1. 兵庫トップ
  2. 若葉マークの移住通信
おでかけ

摘み草料理で食費軽減!

2017/4/24

冬季通行止めが解かれて、志賀高原・草津ルートが開通!雪の壁は高いところで7mあります。志賀高原スキー場はゴールデンウイークまで営業中。今年は雪が多くコンディションもいいみたい。

osk_0425雪の壁も、里には春が来ています。 

長野県内の道の駅をほぼ制覇、JA直売所も守備範囲にしていますが、いつ行っても「やっぱり、めっちゃ安いなぁ」と感心するのがJA中野市農産物産館オランチェ。この日は山菜が山積み! 雪山に囲まれていても春は春!

osk_0425オランチェ

100円均一コーナーに、山ウド、こごみ、フキノトウ、菜の花(長野では菜の花といえば、野沢菜)の大束などなど。きゅうりは15本入って110円。安さに目がくらんで買ってしまったけど、ちょっと後悔。福神漬け、醤油漬け、ピクルス、キッチンに立ちっぱなし。

 志賀高原から草津温泉へ。

道々、お饅頭屋さんが競うように蒸かしたての温泉まんじゅうを試食に差し出すから、3つ食べた段階で、お腹いっぱい。買う意欲ゼロ。こしあんのほか、黒糖あんや白あんのもあります。黒糖あんのは生地もこっくり黒糖味。(試食のお礼、罪滅ぼし?に一応PR…)

osk_0425温泉草津温泉から嬬恋のキャベツ畑を抜けて、山越えして帰宅。夕方から小諸懐古園の夜桜へ。懐古園は開花が遅く、この日ようやく満開。

昼間は入場料がいるのに、夜桜は入場無料!

無料の理由はすぐわかった。

夜桜ゆうても、ライトアップはほんのわずか。ほぼ暗闇、桜も暗闇に沈んで見えません。しかも寒い。車に戻った時に外気温を見たら7℃7時半で)。それでも芝生広場で女子会!火気厳禁なので、バーベキューや鍋など温かメニューはなく、冷めたいオードブルと冷やさなくても十分冷たいビールで夜桜女子会。

osk_0425小諸屋台が一軒もなく、騒がしくないのはいいとこだけど。

先週行った、上田城や臥竜公園には、屋台がズラリ。「大阪焼」なんてゆうものもありました。大阪にはありません、大阪焼。

osk_0425大阪焼き

 

桜を追う日々も終わりました。穏やかな日常が戻ってきます。

 

今、はまっているのは、「摘み草料理」。京都の料亭みたい。

ヒメオドリコソウ、ツクシ、セリ、ノカンゾウはどこにでも見つかる。タラの芽とワラビ、コゴミは庭にある。フキノトウだけが見つからない。職場の人は、庭にいくらでもある、近所の人に山ほどもらう、と景気がいい。フキ味噌も美味しいし、天ぷらも間違いない。

osk_0425つくし

osk_0425セリ

朝晩は相変わらず0近くまで冷え込むけれど、日中はポカポカ。そろそろ野菜の苗を買いに行こう。

ヒートテックを脱ぐ日も近い(と、信じたい)。

 

おでかけ | コメント (1)

おでかけ

桜と新酒、春は忙しい

2017/4/19

「世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」ですわ。

 

花を追いかけて西に東に、忙しい。

「さくら名所100選」は、長野に三カ所。

osk_0420臥龍桜

伊那の高遠城址公園、小諸城址懐古園、そして写真の須坂の臥竜公園。

一周約800mの竜ヶ池をソメイヨシノや枝垂桜、小彼岸、河津桜、山桜などが縁取ります。

背景に、北信三山の飯綱、黒姫、妙高。雪山と桜、長野ならでは。

しかし、ここも意外と空いている。

 

と、思ったら、なーんだ「花より団子」!

公園すぐ近くの「遠藤酒造」の「花もだんごも蔵開き」会場は、名物の黒おでんや焼き鳥を1200円、300円のお酒と楽しむ人でごった返していました。

もちろん利き酒コーナーあり!

osk_0420須坂酒蔵

利きちょこを300円で買って、10種以上が飲み放題。

お酒は飲めないから、全種飲んでいたら、絶対酔っぱらってしまう。だから純米吟醸だけを選んで飲む。我ながらセコい。

いい塩梅で、次の目的地「七味温泉」へ。

 osk_0420七味温泉

誰もいないから、写真もバッチリ。

残雪の雪山、雪解け水の渓流。ほぼ貸し切りで600円。

長野の温泉数は、北海道につぐ第2位。

 

そこから車5分ほどの「信州高山アンチエイジングの里 スパ・ワインセンター」へ。

高山村もワインぶどうの栽培に取り組んでいます。

この日は、まぁ!なんということでしょう!ワインの試飲をしているではありませんか。

通常100円だけど、まぁいいわ、ってことで、ロゼと白を結構たっぷり注いでくれた。

白は、地元高校生が醸造したそう。

「未成年なのに?」

「先生とPTAが試飲したらしい」

そんなPTA活動初めて聞いた。

 

