1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. ★妻のホンネ★ミセスは、ビキニ? ワンピース? 水着にまつわるホンネをリサーチ

★妻のホンネ★ミセスは、ビキニ? ワンピース? 水着にまつわるホンネをリサーチ

ミセスは、ビキニ? ワンピース? 水着にまつわるホンネをリサーチ

osk_170706honne_pic01

 夏といえば、海水浴にプール。でも「泳ぎたくても、水着になる自信がない…」という人も多いはず。体型にムダ毛処理、日焼け対策と気になることはいっぱいですよね。どんな水着を選べば、スタイルアップして見えるのか…。そんな水着のホンネをリサーチ。みんなの“テクニック”を参考に、この夏は、思いきって水着を着ちゃいましょう!

データ・コメントは「リビングWeb」で、2017年5月25日~6月7日に実施のプレゼントアンケートから。有効回答数2176。

この夏、水着を着用する予定はある?

この夏、水着を着用する予定はある?(全体)

年代別

この夏、水着を着用する予定はある?(年代別)

50代以上は7割以上が「予定なし」
20代は約3割がラッシュガードを着用

 40代以下では、半数以上が「海やプールに行く」と回答。その理由の多くは「子どもがいるから」というもの。「水着だけを着用」という人は、1割以下とかなり少なく、ほとんどの人が水着の上に上着を着用しています。特に「最近はラッシュガードが出てきて助かる」という声からも“体型隠し”&“日焼け対策”の両方を叶えてくれるラッシュガードは支持率が高め。若い世代ほどラッシュガードの認知度が高く、20代の約3割が利用していました。
 その他、「上はビキニ、下は短パン」「レギンスタイプの水着」「エアロビウェアやランニングウェアを水着に使う」などの声も。
 一方、50代以上からは「海やプールには行かない」という声が圧倒的。「20才のころは、ビキニを着てました。なのに、今は…。あの頃の体型にもどりたい!」(大阪市・53)、「産後から、水着は一生着ないと決めています!」(門真市・49)、「ダイエットのためにスイミングに行きたいのに、今の体型ではとても人前で水着姿になれないという無限ループ」(大阪市・47)など、切実な声が寄せられました。

着る水着のタイプは?

着る水着のタイプは?

20代・30代はホルターネックタイプのビキニを支持、ワンピースは全世代に安定的の人気

 20代・30代はビキニタイプを選ぶ人が多く、なかでも人気なのが、「胸が小さいのをカバーできる」との理由から、ホルターネックタイプ。「子供が小さい頃は、自分の着替えに時間がかけられないため、着脱しやすさを重視」(西宮市・46)など、上下セパレートタイプの方が着替えがしやすいと、子育て世代に支持されているようです。
 ワンピースはどの世代でも安定の人気。「着やすいし安心感がある」(吹田市・43)と、特に40代以上で支持を集めました。ですが、「本音を言うとスタイルに抜群の自信があったら、一生に一度くらい三角ビキニを着たかった」(枚方市・53)なんて声も見られました。

水着を着るときに、気になるところは?

水着を着るときに、気になるところは?

 やっぱり、気になるところのダントツは“お腹まわり”。全体でも6割の人が「気になる」と回答。年代で差が大きかったのが「足の太さ」「ムダ毛処理」。意外にも、年代が上がるほど、悩んでいる人の割合は減る傾向に。「40代頃から股下15センチ程の競泳用のような水着を着ています。ムダ毛処理など気にならないので助かる」(芦屋市・58)など、若い頃に比べて露出の少ない水着を選ぶことで、悩みが軽減されているのかも…。

袖付きで二の腕をカバー、胸パッドはガムテープで補強! 水着のこだわりあれこれ

  • いつもセパレートで袖もあるものを選びます。巨大な手足が多少なりとも隠れるので以後そのタイプばかり(大阪市・49)
  • 水着は伸びる気がするので、身体にぴったりとしたものを選びます。いつも地味な色が好きな私ですが、水難時に備えてラッシュガードは海に映える派手な色を選びます(大阪市・30)
  • 胸がなくあばらが浮いて見えるほどなので、水着よりとにかくパッドにこだわっています。メーカーや形、とりつける位置など真剣。ガムテープも使います(堺市・39)
  • ラッシュガードは少しハイネックで体型に合ったもの、短パンもピッタリしたものを選んでいます。泳ぎやすいし、格好悪くならない! 山登りなどにも使えるもの(水陸両用)を選びます(茨木市・40)
  • ズボン付きの3点セットにするとマリンスポーツもできる(神戸市・48)

ラッシュガードやスパッツで、露出は最小限に! 日焼け対策もぬかりなく

  • 日焼けをしないよう、水着の上からラッシュガードを着てスパッツを履いて短パンを履いています。 首にはタオルを巻いて、帽子を被って海にはいります(茨木市・45)
  • ホルターネックのビキニの上に、長袖フード付きラッシュガード、下はUVカットのスパッツタイプの水着に短パン(尼崎市・36)
  • 日焼けすると特に肩が赤くなるので、海やプールに入っているときでも上着を着る。年齢的にもシミになりやすいので、更にUVケアでバッチリガードします(堺市・53)

着やせを目指したのに、海女さんみたい…。水着選びは慎重に

  • 黒の水着を着たら少しでも着やせして見えるかと思って、ラッシュガードもスパッツも黒にしたら、全身黒ずくめになってしまい、海女さんみたいになってしまった(高槻市・40)
  • 長らく水着を避けていましたが、子供と海に行くために仕方なく新調しました。ビキニの上にオールインワンのワンピを着用するもので、水中では脱ぐものだったらしく、知らずにそのまま入ると、パンツの裾が水面に浮く!ポケットに空気が入って浮く!でも、中はビキニで絶対脱げない。。 陸に上がると、重みで下がって、足に張り付くワカメのように…(西宮市・43)
  • ネットで激安の赤いラッシュガードを買いました。新品のまま着てプールに入ると、赤色がみるみる溶け出し、血だらけの人みたいに! 周りの人を驚かせてしまいました…(宝塚市・43)
  • 年齢が年齢なので、体型を隠す水着を買うのですが、隠したいあまりにフリフリがいっぱいついたものを買ってしまい、みんなに年齢不相応だと笑われた。それ以来シンプルなものにしています(門真市・52)

食べ過ぎで水着がキツい! 飛び込みでビキニが外れた!? 予期せぬ“事件”はつきもの 

  • 旅行に水着を持って行ったのに、旅行中の食べ過ぎでキツくなってしまった(吹田市・35)
  • 初めてビキニを着て海にいった時、高台から飛びこみをしてビキニが外れるといった苦い経験が。近くにいた人がすぐ渡してくれましたが恥ずかしくて1日ずっとブルーでした(吹田市・33)
  • 白のビキニで気合を入れてホテルのプールに行こうとしたら、友達が「色々透けすぎでやばいと思う」と一言。急いで長めのTシャツを買って上から着ました(神戸市・30)
  • 久しぶりに昔の水着を試着したら、デニムパンツのウエストが締まらず、逃げ場を無くした贅肉がはみ出た(尼崎市・37)
  • 空気を入れるタイプのパッドをつけたが、片方の栓がうまく締まっておらず、空気が抜けて左右の胸の大きさが変わっていた(神戸市・39)
 

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. ★妻のホンネ★ミセスは、ビキニ? ワンピース? 水着にまつわるホンネをリサーチ


会員登録・変更