1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 「あかし里親フォーラム」10月9日に開催 川嶋あいさんが「明石こども大使」に

「あかし里親フォーラム」10月9日に開催 川嶋あいさんが「明石こども大使」に

PR

「あかし里親フォーラム」10月9日に開催 川嶋あいさんが「明石こども大使」に

里親制度について理解を深めた一日

「あかし里親フォーラム」
10月9日に開催
川嶋あいさんが
「明石こども大使」に

里親制度について
理解を深めた一日

里親は子どもを育てたい親のためではなく、子どものための制度

osk_171019_akashisatooya_01

開場と同時に多くの人が集まりました

 10月9日、明石市のあかし市民広場で「あかし里親フォーラム」が開催されました。会場には、事前予約による330人が来場。
 泉房穂市長は「子どもたちが家庭的な環境で生活できるようにするには、地域で子どもを支える必要があります。本気で取り組んでいきます」と熱いあいさつで開会を宣言。
 第1部では、厚生労働省子ども家庭局家庭福祉課長の成松英範さんが、国の現状と取り組みについて解説しました。現在、社会的に養護が必要とされる子どもは約4万5000人。そのうち里親など家庭的な環境で生活しているのは2割にも満たないそう(平成28年3月現在)。「小学校入学前までの乳幼児に関しては里親への委託を75%以上にしていきたい」。
 続けて、里親として多くの子どもたちを受け入れている門脇和美さん、20年前に2歳の男の子を里子として迎えた畑尾美弥さん、里子を経て美弥さんの養子となった寛大(たかひろ)さんによるトークセッションが行われました。
 門脇さんは「ファミリーホーム」として1週間ほどの短期間から、これまで70人以上の子どもたちを受け入れてきました。「実の親ごさんに代わって子育ての応援をするという気持ち。一人一人事情が違いますが、血がつながっていなくても一緒にいる間は家族です」と話します。
 畑尾美弥さんは、寛大さんが2歳のとき里親となり、4歳で特別養子縁組をして法的に親子となりました。寛大さんからは、「僕にとっては今の家族が当たり前。生んでくれた親と育ててくれた親がいるだけ」という印象深い言葉が。
 美弥さんは「里親は子どもを育てたい親のためではなく、あくまで子どものための制度です」と強調。体験者ならではの重みのある発言でした。

osk_171019_akashisatooya_02

開会宣言で「あかし里親100%プロジェクト」への思いを話す、泉房穂市長

osk_171019_akashisatooya_03

厚生労働省子ども家庭局家庭福祉課長の成松英範さんが里親の現状を解説

 
osk_171019_akashisatooya_04

「ファミリーホーム」として子どもたちを受け入れる門脇和美さん

osk_171019_akashisatooya_05

“親子”となった経験を話す、畑尾美弥さん(左)と寛大さん(右)

 

子どもにとって、自分だけをみてくれる大人がいることが大きい

 続いて、シンガーソングライターの川嶋あいさんと、日本財団ソーシャルイノベーション本部福祉特別事業チームのチームリーダー、高橋恵里子さんがトークセッションを行いました。
 川嶋さんは、育ての親と共に歌手を目指した自身の体験を語り、「実の親ではないと知ったときは衝撃を受けましたが、不幸だと思ったことは一度もありません。子どもにとって、自分だけをみてくれる大人がいることが大きいと思います」。
 第2部では、「明石こども大使」に任命された川嶋さんの任命式と、スペシャルライブが。「旅立ちの日に」など5曲を熱唱し、「体の中を流れる血ではなく、心でつながる気持ちで親子になれると思います」とのメッセージで締めくくりました。
 登壇者の話にうなずき、真剣にメモを取る人の姿も。川嶋さんの伸びやかな歌声に、会場があたたかく包まれました。
 里親制度について、より多くの人に理解を深めてもらった一日でした。

osk_171019_akashisatooya_06

シンガーソングライターの川嶋あいさん(左)と、日本財団ソーシャルイノベーション本部福祉特別事業チームのチームリーダー、高橋恵里子さん(右)

osk_171019_akashisatooya_07

任命式で「明石こども大使」となった川嶋さん。泉市長と一緒に

 
osk_171019_akashisatooya_08

川嶋さんのスペシャルライブで、会場が盛り上がりました

osk_171019_akashisatooya_09

フォーラム終了後、「明石こども大使」の委嘱状を手にする川嶋さん

 

「あかし里親100%プロジェクト」のそのほかの記事はコチラ
明石市の里親に関する取り組みはコチラ

問い合わせは明石市福祉局子育て支援室児童相談所準備担当まで
TEL 078-918-5282
Eメール satooyasodan@city.akashi.lg.jp