この時期、あちこちの酒蔵で新酒祭りがおこなわれています。

桜も忙しいけれど、利き酒も忙しい。

osk_0420千曲錦

これは、佐久の「千曲錦」の新酒祭り。カップ酒はおみやげにもらえます。

 

GWになると渋滞必至、近づけなくなる前に、軽井沢へ。

ogosso」(おごっそ、長野で「ごちそう」の意味)

アド街ック天国で上位にランキングしていた限定20食「SUPER親子丼」。炭火焼きの手羽を骨から外して、定番の「ぎたろう軍鶏の親子丼」に加えたゼイタクな丼で1600円。でも、柔らかくてジューシーなシャモを使った定番丼で、わたしは十分満足!300円も安いし。

この丼のご飯は東御の八重原米です。一日の寒暖差が大きい気候と、強粘土質の土壌が、香りや甘味、粘りのある美味しいお米を育みます。

 osk_0410親子丼

3日勤務は、丁度いい感じ。

夕方5時半頃に勤務を終え、6時には帰宅。

明るいうちに帰宅しないとちょっと怖い。

雨の日は、もっと急がなければなりません。

下界が雨でも、標高1000mでは濃霧。

日がおちてからの霧は、ただただ恐怖。

老眼だから見えないのではありません。

たとえ視力2.0でもなんも見えません。

夜のおでかけゼロ。このトシになってようやく品行方正!命に代えられない。

 

 

 

 

 

おでかけ | コメント (0)

ライフスタイル

混んでいるけど混んでない上田城跡公園夜桜

2017/4/15

なんとか立ち直った。というか、吹っ切れた。もう大丈夫、多分。
真央ちゃん引退の特番を追いかけ、何度も泣く、〝涙活“と、
ようやく暖かくなって、春服に着替えられたのと、
ランチに一緒行ける同僚ができたのと、
お隣の農園で、ベビーリーフを摘んだり、種を蒔いたり、おしゃべりしたりする一番好きな時間が戻ってきたのと。
こちらの中学校は、今週、修学旅行でした。
早朝5時前に出発してバスで京都、奈良へ2泊3日。
何年も前からの定番コース。
先日、ランチで隣に座った人が、「修学旅行で行った奈良が気に入って、奈良の大学を選んだ」って。関西人としてうれしかった。
「長野の人って、初めは壁を作るけど、関西の人って、壁ないよね~」と、お褒めの言葉(かな?)もいただきました。
春が来た、と言ったけど、標高1000mでは、毎朝霜が下りて、桜のつぼみも固いまま。
庭も超殺風景。
osk_0415つぼみ
しかし!
ウッドデッキ完成間近!
朝夕は0℃近くまで冷え込んでも日中は20℃。
工務店のおっちゃんは、晴れの日しか来ません。
9時前に来て、正午にお弁当を食べ、こんな風にコーヒー&スイーツで一服して2時過ぎに引き上げていきます。
osk_0415デッキ
土曜の今日は、上田のコラボ食堂のお手伝い。
適当なレシピで作った蕎麦団子~クルミ味噌添え~、なかなか好評。
地元の有機そば粉と、白玉粉、「信州ファーム」の豆腐とビート糖少々で作ります。
時間がたっても硬くならず、蕎麦の風味も十分、なめらかな舌ざわり。
今週、試作2回、飽きるくらい食べた甲斐がありました。
クルミは東御市が全国一の生産量を誇る特産品。
悪玉コレストロールを減らすなど、ヘルシーなスーパーフードです。
osk_0415コラボ
5月5日は、箕面・彩都の「コラボ食堂」のお当番。
分けてもらったそば粉で、蕎麦団子入りかす汁にしようかなぁ。
酒粕は、前回激ホメした「真澄」蔵元で買っといたし。
料理のことを考えるとワクワクする!
大阪に帰るのもうれしい。
上田城跡公園は、今、桜満開。
コラボ食堂の帰りに夜桜へ。
osk_0415上田城
混んでいるけど、混んでいない。
多分、一年で一番混んでいるんだろうけど、人の頭が邪魔で写真が取れないこともないし、意に反して立ち止まることもない。
夙川や嵯峨野、大阪城公園とは大違い。
のんびり、そぞろ歩きで夜桜見物。
長野は広く、標高差もあるので、満開になったエリアもあれば、東御のようにようやく咲き始めるところも。お花見シーズンが長いから、楽しみも長~く続きます。

ライフスタイル | コメント (0)

移住あれこれ

気晴らし、320円也

2017/4/11

0410_osk種まき

ビーツの種まき。

苗が育つ頃には、暖かくなる。そしたら、畑に植え替え。

土を入れて、種をおいて、土をかけて、水やり。

たこ焼きみたいやなぁ。

ちゃんと美味しいたこ焼きが食べたいなぁ。

 

出先で、カーナビを「自宅」にセットした。

ナビのお姉さんは、インター入口を案内してくる。

ん?

