1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 有馬温泉で第1回「主婦おもてなしサミット」を開催しました

有馬温泉で第1回「主婦おもてなしサミット」を開催しました

osk_171012_syufuyasumi_02
osk_171012_syufuyasumi_03

 サンケイリビング新聞社では、「主婦休みの日」である9月25日に、有馬温泉で「主婦おもてなしサミット」を開催。事前募集した16人の参加者とともに、“有馬温泉でのおもてなし”について考えました。サミットの様子を紹介します。

osk_171012_syufuyasumi_04

メイン会場となった旅館「陶泉 御所坊」

まち散策で、
有馬温泉の魅力を再発見

 さわやかな秋晴れに恵まれたこの日、午前10時に到着した参加者はまず、有馬温泉のまちを散策。土産物店が軒を連ねる路地、太閤秀吉やねねの像が建つ有馬川周辺、湯煙が立ち上る泉源などを自由にめぐり、有馬温泉の魅力を再発見した模様。

osk_171012_syufuyasumi_05

徒歩圏内にさまざまな見どころがある有馬温泉のまちを自由に散策。フォトジェニックなスポットを見つけたら、インスタグラムにアップして参加者とシェアしました

食事と温泉で、
優雅なひとときを体感

 昼食は、「ホテル 花小宿」の割烹“料膳 旬重”で、お昼のコースを。毎日、明石で仕入れる新鮮な魚介類を使った料理や、旬の野菜、かまどで炊いたごはんなどを味わいました。また、御所坊の浴場では「金泉」のお風呂にも。参加者からは、「肌がツルツルになった!」という声が聞かれました。

osk_171012_syufuyasumi_06

「私たち主婦が来たくなるプランって?」をテーマにディスカッション

 食事・入浴を楽しんだ後は、「陶泉 御所坊」のサロンに集合。“金泉塩”を使ったクリームを巻いた「有馬温泉のロールケーキ」をいただきながら、伝統工芸・有馬籠について、四代目・轡昭竹斎(くつわ・しょうちくさい)さんのお話を聞きました。
 その後は、班ごとにわかれてディスカッション。半日を振り返って、有馬温泉の魅力や自分たちにとっての“おでかけのポイント”などを自由に話し合いました。

osk_171012_syufuyasumi_07
osk_171012_syufuyasumi_08
osk_171012_syufuyasumi_09
 
osk_171012_syufuyasumi_10

有馬で唯一となった有馬籠の工房を守る、四代目・轡昭竹斎さん

 
osk_171012_syufuyasumi_11
osk_171012_syufuyasumi_12

 今回の参加者は、「お出かけには一家言あり!」の方ばかり。激しすぎるグループセッションを経て、まとまった提言は…。
 「ランチ&温泉」の質が高いだけでは物足りない。有馬温泉にもっと頑張ってほしいのは、「お土産ショッピング」の要素と「ゆっくりとおしゃべり」していられる場所。これらを盛り込んでいて、かつ特別感のある体験ゴトがプラスされれば、無敵プランに!
 有馬温泉全体での取り組みに、大いに期待を寄せつつ閉会しました。

osk_171012_syufuyasumi_13

「陶泉 御所坊」の金井一博さん(中央)を囲んで、記念の集合写真を撮影しました

osk_171012_syufuyasumi_14
当日撮影した写真を、参加者がインスタグラムにアップ!
#主婦おもてなしサミットで検索してください。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 有馬温泉で第1回「主婦おもてなしサミット」を開催しました


会員登録・変更