1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. リビング読者が着物姿で和文化を体験 “和の心”を学んで着物を身近に感じた一日

リビング読者が着物姿で和文化を体験 “和の心”を学んで着物を身近に感じた一日

主催/サンケイリビング新聞社
協力/民族衣裳文化普及協会、太閤園、カシオ計算機、ハースト婦人画報社、美容室TAYA

LIVING 和ごころ おもてなし

 

抽選でデジタルカメラなどが当たるプレゼントも 応募は終了しました

リビング読者が着物姿で和文化を体験 “和の心”を学んで着物を身近に感じた一日

LIVING 和ごころ おもてなし

 

抽選でデジタルカメラなどが当たるプレゼントも 応募は終了しました

リビング読者が着物姿で和文化を体験 “和の心”を学んで着物を身近に感じた一日

2020年に向け、海外からのお客さまを和文化でもてなせる女性をめざす、「LIVING 和ごころおもてなし」プロジェクト。太閤園で着物の着付けを中心としたイベントを開催し、10人の読者が和の魅力をたっぷりと体験しました。

TAYA 和装ヘアアレンジ講座
民族衣裳文化普及協会 着物の着付け講座
カシオ デジタルカメラ撮影講座
太閤園 和食講座&昼食
庭園散策&記念撮影

簡単テクニックのヘアアレンジにチャレンジ

2月6日、大阪では初めての開催となる「和ごころおもてなし体験in太閤園」を開催。会場の太閤園「淀川邸」は、旧藤田男爵邸の趣を今に残す料亭です。
まずは、和装に合うヘアアレンジ講座から。美容室TAYAのスタイリスト大前貴之さん(TAYAテラッソ姫路店)をはじめ、大池静香さん(TAYAジェイアール京都伊勢丹店)、高橋俊之さん(関西支社次長)の3人を講師に、自分で簡単にまとめられるアレンジをレッスン。
10人の参加者は、ピンの使い方のコツなどを聞き、各自上手に仕上げました。

ヘアピンとヘアゴムを使った簡単アレンジにチャレンジ

▲ヘアピンとヘアゴムを使った簡単アレンジにチャレンジ

お互いにアドバイスし合いながら、ヘアをまとめていきます3

▲お互いにアドバイスし合いながら、ヘアをまとめていきます

後頭部の高い位置でまとめると若々しい雰囲気に
TAYAスタイリスト 大前貴之さん (TAYAテラッソ姫路店)

プロの丁寧な指導で「着物に興味がわきました」

続いて、メインイベントの着付け講座へ。講師は、国内外で活躍する「民族衣裳文化普及協会」の、中村久美子さん、鴨原真弓さん、山中英津子さん。
丁寧な説明を受けながら、長襦袢や着物の着方、タオルを使った補正の方法、簡単な帯の結び方などを学びました。
「初めて自分で着ることができ、うれしいです」と、参加者たちから笑顔がこぼれます。
さらに、襟元などが美しく見えるワンポイントアドバイスも。参加者の西山邦子さんは、「着物に興味がわき、着付けを習ってみたくなりました。子どもの入学式には着物で出席したいですね」とにっこり。

着物選びに興味津々の参加者たち

▲着物選びに興味津々の参加者たち

講師のアドバイスで、着付けに挑戦。ちょう結びという帯の結び方を習います

▲講師のアドバイスで、着付けに挑戦。ちょう結びという帯の結び方を習います

帯の仕上がりを講師にチェックしてもらうシーンも

▲帯の仕上がりを講師にチェックしてもらうシーンも

民族衣裳文化普及協会に聞きました きれいな襟元でワンランク上の着こなしを
 

民族衣裳文化普及協会
きもの文化教室
詳しくはコチラ

 
CASIO「EXILIM ZR70」で撮影「着物のたたみ方」動画 詳しくはこちら
CASIO「EXILIM ZR70」で撮影「着付け講座」動画 詳しくはこちら

最新デジタルカメラで自分撮りをマスター

美しい着物姿は、ぜひ記念に残したいもの。
フォトプランナーの市岡麻美さんが、カシオのデジタルカメラ「EXILIM ZR70」を使った撮影方法を紹介してくれました。美肌・色白に見せてくれる機能など、その実力に一同びっくり。一台ずつ貸し出されたカメラで、早速自分撮り。教えてもらった、美しくみえるポーズを実践していました。

カシオ「EXILIM  ZR70」が1人1台貸し出され、着物姿がキレイに見えるポージングや、自撮りテクニックを学びました

▲カシオ「EXILIM ZR70」が1人1台貸し出され、着物姿がキレイに見えるポージングや、自撮りテクニックを学びました

フォトプランナー 市岡麻美さん
さっそく角度を考えてポーズをとってみます

▲さっそく角度を考えてポーズをとってみます

CASIO「EXILIM ZR70」詳しくはこちら

淀川邸和食料理顧問のお話と豪華昼食を堪能

淀川邸和食料理顧問・高澤基雄(もとお)さんによる、和食の歴史や食材、味つけについての話の後は、お待ちかねの昼食。全9品の豪華な「昼会席」です。造り、炊き合わせ、焼き物などの料理に、あちらこちらから「おいしい!」の声が。
「着物だと、背筋も伸びますね。所作にも気を配りつつ、楽しみながらいただけました」と、参加者の和佳(わか)理紗さん。参加者同士の会話も弾むひとときとなりました。

wagokoro_20170302_12
wagokoro_20170302_13

▲和食文化について学んだ後は「昼会席」。豪華な内容に、笑顔がこぼれます

「昼会席」(通常6100円)は、えんどう豆腐の前菜、鱚葛打ちの吸い物、造り、炊き合わせ、鰤照焼き、季節のご飯、赤だし、甘味のぜいたくな内容

▲「昼会席」(通常6100円)は、えんどう豆腐の前菜、鱚葛打ちの吸い物、造り、炊き合わせ、鰤照焼き、季節のご飯、赤だし、甘味などのぜいたくな内容

広大な庭園の散策と撮影会を実施

食後は、美しい日本庭園を散策しながら記念撮影を。デジタルカメラを手に、思い思いにシャッターを切ります。
「和の雰囲気が大好きです。今回のイベントであらためて、日本文化の良さを知ることができました。これからも、着物がいつも身近にある暮らしをしたいですね」と参加者の久藤麻弥さん。
最後は、お茶菓子をいただいてのティータイム。終始、なごやかな雰囲気だった一日に、皆さん大満足の様子でした。

手入れの行き届いた美しい日本庭園は、着物姿の撮影に絶好のスポット。自分撮りを楽しみました

▲手入れの行き届いた美しい日本庭園は、着物姿の撮影に絶好のスポット。自分撮りを楽しみました

美しい庭園をバックに記念撮影する着物美人たち

▲美しい庭園をバックに記念撮影する着物美人たち

今回のイベントで使用した、美肌に撮れる最新デジタルカメラ、カシオ「EXILIM ZR70」を1人に、着物雑誌「美しいキモノ」(ハースト婦人画報社)2017年春号を5人に、民族衣裳文化普及協会「お試し2回レッスン」(梅田教室)を5人に抽選でプレゼント 応募は終了しました

今回のイベントで使用した、 美肌に撮れる最新デジタルカメラ、 カシオ「EXILIM ZR70」を1人に、 着物雑誌「美しいキモノ」(ハースト婦人画報社)2017年春号を5人に、 民族衣裳文化普及協会「お試し2回レッスン」(梅田教室)を5人に抽選でプレゼント。

写真
応募は終了しました

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. リビング読者が着物姿で和文化を体験 “和の心”を学んで着物を身近に感じた一日

会員登録・変更