あぁ、それちゃうねん。

450km、所要5時間半。

ほんとに遠いなぁ、大阪。

 

すでにホームシック。

大阪に帰っても、もう家族みんなに会うことはできないのに。

みんなそれぞれの場所で頑張ってるはず。

母も頑張らなあかん。

3日の勤めも始めた。

 

気晴らしは、試飲に限る!

雪の残る白樺湖を経て、諏訪「真澄」へ。

320円で純米吟醸など、キリッと冷えた5種を試飲できます。

火入れをしていない香り高い生酒が、マイブーム。

お酒の苦手な私には、白ワインよりずっと飲みやすい。

少しずついろいろ味わえる試飲も私にはぴったり。

 0410_oskワイン

これ、買いました。大寒仕込みのしぼりたて純米吟醸酒「うすにごり」。酸味もあって、香りも強いから、味オンチの私でも分かる、美味しいっ!

しかし、食事に合わせるなら、可愛い味の「山花」ゆうのが良かったかも。グラスは試飲でもらったもの。ますますお得でしょ、320円の試飲。

ワインは、サンクゼール軽井沢店限定の「山系ピノ・ノワール2013」。限定495本の希少な一本。これも試飲して購入。

大阪で試飲といえば、カルディのコーヒーだけど、長野では、ワインや日本酒~!

 

試飲ですっかりいい気分。

丸髙蔵で、焼きおにぎりと豚汁をいただきました。

おにぎりは、完璧な三角をしているのに、口の中でほろほろ崩れるやわらかさ。

ひとつひとつ手で握っているとのこと。プロはすごい。

豚汁は、大きな漆のお椀にたっぷり具だくさん。

14割味噌を使っています。

14割味噌というのは、麹が大豆の1.4倍使われている甘めの贅沢なお味噌。

大満足の昼食でした。

丸高蔵は、真澄と同じ、創業1662年の宮坂醸造。

 今度、お友達が来たら、ちょっと遠いけど、連れて行ってあげよう!!

試飲もね。

osk_0410おにぎり

 

osk_0410みそ 

で、今日、真央ちゃん引退。

仕事や子育てで疲れた時、真央ちゃんの頑張る姿にどれだけ勇気づけられたことか。

真央ちゃんは、次に行く。

私も、ここで頑張る。

一度決めたことだ。

落ち込んだら、寂しくなったら、試飲に行こう。

移住あれこれ | コメント (4)

ライフスタイル

春は突然に

2017/4/6

恐れていたことが・・・
4月なのに雪
恐るべし、標高1000m超。
osk_0405雪
 :
大阪から東御への一番簡単な車ルートは、名神「吹田」→中央道→長野道→信越自動車道「東部湯の丸」
これだと、長野に入ってからかなり大回りするうえ、高速料金も高くなる。
なので、中央道「岡谷」から一般道を走る。
でも今回は「諏訪」から一般道。
 :
「カンブリア宮殿」で紹介されていた「いちやまマート」に行くため!!
「安心安全無添加」の調味料、「グルテンフリー」のスナック菓子、「漢方飼料飼育」のポーク、そして、合成添加物無添加で素材と製造方法にこだわったオリジナルブランドの「美味安心」、健康にとことんこだわっています。
 :
osk_0405いちやまマート    見た目は普通の中堅スーパーやねんけど
 :
osk_0405たらのめ天ぷら
    タラの芽がドーン!で、この安さ
 :
私が買ったのは、これもカンブリア宮殿で見た、東洋ライスの「金芽ロウカット玄米」。白米と同じ炊き方でふんわり、栄養価は玄米並み。
 :
osk_0405お米
 :
osk_0405農園
 :
雪の翌日、明るい日差しに、見る間に雪が溶けて、一気に春。
 :
わー!久しぶり~!元気やった~?農園のお友達に再会。
ビニールハウスの中は、汗が吹き出る暑さ※。
※ヒートテック2枚重ね+フリース+スキーウエアの場合。
 :
大好きなおばあちゃんが「よしこさ~ん!」って会いに来てくれた。
冬寒かった?大丈夫やった?
 :
東御はもうすっかりわたしのふるさと。
 :
ポカポカ陽気の中、我らが東御の玄関口、しなの鉄道「田中」駅が昨夏からの改修工事を終えて、華々しくグランドオープン。なんだかうれしい。東御バンザイ!
 :
osk_0405田中駅
 :
しなの鉄道の観光列車「ろくもん」は、軽井沢⇔長野(戸倉)の車窓を楽しみながら、信州ワインや食事が味わえるプランが好評。
しかし!乗ったことない!
Too expensive!!
でも、いつか乗ってみせる!

