1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 雨を受けて鮮やかさを増す花姿【あじさいスポット】

雨を受けて鮮やかさを増す花姿【あじさいスポット】

写真
雨を受けて鮮やかさを増す花姿

梅雨時に彩りを添えるあじさい。雨を受けて鮮やかさを増す花姿は、心を和ませてくれます。地元のあじさい観賞スポットを紹介します。

※データは、アクセス▽入園料▽開園時間、定休日▽問い合わせ先。入園料の記載がないスポットは入園無料。開園時間のないスポットは、入園時間の制限がありません。
※見頃は気候、天候によって変動します。お出かけ前に問い合わせを。施設によっては駐車場がないところもあるので、なるべく公共交通機関を利用して。

あじさいスポット

 ①アクセス ②入場料 ③開園時間、定休日
 ※特記がない場合は終日開園・無休

 見どころ・イベント

神戸市

神戸市立森林植物園

“幻の花”に出合える

写真

「森の中のあじさい散策」期間中、“あじさいもち”などの和菓子の販売も

①神鉄北鈴蘭台駅から定時無料送迎バスあり。土・日曜、祝日は三宮バスターミナルから神戸市バス、森林植物園前停すぐ
②高校生以上300円、小・中学生150円(あじさいイベント期間中、浴衣で入園すると、ペアで入園無料に)
③午前8時~午後5時(土・日曜6時)、イベント期間中は無休

神戸市北区山田町上谷上
電話 078-591-0253

 国内有数のあじさい園である同園では、“幻の花”と呼ばれた六甲の名花「シチダンカ」をはじめ、25種・約5万株が森の中で次々と咲きます。6月10日(土)~ 7月17日(祝・月)には、「森の中のあじさい散策」として、「あじさい散策会」(土・日曜)や植物の観察会、クイズやコンサートなどが行われます。

摩耶自然観察園

遅くまで見頃が続く

①神戸市バス、摩耶ケーブル下停からケーブルとロープウエーまやビューライン星の駅歩5分、または天上寺前駐車場(有料)歩10分

神戸市灘区摩耶山町
電話 078-371-5937 神戸市森林整備事務所(平日午前9時~午後5時30分)
電話 078-861-2998 まやビューライン星の駅

 標高700mの摩耶山山頂エリアの涼しい気候により、市街地より遅くまで見頃が楽しめます。ガクアジサイやコアジサイなどの各ゾーンを、自然林を生かした散策路で巡ることができます。

六甲高山植物園

今年リニューアル

写真

かつて「幻の花」と呼ばれたシチダンカ。園内には2カ所の群落があります

①神戸市バス、六甲ケーブル下停から六甲ケーブルで六甲山上駅下車、六甲山上バス高山植物園停すぐ
②大人(中学生以上)620円、4歳~小学生310円
③午前10時~午後5時(入園は4時30分まで)、あじさいの期間中は無休

神戸市灘区六甲山町
電話 078-891-1247

 六甲山の自生植物や山野草のほか、世界の高山植物が見られる同園では、今年「あじさい園」をリニューアル。シチダンカやヒメアジサイのほかにも多数のあじさいが見られる空間に。6月25日(日)には「早朝のあじさい撮影会」(要申し込み、先着30人、無料)を開催。

神戸市立須磨離宮公園

6月上旬から開花

写真

園路を歩きながら、あじさいの群生を観賞

①山陽月見山駅歩10分
②15歳以上(中学生を除く)400円、小・中学生200円
③午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)、木曜休(6月8日は開園)

神戸市須磨区東須磨
電話 078-732-6688

 セイヨウアジサイやヤマアジサイなど、約15種・8000株のあじさいが、6月上旬から品種ごとに次々と開花。7月上旬まで楽しめます。

明石市

住吉神社 あじさい神苑

6/18(日)にお祭り

写真

さまざまな色合いのあじさいが小道を彩ります

①山陽魚住駅歩5分、JR魚住駅歩17分

明石市魚住町中尾
電話 078-946-0417

 20種・約2500株のあじさいが、6月中旬~下旬にかけて楽しめます。6月18日(日)午前10時~午後3時は「住吉神社 第6回あじさいまつり」を開催。水産庁「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選定された能舞台での芸能奉納が行われるほか、地域名産品や手作り雑貨の店が多数出店。

伊丹市

瑞ケ池公園

ランニングしながら

①JR伊丹・阪急伊丹駅から市バス、瑞ケ丘停すぐ

伊丹市瑞ケ丘
電話 072-784-8134 伊丹市公園課

 市内で2番目に大きい公園。園内を1周する1.6㎞のランニングコースがあり、公園南側には大きな花壇とあじさいの植栽地があります。緑ケ丘公園とは、南側の緑道で結ばれています。

