1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 共働きで忙しい日々。小1の息子に愛情を感じてもらうには?

共働きで忙しい日々。小1の息子に愛情を感じてもらうには?

Q. 共働きで忙しい日々。小1の息子に愛情を感じてもらうには?

 共働き家庭の小学1年男児について。
 先日担任の先生から、息子が授業中、急にうわの空になったと言われました。家庭で何か変化があったのでは?とのことなのです。
 実は夏休み明けごろに私の異動があり、今まで以上に残業などがある、忙しい立場になってしまい、帰宅時間も遅いため、シッターさんや実家の母に頼ることが多くなりました。それが原因だと思います。ただ、自分としては、キャリアを捨てたくなく、なんとか息子のために時間を取りたいのですが、なかなかできていないのが現実です。母からは、仕事を辞めろと簡単にいわれてしまい、非常に悩んでいます。
 先生もお仕事をしながらお子さんを育ててこられたと思いますが、短い時間でも子どもにしっかり愛情を与える方法を教えてください。(H・N)

スキンシップで自己肯定感を育ててあげて

 子どもとの時間は「量」より「質」。短い時間でも、「子どもと向き合う時間」を決めて、そのときだけはしっかりと話を聞いてあげたり、何か一緒にしたり(お手伝いなどでもOK)というように、お子さんがお母さんの愛情を感じられるような工夫が大切ですね。
 その一つに、スキンシップがあります。これ、おすすめです。特に男の子は女の子よりスキンシップを好む子が多いです。膝の上に載せて話を聞いてあげるとか、まだ一緒に寝ているなら、しっかり抱いてあげるとか。
 もう小学生なのに…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、まだまだそういうお子さんもけっこういます。ちなみにわが家の息子たちは、小1のときは、わたしに抱っこされて寝るのが好きでした。
 そういうことを恥ずかしがったりする子もいらっしゃると思いますので、そういう場合は「触れる」ということを意識されるといいでしょう。
 褒めるときに頭をなでる、手をつなぎながら話を聞く、耳掃除をしてあげる。マッサージをしてあげたり、お返しにしてもらったりなんかもいいですね。工夫次第で、特に時間をとらなくても、日常やっていることの中にスキンシップを加えることはできます。

 スキンシップは子どもだけでなく親の心にも安らぎを与える

 近年の研究では、スキンシップによって、オキシトシンという愛情ホルモンが分泌されるということがわかっています。オキシトシンは、分泌されると、幸福感を感じることができるので「幸せホルモン」ともいわれています。
 スキンシップが足りている子は情緒が安定しているので、成長すると、良い意味であっさり離れていきます。愛されているという自己肯定感が育つのでしょう。
 また、スキンシップは、お母さんの心の安らぎとストレス緩和にもなりますので、毎日がんばっていらっしゃるお母さんには一石二鳥といえるでしょう。
 外で働く、働かないに関わらず、お母さんが生き生きとしている姿は、子どもの成長にとても良い影響を与えます。
 子どもの成長は本当に早かったなぁと、過ぎた今は思います。大人になるにつれてスキンシップはどうしても減っていくので、今、この時期の子育てには、本当におすすめしたいです。

写真

コーチ・フィオーレ代表
藤原恵津子さん

 元教員。米国NLP協会認定トレーナー。企業・教育機関・行政に向け、メンタルヘルスコミュニケーションや人材開発に関する研修・講演などで活躍中。3児の母。
公式Webページ http://coach-fiore.com/
ブログ 「心の状態を一瞬で変える」 http://ameblo.jp/coachfiore
メルマガ「ミラクルライフを引き寄せる自分力UP!」 http://www.reservestock.jp/subscribe/30531


相談募集中

藤原先生に聞いてみたいこと、ありませんか?
「リビングWeb」などで回答を掲載させていただく場合は、匿名またはイニシャルを表記します。
※編集部から追加で、電話でお話を聞かせていただく場合があります。
投稿はこちら

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 共働きで忙しい日々。小1の息子に愛情を感じてもらうには?


会員登録・変更