ライフスタイル | コメント (2)

ライフスタイル

未練タラタラ

2017/3/30

4月から移住生活セカンドシーズンが始まります~

で、今、残り僅かな都会生活を大慌てで楽しんでます。ゆうか、あがいてます。

 

洋服なんていらへんわと、半年前、山の上で叫んだのに、

買うてもうた。

夫が、デロンギの全自動コーヒーマシンが見たいというので、出かけたのに。

コーヒーマシンの前で試案している夫に、

「もうお金ないで。それ、また今度にしよ」

0330_oskデロンギ    これがほしいねんて。しばらく無理やな。20万円やもん

 

「バンカジ」こと「バンヤードストーム」、若いママ向けブランドと思ってたけど、スタッフが、頑張って見立ててくれたお陰で、バランス悪くて無理だと思ってたフレアパンツや細かいプリーツのロングスカート、抜け襟のシャツなどなど自分では、絶対選ばないアイテムが購入できた。値段も全然許容範囲。

やっぱ、関西の店員さんは、グイグイくるから、内気な私にはええわ。

試着室に、これも着てみて!でもこっちかな~?って頼みもしないのに、どんどん持ってくる。もちろん、完璧な関西弁を話して気持ちいい。

 

ひさびさの三宮で食べたのは、ぐるナビの評価が高かった、「ショナ・ルパ」。

マダムによると、北インドの綺麗な宮廷料理とのこと。

だから、お皿はどれも、美しい洋皿。

辛さ控えめ。

そして野菜カレーにはワカメが!

でもとろみになるし、ダシも出る。

(で、早速、家でも実行した。カレーの味を邪魔しないし、体にいいし、定番にしよ)

 

で、デザート登場。

なんか見たことのあるお皿やなぁ。

玉村豊男さんのお皿だ!

0330_oskお皿

「これ、東御のヴィラデストのお皿ですよね?!なんで?」

「向こうにお友達がいて、よく遊びに行くのよ」

以前は旧軽井沢でお店しててんて。

でも軽井沢は寒いから、シェフが嫌がって、まぁ、それだけやないと思うけど、店を閉めてんて。

東御&軽井沢ネタでめちゃ盛り上がった。

カレーも前菜のスープもナンも美味しかった(特にトマトスープ濃厚で絶品やった)けど、この出会いが一番の喜び!

 

 

長野で日本酒に目覚めた夫。(ワインにも目覚めたが)。

灘の白鶴酒造資料館へ。

大正期建造の酒蔵を利用して、酒造工程や作業内容を立体的に展示しています。

お楽しみは売店コーナー、いや、利き酒コーナーでしょう。

0330_osk試飲

売店にも売っていないしぼりたてほやほや生酒もあります。

飲み比べて、あれ?さっきのどうなやったっけ。ともう一杯。

全種飲み終え、顔を上げると、「一人各種一杯ずつ」の注意書き。あとの祭り。

売店には、大吟醸の化粧水などスキンケアや、酒粕など、お酒以外のものもいろいろ。

おススメです。

入場はもち、無料です。

 

田舎モードにコンタクトを買い替え、

「ラ・ラ・ランド」を見、

親友と別れを惜しみ、

美容院へ行き、

森のおはぎ(豊中・岡町)を食べ、

0330_oskおはぎ

カワカミコーヒーロースター(吹田・山田)のコーヒーチケットを使いきるために通い、

0330_osk川上コーヒー

1日、出発です。

 

また、泣くんやろな、天王山トンネルあたりで。

4月から長男が家を出るので、いよいよ、一家離散!

光熱費基本料金4世帯分!

ちゃうちゃう、もうみんな自分の分は自分で払うんやった。

ケータイ代もそれぞれの口座から落ちるように変更した。

あたしもいい加減、子離れしないと。

お泊まり保育に預けて、泣きながら手を振った20年前のわたしがまだいる。

もの忘れが激しくなって、近くが見えにくくなって、月に1回はカラーリングしないといけなくなって、すっかりオバちゃんになったのに。

 

で、次回からは、ようやく、表題どおり「若葉マークの移住通信」をお届けできます。

全然”移住通信”になってなくて心苦しかったんです。

でも、まだ寒かったわ、って帰ってきてたらゴメンやっしゃ。

 

ライフスタイル | コメント (0)

移住あれこれ

大阪弁で行こう

2017/3/6

前回のブログ、標準語になってる~!

 半年強にわたる標準語圏ライフのせいやわ。

 

 寒さ厳しく、今の暮らしのメインは大阪。

冬の間じゅう、大阪弁を聞き、話しているうちに、大阪弁がブラッシュUP!というか、矯正されてきた。

今や、書き言葉も大阪弁!

