸せはすごく感じます。彼の場合も、かなうかどうかではなく、出会えたことが、ある意味、幸福なんじゃないかと思います。

●時代背景については。

 1920年代のアメリカは、ジャズと禁酒法の時代。エネルギーの中に鬱屈したものもある、舞台に適した題材ですね。

●約100年前のアメリカの物語、演じる上で距離感はありませんか。

 今と違うところは多々あると思いますが、人間を描いているということではどの時代も変わらないですし、違う時代や国を描きながらも、ああこんなに同じなんだ、共通項があるんだ、と発見していく喜びや面白さがありますよね。例えば、お金があるときはもてはやすけれど、無くなったときに誰ひとり残らなかったというのも、ある種の人間の真実を描いているんでしょうし。
 ただ、現代だったら話はだいぶん変わってくるんじゃないですかね。今は何をしているかなど何でもわかっちゃうし…。よくわからない経歴もすぐばれちゃう(笑)

●抱負をお願いします。

 「グレート・ギャツビー」(「華麗なるギャツビー」)は、脚本・演出の小池修一郎先生が、26年前に宝塚歌劇でミュージカル化された名作で、先生の代表作の一つ。それを今回新たな演出や台本で創ってもらえるという、喜びとプレッシャーがあります。音楽は、ブロードウェーで活躍中の作曲家の書き下ろし。日米の共同作業で、後に残るスタンダードを一緒に創り出すくらいの意気込みでやっていきたいです。

●先日は、海外のミュージカルスターと共演するコンサートがあり、「グレート・ギャツビー」の後にも、フランス発の二人芝居「謎の変奏曲」や再演となる「ダディ・ロング・レッグズ ~足ながおじさんより~」などが控えています。絶え間なく活躍を続けられるエネルギーの源はどこから来るのでしょう?

 お話をいただくとうれしいので、スケジュール的にちょっときつくても“これはやるしかないだろう”というのがありますね。やればやるだけ得るものは必ずありますし。
 17年くらいやらせてもらって、わかってきたこともあるのですが、奥が深くてわからなくなっていることもある。最近思うのは「もっとうまくなりたい」という気持ちがすごくあるんだなということです。

●今まではそういう思いを自覚していなかった?

 うまいと思っていたんですよね(笑)。皆さんがうまいと言ってくださって、自分でもそこそこうまいんじゃないかと思ったりして。でも、そうじゃない。もっとうまい人は世の中にたくさんいることがわかってくる。うまさだけが必要なわけではないけれど、心の部分も日々鍛えて、それを表現するために、もっとこうしたらもう少しうまくなるかな、とかばっかり思っています。欲張りなのかな。自分に期待しているのかもしれません。

●新しい姿、変わっていく姿に見る人も励まされそうですね。

 うまいへたはあんまりお客さまには関係ないですけれど、「次、こんなことやるんだ」「今回は何か違うな」などと思ってもらえるといいかな。どこかで止まることも必要かもしれないけれど、今は止まれないというか、止まりたくないと思っています。

写真

 

ミュージカル「グレート・ギャツビー」

大阪公演は、7月4日(火)~16日(日)、梅田芸術劇場メインホール
詳細は公式サイトへ

井上芳雄さん出演「謎の変奏曲」
リビング貸切公演9/18開催!(世田谷パブリックシアター)
4/23~先行販売開始!詳細はコチラ(4/20夜公開予定)

・・・・・・・

 公演後の疲れも見せずさっそうと取材に現れた姿はやっぱりプリンス。自身への客観的な視点も印象的でした。(編集部・草場葉子)

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 俳優・井上芳雄さんにインタビュー


会員登録・変更