1. 兵庫トップ
  2. コスメドレッシング
日記

東京スカイツリーと鯉のぼり

2017/4/22

数日間、東京に行ってました。

P_20170421_164720

こちらはスカイツリー。
私は、まだ昇ったことはありません。

ツリーと、桜の相性が良いなあ~と思い、近場からパチリ♪
白と、薄紅色って合いますね。

P_20170421_152100

そして広場には、鯉のぼりがたくさん掲げられていました。
もうじき子供の日ですね~

日記 | コメント (0)

メイク

マグネットネイル

2017/4/18

最近、お知り合いになったネイリストさんにミラーネイルのことを聞きました。
※ミラーネイルは先日の記事でご紹介しています~
昨年はブームで、ミラーネイルに使用する銀粉が入手困難だったとか。今は問題なく確保できているようで。

今年は何が流行しそうですか?と聞くと「マグネットネイル」

どうも、このマグネットネイルとやらは100均でも手に入るネイル。ネイル成分に銀粉が混じっており、爪に塗ったあと、磁石を近づけることによって銀粉が引き寄せられ独自の模様を作りだすとか。

マーブル模様とかあんな感じですね。

まだ使用したことはないのですが、子供の頃に磁石をつかって砂鉄取りをしたあの感覚かなあ。

機会があれば、こちらもお試ししてみたいなあ~と思います。

メイク | コメント (0)

日記

2017/4/17

本日から明日にかけて「春の嵐に警戒を」とニュースが流れていました。
今回の暴風雨で、桜も終わりの予感。

P_20170412_133541-1

桜通りの公園もまた来年ですね。

そうそう!桜の話をしていたら、ある人から豆知識を教えてもらいました。
桜のおしべ部分ですがよーく見てみると「赤」と「白」2つに色づいているんですね。

P_20170412_160316-1

「赤色」は、もうじき散り始める合図。咲いて日数が経過した桜。
<↑画像で例えると、真ん中の一番上>

「白色」は、咲いてすぐなので散りにくいとか。
<その右隣>

ほんと~!?と思い、「赤色」おしべの桜を指先でツンツン♪とすると、花びらが簡単にチラチラ~。逆に「白色」おしべの桜をツンツンすると、がっしりしがみついたままで散らない。

お~すごい!!

これを聞いてから、桜の花だけでなくおしべの色まで観察するようになりました。たら

日記 | コメント (2)

日記

春はお別れの季節です

2017/4/12

今年の2~3月は、例年になくお別れが多かったような気がします。
何十年も続いたお店が閉店。何十年も勤務していた会社を辞める方。また部署を移動される方。引っ越し。
正直、さびしいなあ~と思います。

もう事後報告になるのですが、昨年の3月にリンパ腫である飼い犬が亡くなりました。
4歳で発症して、1年5か月の間 抗がん剤治療に通っていました。
亡くなったときは5歳11か月。平均寿命の半分にも満たない若さでした。

今年の3月で一周忌だったのですが、火葬先の「合同慰霊祭」のハガキが届き
ふと、こみあげてくる思いがあって。

このブログで、抗がん剤治療を受けさせていることを書いていた時期があり、きちんとご報告したいなと思いました。

生前、4歳でリンパ腫になったワンコに対して思うことがたくさんありました。
若いからと、3軒の動物病院で誤診され4軒目でようやくリンパ腫と判断された時にはもう体力が残っていなくて。
犬のリンパ腫は3週間ほどで、あっという間に進行します。

同じようなワンちゃんが、これ以上増えて欲しくない。
その子にあった病院で、早く適切な治療を受けて欲しい。

そんな思いで、ホームページを作りました。

知ってほしい 犬の若年層 悪性リンパ腫について
http://buff.in.net/

よろしければ、ご覧ください。
犬のリンパ腫について悩んでおられる方、情報を欲しておられる方がいましたら
このホームページの存在を、どうぞお伝え下さい。

日記 | コメント (0)

日記

カラス騒動

2017/4/11

今朝、なぜか 我が家の庭・ベランダの手すり・屋上にカラスの大群が。
「カア~カア!!」と大合唱。

おまけに外は暗く雨も降っていたので「The 呪われた家」みたいで、嫌だなあ……と。

外へ出ると、庭に整列しているカラス達。怖すぎる……。
これがね、追っ払おうとしても微動だに動きもしないんですよ。
普通、逃げるのにおかしいなあ~と思ってカラス達の視線の先を追うと

P_20170411_125051

な~んと、庭の四隅に倒れている小さなカラスちゃん。
多分、ケガして落ちちゃったみたいで。
仲間たちがなんとかしようとしていたんですね。

とりあえず近くの交番にSOS。

数分後、2人のお巡りさん到着。捕獲に至りました。
救済していただいたのはありがたい。が!!
「このカラスちゃん、どうなるの?」と疑問。

P_20170411_130833

とりあえず、警察署に移動させた後 動物病院でケガを
診てもらえるそうです。良かった~

でも、周囲のカラス達にはそんな大人の事情は分からず。
「カア~カア(多分、カラス語でどこに行った?)」と
けたたましく鳴き続けるのでした。

※その後、警察署から電話がありました。
動物病院で診てもらったところ、ケガはないそうです。
レントゲン撮影でも、内臓系に異常なしとのこと。
(細部まで診て下さったことに感謝(^^♪)