久々に更新の今回は、ネイティブ大阪弁で行こう。

 

別荘は、住んでへんかてガス、電気、水道、NTT、ネットの基本料金が引き落とされる(夫の口座やけど)から、使わなもったいない。

せやけど車はしんどいし、凍結も恐いしなぁ、電車は高いしなぁ。

で、ハイウエイバス。

近鉄バスで東梅田を夜9時に出て、軽井沢に翌朝8時に到着。

11時間!9800円

 

 170307_oskオムレツ

軽井沢には、朝早くから営業しているカフェやレストランがたくさん。氷点下のテラスで朝食をとるワンコ連れも!今回は、南軽井沢の「シェリダン」へ。これ、看板商品のスモークサーモンのオムレツ。奥は、白身だけのオムレツ。中にはピーマンやら玉ねぎやらトマトなどなど。優しいささやかな塩分。お菓子作りで卵黄だけ使って、白身が余ったときは、白身オムレツを作りましょう。

 

 170307_oskストーブ

夜は、久々の別荘ナイト。灯油ストーブでグリル。暖房兼調理、こうゆう節約大好き。ソーセージは、昨年秋に、東御市で一番大きな駅「田中」の近くにオープンした「ソーセージ ハム男」で購入。速攻で食べてしもたから写真には写ってないけれど、ラムのソーセージ、肉臭さがいい感じ、ラム食べてるぜってしっかりした味!

また買わなあかん。他のも気になる。

  

スキーをするなら、あさイチ。

翌朝8時、リフト営業開始と共に、リフト乗車。 

170307_oskスキー 遠くに北アルプスがくっきり。湯の丸高原スキー場は、本日も視界良好!

 

そして、5時間後。ついに転倒。

そこで気づいた。斜面で板ようつけへんのやった。

ゲレンデのど真ん中で、オタオタ。

疲れが足にきているせいもあって、片足をあげるだけでフラフラ。

その時、

「板、押さえてあげるから!」

と、神の声。

「若いんだから、頑張って!」

「え?若くないんですぅ~わたし」

「何言ってるの!わたしなんて60よ!」

「あ、負けました」

こうした老々介護で、わたしは窮地を脱し、その足で、ゲレンデを去りました。

無理したらあかん。

身体は正直。トシを考えなあかん。

そして、オバサンになると、男性が助けてくれる確率はゼロだという残酷な現実を思い知りました。

 

長距離バス11時間とスキー5時間でもうヘトヘト。

その夜の宿泊は軽井沢。ホテルのプールで泳ぐ予定やったけど、さずがにあきらめた。宿泊者は無料やから、ほんま悔しい。断腸のおもい。

 

しんどいけど、氷点下の夜の旧軽井沢を歩いて「エンボカ」へ。

ピザ生地がもちもち、でも軽やか。

生地が絶対においしい。生地だけ食べ続けられるくらいおいしい。

代々木上原と京都にもお店があるけれど、本店の軽井沢が素材の多彩さで一番やと思う。

0307_osk燻製

0307_osk焼く野菜

魚介と肉の燻製

焼き野菜

ユリ根のピザ、フキノトウのピザ

冬の甘さ、春の苦さ。季節感じる~

 0307_osk東急

優雅な朝を迎えて、チェックアウト。

みんな、新幹線で東京に帰るんやろなぁ~

いいなぁ

あたしは、バスやねん。腰痛くなるねん

 

そう、帰りは、長野駅前からハイウエイバス。

昼2時過ぎに出て、大阪夜8時半。

6時間ちょい。11時間に比べたら、全然マシ。

 

 

そして、週末は彩都のコラボ食堂のお当番。

ポカポカ陽気のせいか、お客さんが途絶えることなく、1120分開店で、1時完売。

ヘトヘト。

無理したらあかん。

トシを考えなあかん。

こうして、疲れ果てて、今に至る。

 

今、流行りの2地域居住を考えている人へ。

近い方がええ。遠くても新幹線とかでしゅっと行けるところがええ。

移住あれこれ | コメント (0)

グルメ&スイーツ

越冬は不可能だ

2017/1/11

標高1000mで越冬は不可能です。

光熱費節減に命をかけるわたしには、高すぎるプロパンガス料金と、灯油経費が我慢ならんのです。

凍結道路や濃霧の中の運転も命がけだし、

運動不足を解消しようとお散歩に出ようものなら、氷点下8度の世界。立ち止まったら凍死しそう。お散歩すら生命の危険と隣り合わせ。

 

でも、スキー場まで10分!

9時に家を出たら、9時15分には、リフト乗り場に並んでいる。

気温は氷点下でも日差し温かい晴天を選んで出かけるから、いつも、槍ヶ岳~白馬三山など北アルプス、御岳山などが見晴らせて、気分はあがる。

osk_0111スキー火曜と水曜はレディースデーなので通常3500円→2000円。60才になれば、シルバーデーの金曜は1000円!

