1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 調査書はあなたの3年間の記録 内容をイメージしてみましょう

調査書はあなたの3年間の記録 内容をイメージしてみましょう

調査書はあなたの3年間の記録 内容をイメージしてみましょう

調査書はあなたの3年間の記録
内容をイメージしてみましょう

 兵庫県公立高校一般入試の合否を決めるのは、学力テストの結果と調査書の評価が同等。元・公立高等学校校長の廣岡徹さんは、「調査書の3年間にわたる諸記録も大切」と話します。

廣岡徹(ひろおかとおる)さん

廣岡徹(ひろおかとおる)

1947年兵庫県生まれ。兵庫県立高校教諭から県教育委員会、教育事務所長、県立高等学校長を経て2008年から兵庫教育大学教職大学院教授。14年3月退官、現在は講師。

 調査書も含めた受検に必要な書類一式は、「兵庫県公立高等学校選抜要綱」で検索すると、インターネットで探すことが可能です。その中の調査書の様式を見て、自分についてどう記載されるのかを考えることができます。3年生は今までの活動を振り返って、1年生はこれからどう頑張るかを想像してみましょう。

 今回、調査書についてお話ししたいことは、各教科の学習の評定や出欠の記録の数字の部分ではありません。学習の記録欄の参考事項と特別活動の記録の記述です。中学校の先生が、生徒の頑張りを高校に伝えようと頭をひねる部分です。

 中学校では、選抜要綱にあるように「調査書作成委員会」を設置し、個々の調査書を厳正かつ客観的に記入します。また高等学校では「調査書審査グループ」を編成し、記載内容を精査します。

 このように、中学校、高校とも調査書の丁寧な対応に努めています。

調査書は個々の生徒の重要な情報源

 調査書の取り扱いとして、「特別活動、部活動などの記録においては顕著な内容がある場合には、その内容を高等学校の特色に応じて評価」と記載されています。そういう意味で、特色選抜など学力検査を実施しない学校においては、志願理由書の内容とともに意味を持つと考えられます。

 それぞれの内容ですが、参考事項には「総合的な学習の時間」における顕著な学習の活動や成果、特に優れている教科についての特記事項などが記載されます。特別活動の記録には、生徒会や学級会での委員経験、学級・生徒会・学校行事など特別活動、部活動、学校外活動における成果、ボランティア活動などが記載されます。

 これらの記録で、学習活動とは違った領域で中学校生活をどう過ごしたかを見ることができます。学力テストでは同点の生徒が数多くいます。また、特色づくりをすすめる各校が特色に対応した生徒を求めるために、情報源になるのも調査書の記載事項といえます。

 調査書の記載内容と合否の関係は見えにくいですが、要綱でも「学習の記録以外の3年間にわたる諸記録を参考とし、総合判定となるよう留意」と記載されています。

 有意義な3年間を過ごすよう頑張りましょう。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 調査書はあなたの3年間の記録 内容をイメージしてみましょう


会員登録・変更