緑ケ丘公園

昔から親しまれる小道

①JR伊丹・阪急伊丹駅から市バス、瑞穂小学校前停歩5分

伊丹市緑ケ丘
電話 072-784-8134 伊丹市公園課

 伊丹市で、最も古い公園。上池、下池の2つの池があり、上池に流れ込む水路沿いには、多数のあじさいの古木が連なります。例年、5月下旬~ 6月中旬が見頃。地元では「あじさい小道」と呼ばれ、親しまれています。

尼崎市

元浜緑地

池の周りに咲き乱れ

写真

池の周辺を青のグラデーションが飾ります

①阪神尼崎センタープール前駅歩15分
②午前6時~午後8時、無休

尼崎市元浜町
電話 06-6426-4022 尼崎緑化公園協会(上坂部西公園緑の相談所)

 10種・約600株のあじさいがボランティアと共同で管理されています。6月中旬~下旬、もみじ池周辺でセイヨウアジサイ、カシワバアジサイとヤマアジサイなどが見頃に。6月17日(土)午前10時~正午は「季節の花散策(あじさい観察)」が行われます。

西宮市

西宮市北山緑化植物園

5月下旬から開花

写真

雨が降ったあとに一層輝きを増すあじさい

①阪急夙川駅から阪急バス、または阪神西宮駅から阪神バス柏堂町停すぐ
②園内無休(緑の相談所・温室は午前10時~午後4時、水曜休)

西宮市北山町
電話 0798-72-9391

 緑豊かな山々に囲まれた同園では、5月下旬からヤマアジサイ、カシワバアジサイ、ウズアジサイなど60種・約90株のあじさいが開花。植物に関する展示や教室、園芸図書のコーナーもあります。

夙川河川敷緑地

春の景色と一変の青

①阪急苦楽園口駅すぐ

西宮市北名次町
電話 0798-35-3611 西宮市公園緑地課運営・管理チーム

 桜の名所としても知られる夙川河川敷では6月~ 7月、カシワバアジサイやヤマアジサイ、ガクアジサイ、ノリウツギなど約1500株が見頃を迎えます。春とは違う景色の中で川の流れを感じながら、ゆったりとあじさいを観賞することができます。

網引公園

品種の違いを見比べて

①阪神甲子園駅歩10分

西宮市甲子園網引町
電話 0798-35-3611 西宮市公園緑地課運営・管理チーム

 「あじさい公園」と近隣の人たちに親しまれている網引公園。園路沿いに咲く約1000株の色とりどりのあじさいは、6月~7月初旬が見頃に。球状に咲くセイヨウアジサイと周囲の花びらだけが開くガクアジサイの違いに注目しながらの散策がおすすめ。

川西市

妙見の森

空中から観賞

写真

リフトから、流れる青の景色を楽しめます

①能勢電妙見口駅から阪急バス、ケーブル前停から妙見の森ケーブル山上駅歩5分

川西市黒川
電話 072-738-2392 妙見の森ケーブル山上駅

 妙見の森リフト沿いにはホンアジサイやガクアジサイなどたくさんのあじさいを見ることができます。標高が高いため、見頃は7月上旬~下旬。リフトに乗って、あじさいの上を空中散歩。つかの間のぜいたくな時間が過ごせます。

祥雲山賴光寺

あじさい寺と親しまれ

写真

雨上がりにつややかな姿をみせるあじさい

①能勢電畦野駅歩5 分。駐車場あり

川西市東畦野
電話 072-794-1165

 近隣では「あじさい寺」として有名な賴光寺。6月~7月、さまざまな種類のあじさいが約500株、所狭しと咲き誇ります。6月24日(土)の、「あじさい福徳祈願会」では、祈祷したあじさいを持ち帰ることもできます。

猪名川町

大野アルプスランド

山頂で咲き誇る

写真

澄んだ空の色と花の色が溶け合う風景

①阪神高速11号池田線池田木部ICから車で約60分。駐車場50台

猪名川町柏原
電話 072-766-8709 猪名川町地域振興部産業観光課

 阪神地域で最も標高の高い大野山山頂。約50種・1万6000 株のあじさいが7月初旬~中旬に咲き誇り、猪名川町の夏の風物詩となっています。7月9日(日)午前10時~、「第22回あじさいまつり」を開催。ミニコンサートや地元の新鮮野菜の販売などがあります。

三田市

相野あじさい園

青い花の海のよう

①JR相野駅歩10分(駅まで無料送迎バスあり)
②大人(中学生以上)400円、小学生200円
③午前9時~午後5時、無休

三田市上相野
電話 079-568-1301

 6月中旬~7月上旬、100種・約2万株のガクアジサイやヒメアジサイが咲きます。酸性土質の影響で青色がいっそう鮮やかになり、まるであじさいの海のよう。隣接の「しいたけランドかさや」では、しいたけ狩りとバーベキューが楽しめます(料金別途要)。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 雨を受けて鮮やかさを増す花姿【あじさいスポット】


会員登録・変更