リフトに並んでいると、後ろで、

「大掃除する予定だったけど、天気がいいから来ちゃった」と、しわがれた声。

ゴーグルにネックウォーマー、顔が見えないから、それまで気づかなかったけど、おばちゃん、おじいちゃんスキーヤーが結構多い。スキーはいい運動だ。

 

スキーの後は、市民御用達の「ゆーふるたなか」。

エクササイズスタジオ、プール、温泉がある施設で、しなの電鉄「田中」駅前にあります。温泉は500円。施設利用で駐車8時間無料。道路凍結の恐れのある夜に、東京から来る旦那を迎えに行かなければならない時は、安全な明るいうち に来てお風呂に入って、お茶して、テレビみて、本を読んで3時間過ごすこともあります。

「大阪から?いいわね、大阪、おいしいものたくさんあって」

と、ある日の露天風呂での会話。

あたしは、全力で否定します。こんなに野菜やお米がおいしいところってないよ、水も全然違うよって。

ずっとここに住んでいる人も、冬の寒さは堪えるみたい。

「これからまだまだ寒くなると思うとね~。大阪も寒い?」

家族みんなが風邪ひくんだって。寒さに慣れているから風邪なんてひかないのかと思ってた。

 

もうひとつの冬の楽しみは日本海のお魚。

直江津の地魚の店「軍ちゃん」再訪。

のどぐろは、塩焼きにしてもらって、アイナメは甘辛く煮てもらった。地魚いろいろは刺身で。

osk_刺身osk_0111のどぐろ

帰りは漁港近くで、寒ブリの短冊を購入。

 

冬は、和食でほっこり、が気分。

軽井沢の塩沢にあった「御厨」が、発地に移転。これまで冬はお休みしていたけれど、新店になって、通年営業に。

かまど炊きご飯がふんわり、甘く、おこげは香ばしく。野沢菜漬けの天ぷら!?も美味しかった。

osk_0111御厨

 

osk_0111善光寺初詣は善光寺。

我が家の初詣は10年ほど前から善光寺。

年末年始をスキー場や温泉で迎えていたからだけど、善光寺初詣を始めてからなんだかツイている気がするので、継続中。

「そう思ってお参りしているなら、善光寺さんも喜んでるよ」と、近所のおばあちゃんが言ってくれた。おばあちゃんは、私が早口の大阪弁で話しても、絶妙に返してくる。そして、いいこと、楽しい思い出しか話さない。だからすごくHAPPYな気持ちになれる。きれいな二重の大きな目をしていて、90歳オーバーの今もとても美人。大好き。尊敬。

長野まで出たついでに、オリンピック道路で白馬へ。今年は雪が少ない。正月なのに、岩岳に雪はほとんどない。

白馬は外国人スキーヤーに人気。なので、いつの頃からかハンバーガー屋さんが増えてきた。でもこれ、どうやって食べるのが正解なのだろう?玉ねぎフライが甘くておいしかった。 osk_0111ハンバーガー

osk_0111白馬

 

「お前の好きそうな店見つけた!」と夫。

渋谷にある、うみとはたけ「ぽつらぽつら」。

フレンチ経験のあるシェフによる和食。ビフグルマンの星も獲得している。

ブログを読むと、東御の「ヴィラデスト」と「アトリエドフロマージュ」を訪れている。

勝手に親近感。

 

カウンター席だったので、包丁さばきも、肉や野菜の火の通し方も、もりつけも、土鍋のご飯の炊き方もしっかり見れた。それをほとんどひとりでこなしながら、満席(18席)のお客さんの食べるペースやお酒のペースに目配りしながら、サーブしていく。しかもカウンターじゅうのお客さんに話をふる。笑い声が上がり、店じゅうが楽しい雰囲気。そして、イケメン♡

前菜(八寸?)は豆皿で8種。旬野菜のテリーヌ、刺身、白子と海老芋の春巻き、ごぼうのすり流し、グリル野菜とポーク、新玉ねぎと葉の花、自家製ドライトマトと真蛸の炊き込みご飯などなど。osk_0111八寸osk_0111テリーヌお酒は「フルーティーなものを」とオーダー。一口含んだとたん、舌がきれいで爽やかになった。京都の「まつもと」。

ワインは全部、日本ワイン。和食には、日本ワインの方が合うのだろう。

おいしかった。楽しかった。大雨の夜だったけど、布団に入って眠るまで、余韻は続いた。

グルメ&スイーツ | コメント (1)

趣味

流行にキャッチアップ!

