1. 兵庫トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 退職後も住宅ローンがあり老後が心配です

退職後も住宅ローンがあり老後が心配です

退職後も住宅ローンがあり老後が心配です

Q:質問

退職後も住宅ローンがあり老後が心配です

 住宅ローンが夫の退職後の69歳まであり、老後の生活費が不安です。繰り上げ返済をした方がよいのでしょうか。また、どのくらい貯蓄すればよいかも気になります。長女と次女は就職し、三女はこの春から専門学校に入学。3年間で300万円の学費が必要です。毎月の貯蓄は特にせず、月末に残った分を貯蓄しています

(高槻市M)

A:回答

住宅ローンの返済方法の変更も検討

 三女が専門学校を卒業する3年後には、子育ても一段落。今度は自分たちの老後を、真剣に考える時期に差し掛かりますね。リタイア後を見据え、家計の見直しに取り組んでいきましょう。

 家計簿を見ると、食費がかなり高くなっています。家族が多く支出がかさんでいるのかもしれませんが、1割はカットできるはず。1週間1万8000円の予算を設定し、その範囲でやりくりしてみましょう。また、車のローンの負担が重く、家計を圧迫しています。完済後はできるだけ今の車に長く乗ることを、心掛けてください。

 退職後も続く住宅ローンを、繰り上げ返済をすべきか悩んでいるとのこと。手元にまとまった貯蓄があるなら、毎月の返済額を変えずに返済期間を短くする「期間短縮型」がおすすめ。教育資金の負担などで今は余力がないなら、車のローン返済後、その分を住宅ローンの返済に回す「条件変更」も一手です。毎月の返済額を増やすことで、住宅ローンの返済期間を縮められます。一度、金融機関に相談してみてもよいでしょう。

 一般的に退職までにためておきたい金額は、夫婦で3000万円~3500万円程度が目安です。退職金や個人年金も含めて、この金額をクリアできるよう頑張ってくださいね。

(エフピィ ハーモニー 八束和音)

家計簿

 1カ月の家計簿と相談内容、〒住所、氏名(紙上では匿名)、電話番号を書き、〒556-8515(住所不要)サンケイリビング新聞社「設計」係へ。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 退職後も住宅ローンがあり老後が心配です


暮らしのコラム

会員登録・変更