1. 兵庫トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 旅行
  4. 残りわずか! 期間限定「尾道水道グルメクルーズ」に行ってきました

残りわずか! 期間限定「尾道水道グルメクルーズ」に行ってきました

残りわずか! 期間限定「尾道水道グルメクルーズ」に行ってきました

いつもは大阪市内の河川を運航している、大阪水上バスのクルーズ船「ひまわり」が
広島県の尾道水道に期間限定で登場。
そのクルーズを日帰りで体験してきました。

これはJR西日本が「せとうちキャンペーン」と連動して実施しているもの。
尾道まで運ばれた「ひまわり」が、川ではなく瀬戸内海を走るとは、
関西人の興味がそそられますね。

好天に恵まれた1月某日、新大阪駅から新幹線で出発。
福山駅で在来線に乗り換えて、約1時間30分で尾道駅に到着しました。
新幹線は、ゆったり2×2列の「さくら」指定席♪

尾道駅を降りると、きれいに整備されたロータリーの向こうにすぐ海が。
6月に運行開始の豪華観光列車「トワイライトエクスプレス 瑞風」が停車する尾道駅では
駅舎の改修も進められているそうです。

kurukuru0112-0

kurukuru0112-01

kurukuru0112-02

kurukuru0112-03

歩いてすぐの尾道港桟橋から「ひまわり」に乗船。
11時45分、ランチクルーズの出港です。

kurukuru0112-1

向島への渡船が行き交う尾道水道をぐるりと遊覧する、約1時間30分のコース。
まずは暖かい船内で、景色を楽しみながらランチをいただきます。
お料理は、地元の「レストラン尾道 レスポワール・ドゥ・カフェ」のもの。
大阪・北浜のフレンチレストラン「ルポンドシエル」が協力しているそうです。
落ち着いたインテリアの船内では、デザートタイムにはピアノの生演奏もあり
優雅な雰囲気でした。

kurukuru0112-19
(写真はJR西日本提供)

尾道駅周辺の景色を眺めていると
ほどなく美しい野菜のオードブルが。
蜂蜜マスタードと實廣醤油のオーロラソースの2種のソースでいただきます。

kurukuru0112-6

kurukuru0112-2

かわいいパンや、ガラス製と見間違うおしゃれなボトルのお水なども
ポイント高いです~。
お飲み物は、向島産のオレンジジュースやグラスワインなどが、
どれも500円(別料金)。

kurukuru0112-3

窓の向こうには、千光寺や尾道大橋などの見どころが次々に現れます。
kurukuru0112-7

kurukuru0112-8

お料理の方は、スーパースイートコーンのポタージュに続いて、
メインディッシュの瀬戸内魚介のブイヤベース。
エビやカニなど豪華な食材の下に隠れていた、
ふわふわの広島県江田島産カキのムースがおいしかったです!

kurukuru0112-4

写真ではわかりにくいのですが、尾道造船の大きな船のすぐ横も通過しました。

kurukuru0112-9

kurukuru0112-10

この後はデッキから海の風景を~。
お天気もよくて気持ちイイ!

kurukuru0112-11

再び尾道大橋・新尾道大橋の下を通過。
このクルーズは、関西などからJRとセットの旅行商品として登場しましたが、
クルーズのみでも申し込めるので、地元の方の利用もけっこうあるのだとか。
こちらも、「この橋の上はよく通っているけど、下から見たことはなかった」という尾道マダムでした。

kurukuru0112-12

kurukuru0112-12-1

乗船中、耳にやさしくわかりやすいアナウンスをされていたのは、尾道駅に勤務しているJR西日本の駅員の方。
この後は駅に戻ってお仕事なのだそうです。
kurukuru0112-13

締めくくりは、瀬戸内レモンのチーズケーキなど、3種のおいしいデザート。

kurukuru0112-5

13時15分に港に帰着。
造船所や渡船、橋などを間近に、
普段見られない角度から尾道の町を楽しんだクルーズはあっという間でした。

写真は、下船後に見た「ひまわり」。ちょっと不思議な感じですね。

kurukuru0112-14

この「尾道水道グルメクルーズ」は1月16日までの限定。
ランチのほかにティークルーズ、ディナークルーズも実施されています。
申し込みは2日前までなので、機会はあと少しですが、気になった人は問い合わせてみて。
ディナークルーズでは、向島ドックのクレーンのライトアップなどが見られるそうです。

kurukuru0112-17
(写真はJR西日本提供)

運航日:2017年1月16日(日)まで
◆ランチクルーズ(11:45~13:15) 6000円
◆ティークルーズ(14:50~16:20) 4500円
◆ディナークルーズ(17:30~19:30)10000円
【問い合わせ申し込み】
ナビダイヤル0570-07-5551(大阪水上バス予約センター)
※乗船日の2日前までに予約を

狭い尾道水道だけに、ずいぶん以前に乗った神戸湾のクルーズと比べるとほかの船や島がより間近に見られて、
スピードも緩やかでのんびりと楽しめた印象でした。
今回のクルーズ企画は終了してしまいますが、
展望台などから眺めたり、サイクリングで通る以外にも、
こんな新しいしまなみ海道の楽しみ方が増えるとうれしいですね。

尾道では、クルーズのほかにも、
ショップやレストランなどにリノベーションされた倉庫「ONOMICHI U2」や、「猫の細道」などの散策がオススメですよ。

kurukuru0112-15

kurukuru0112-16

kurukuru0112-18
(写真はJR西日本提供)

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 旅行
  4. 残りわずか! 期間限定「尾道水道グルメクルーズ」に行ってきました


会員登録・変更