2016/12/8

遅ればせながら、「君の名は」見てきました。

興行収入200億円、観客動員延べ1600万人。

壮大なストーリー。そして哲学的。ロマンチック。

この映画が10代の心に刺さるというのが、うれしいね、と同年代の友人とタオルハンカチで涙を拭きながら映画館を後にした。

これから何にでもなれる、これから人生のメインが始まる、若さがまぶしい…。

 

「ファンタジックビースト」も見た。

「ハリーポッター」をスクリーンで見て育った息子も今や、社会人。何度もDVDを見まくったせいで、呪文どころか、次のセリフも言えたりします。そんな彼が、

「絶対見た方がいい。ハリーポッターと違って、感動がある」

感動がある、それ大事。

TOHOシネマズ箕面へ。車でひとっ走り。近いなあ。

ちなみに東御市に映画館はありません。

いきなり不思議な世界に引き込まれ、終盤は激しい展開に口は半開き、そして涙ほろり。

しかし、家に帰って感想を話そうにも、主人公の名前すら出てこない。

思い出せない、思い出せない、君の名は?…

 

大好きなパン屋さん「小麦のうた」(豊中市中桜塚5)の息子さんも、ハリーポッターで育った世代というので、おススメしといた。

osk_161207パン「小麦のうた」は、パン教室も開いています。

お店をしながら、パン作りを教えているので、お客さんがくるたびに、手は止まります。

「お店は二人でやっているの?」と、生徒の私をお店の人と間違えるお客さんもいます。

パンを作りながら、おいしい蜂蜜やオリーブオイル、コーヒー豆のお店、酵素ジュースの作り方、カビが生えないスーパーのパンってどうなん?などなど、ずっと食べ物の話で盛り上がって、試作の試食をしたり、ハーブティーや酵素ジュースを飲んだりして約3時間。

この日で三回目だけど、1回習っただけで、これまで「焼きたてはおいしいけど、翌日はカチカチ」の自己流から脱却。

天然酵母のパンを上手に焼けるようになれば、農園のみんなも喜ぶだろうし、コラボ食堂のランチにパンが出せるかもしれないし。

というのは、最終目標であって、当面は、パンを買いに山を下りるガソリンの節約のため。

 

で、そのコラボ食堂。またしてもお隣の農園さんの多大なるバックアップで、今回も有機野菜たっぷり。小カブ、カブの葉、大根、赤大根、ミニ人参、ジャガイモいろいろ、豆もいろいろ、白菜等々。紅玉やサンフジ、洋ナシも長野で買ってきました。豆腐もツルヤで買い込んできた。長野産大豆ギンレイのお豆腐。118円なのに、水切りしなくても、大豆の味がしっかりしている。

osk_161207野菜

トマト+サバの水煮缶+醤油+水=トマト鯖汁が、一番人気。作り方は簡単。合わせるだけ。醤油を入れすぎたときは、水を足せばOK。鯖缶は阪急オアシスの「銚子漁港水揚げさば水煮」、トマトは夏に食べきれないで冷凍していたグリーンゼブラなどいろいろ混ぜて。脂がトロトロで、いつまでもお椀がアツアツ。

osk_161207コラボ

エノキの天ぷらも簡単。これは、長野の帰りに寄った、茅野の「手打ち蕎麦切り 蓼山亭」の天ぷら盛り合わせのものの真似。蓼山亭は、自家栽培、自家製粉の蕎麦専門店で、10割蕎麦と二八蕎麦を提供。そのまま味わう塩で味わうつゆで味わう(薬味なし)、と、食べ方も指定されています。厳しい目をした名人が怖くて萎縮しましたが、奥様がおやさしい。

osk_161207そば

「お店のことをどのようにお知りになられたの?」「まあ、大阪から!ありがとうございます」。笑顔と丁寧な言葉が、皇后さまみたい。

待ちに待った新そば、しかも、名人の誉れ高い蓼山亭。これまで食べた蕎麦の中で一番甘かった。全く蕎麦を浸すことなく、まんま残ったつゆは、そのまま口に含んでみた。甘い辛いでなく、まろやかな出汁の味。残すなんてありえない。蕎麦湯で完食(完飲?)。

香りは新そばだけど、一般的に、蕎麦が一番おいしいのは、1月、2月だそう。何かの本で読みました。

趣味 | コメント (0)

ライフスタイル

市民プールに行くくらいの感覚で、スキー天国へ~♪

2016/11/26

osk_161126秋の庭

一夜にして

osk_161126冬の庭1124日は、最低気温-7℃、最高気温-2℃。

ユニクロ極暖に、フリース、セーター、マムートのプルオーバー、登山用ブルゾンを重ね、スキー用パンツの下にも極暖スパッツ。これで、絶対寒くない!と、準備万端で農作業に備えたものの、雪で畑に入れず、この日は屋内作業のみ。

 雪が積もれば、スキーだ!

農作業と全く同じ着ぶくれファッションで、車で10分の湯の丸スキー場へ向かうもリフトに長い列。なので、さらに10分先の鹿沢スノーエリアへ。 osk_161126スキー

夫「オバサンやのにスキー。ほんま感心するわ~。勇気あるわ~」

私「オバサンでもスキーしてる人ようけおるで」

「それは、上手い人」

「・・・」

「そもそもオープン初日に駆けつけるのは、上級者」

「・・・」

 

スキーは10年ぶり。すっかり、スキー全然やったことを忘れていた。

でも楽しかったし、いい汗かいて、心地よく疲れて大満足。

帰りに鹿沢温泉で入浴。他にお客さんはいなくて、貸し切り状態。500円。

市民プールに行くくらいの気軽さで、スキー&源泉かけながし温泉。

いやーほんま、ぜいたくな話。

 

ここからは、「若葉マークの移住通信」でなく、「食いしん坊バンザイ」 

 

長野にないもの。その1

ガッツリ肉食とイケメン

先週、大阪に帰った時、ハービスプラザENT「バルバッコア」へ

シュラスコ食べ放題のブラジル料理。

ラテン系イケメンが、牛、ラム、豚の塊を各テーブルを回ってサーブしてくれます。

もうギブアップ!って時には、コインを裏返します。

裏返したけど、まだいける!って時は、また表にします。

表・裏を繰り返し、2時間食べまくり、デザートブッフェも山盛り食べて、お腹いっぱい。

おしゃべりと咀嚼で顎が疲れた疲れた。

オオバコの賑やかな店だから、遠慮なく騒げます~。PTAの打ち上げなんかいいかも~

osk_161126シュラスコ

 

長野にないもの。その2

魚!(川魚はあります。鯉やマス、アマゴ、鮎など)

ピチピチの魚が食べたい!

テレビで見た、新潟県直江津「軍ちゃん」へ。

土日は行列ができる、地元で人気の地魚のお店。

海鮮丼には、メギス、カレイ、レンコダイ、ワラサ、タラ、サゴシ、石モチ、イクラ、などなど。

タラやサゴシ、メギスを刺身で食べるのありなんやわ~

すっきり爽やかな甘さ、いつまでも口の中にとどまってほしいと思うのに、ねっとり、プッチョりした食感に、噛み噛みしたくなってしまう。

ヒメジの唐揚げも初めて。ヒメジは、見た目、小鯛のミニチュアっぽい。小さいけれど、ふんわりぽってり身がついているから、味もしっかり。

カウンター隣の席の熟年ご夫婦は、東京から。

なんと4回目の来店だそう。

板前さんも交えて、しばし魚談義。山菜談義、米談義

雪解け水で育つお米がおいしい。

わらびは摘めば摘むほど、株が強くなる。

ノドグロは、秋の産卵に備えて脂肪を蓄える夏がおいしい。などなど。

osk_161126海鮮

 ついでに、飯綱町のサンクゼール本店へ。

osk_161126サンクゼール

社長の久世さんが、若いころに旅したフランスの豊かな田舎にあこがれて開いたワイナリー・ヴィンヤードが始まりで(と、テレビ東京「カンブリア宮殿」で紹介されてました)、今では全国に100店舗を展開しています。

11月末日までは、100店舗達成記念で、お買い物をするとジャムをプレゼント!

おお!ぎりセーフではないか!

ワインを購入して、非売品のジャムをゲット。

osk_161126ワイン

 

東御の南隣りの佐久市。春日温泉そばの「さんざ」

シェフは、スイスの日本大使館公邸元料理長(と、人から聞いた)。

前菜、スープ、香茸の洋風茶碗蒸し、魚、肉、デザート、コーヒーのコース。

お野菜は全部有機。ヤーコンのソテーがシャキシャキ甘い甘い。

デザートは、タルトタタンと紅玉ジェラード。

で、写真のプリンはおまけ。

osk_161126プリン

osk_161126コッコ

お庭で放し飼いのコッコちゃんが頑張って卵を産んでくれたからなんですって。

コッコちゃんの姉妹は、卵を産まなくなったので、スープになったそうです~

そんなシュールな話を笑顔でしちゃう奥様も、帰り際、見送りに出てきてくれたシェフも、温かくて、誠実な感じ。

やさしい空気がながれて、ときどき笑い声があがって、とってもいい雰囲気のレストランでした。もち、正統フレンチも、それはそれはおいしいものでした。

春日温泉の旅館を1泊朝食で利用して、夕食をここで食べる人も多いそう。温泉旅行だけど、フレンチ。いいかも~

 

都会では、クリスマスイルミネーションなんてもう当たり前だけれど、田舎では見かけることはありません。暗くて寒いだけの冬の夜。一応、わたしも憂鬱になります。

しかし!軽井沢!さすが軽井沢!

osk_1126イルミネーション 

 

ライフスタイル | コメント (0)

  1. 兵庫トップ
  2. 若葉マークの移住通信


会員登録・変更