原因は「老体」
身体が小さくて若いと思っていたら結構なお年だったようで。
今日みたいに、雨降りで気温が低いと衰弱しやすくなるようです。

現在も動物病院で保護されており、体力が戻ったら
自然界に放つようです。

その電話を受けて
外は未だに雨が降り続けても、心は芯まであったかい気分。

日記 | コメント (0)

日記

菜の花

2017/4/7

先日、お手伝いしている事業の関係で洲本市の大野へ行ってきました。
こちらは菜の花の中に作られた巨大迷路。
なかなか難易度が高い。。。すぐに行き止まり。
子供たちはスルスル~っと通り抜けていきます。

P_20170331_194610

菜の花の管理者から「こちらは食用ですので、どうぞ」と戴いたもの。
食用は、葉が白菜のように柔らかく大きいのが特徴(^^♪
蕾や花から、ほんのり甘いハチミツの香りが。

この日の晩、天ぷらにしてみたのですが すご~く美味でした。

日記 | コメント (2)

日記

2017/4/6

桜って、まだまだと思っているうちに急スピードで満開の時期を迎えますよね。

P_20170401_181554

4/1に見た桜の樹木。根っ子の樹木化した部分(ひこばえ)に桜の花が。大木自体には、花がついていなかったので不思議な感じでした。多分、根に近い部分は一番栄養が行き渡りやすいんだろうなあ。

P_20170402_124329

こちらは4/2 登山をしたときに見た桜。奥の薄ピンク色が「ソメイヨシノ」手前の濃いピンク色が「寒緋桜」
沖縄の人からすると、桜=濃いピンク色の「寒緋桜」を指すのだそう。

濃いピンクの桜も、なかなか良いなあと思いました。

日記 | コメント (2)

日記

お墓じまい

2017/3/31

我が家には、お墓が二つあります。
一つは徒歩5分距離内のお墓。祖父母と、祖父方の両親が眠っています。

P_20170303_104340

もう一つは、兵庫県の山奥にある墓園。(↑山賊が来てさらわれそうな雰囲気)

あまりにも古すぎて、誰が眠っているのか分からない状態で。。。。。。
お墓参りをしても、どのご先祖様に手を合わせているのかが不明。

行くのも遠く不便。今後も大変だ!と
3月に、二つあるお墓を一つにまとめることにしました。

石材屋さんにお願いし山奥にある墓石の撤去を。お墓って建てる時もそうですが(費用含め)撤去する時も大変ですね。
墓石に刻まれている戒名や日付を書き出してもらうと、ビックリ。

「これ、元号が寛保やわ」

なんと300年ほど前の墓石だったようです。

その後、土を掘り起こしてもらうと、骨壺が5つ。
長年封印されていたものが放たれた感じ。

地下水と土砂が骨壺に流れ込んでいたので、壺を開けしばし乾燥。
その日はとてもいいお天気で。

もし自分が、お陀仏になり骨となったらずっと暗い場所はやだなあ。
1年に1回ぐらいは地上に出してもらって明るい太陽を見たいなあと(笑)

石材屋さんに、そのことを話したら笑っていて
「そうだなあ。たまには外の空気を吸いたいよなあ~」って。

人間って、骨になったら地上でなく地下で永久に眠るという感覚が
この時 不思議に思えました。

骨は骨ですが。残された骨に少しでも思いが入っていたら
そう言っているように感じるのです。

日記 | コメント (0)

メイク

ミラーネイル

2017/3/30

先日、ご紹介したジェルネイル。
実はネイルサロンで仕上げてもらいました。

P_20170218_103848

中指の爪部分は、ミラーネイルと呼ばれるもの。
ネイリストさんが今、注目している技法だそう。

原色(画像はショッキングピンク)の上に銀粉をまぶし、スポンジでこすりつけるとメタリック調に仕上がります。なんか、SFの映画に出てくるような近未来ロボットのピカピカ感。

中指の爪を覗き込むと、顔の輪郭が映し出され不思議な感じ。まさに鏡です。

かっこいい仕上がりになるので、全部の爪にしてもいいかも。
シックな黒やパンツスタイルに合いそうだなあと思いました。
ご興味がある方はぜひ、お試し下さい~

メイク | コメント (2)

日記

江戸時代の化粧

2017/3/29

オルビス4月号カタログに、面白い記事が載っていたのでご紹介を。(以下、オルビスカタログ hinamiより抜粋)

なんでも、日本で本格的なお化粧の基礎ができたのは江戸時代後期だそう。庶民~裕福な女性まで幅広く、お化粧を楽しむ時代だったとか。ただ、現代のようにカラフルメイクではなく、おしろいの「白」口紅の「赤」お歯黒や眉の「黒」の3色のみで美を表現するのが基本だったそうです。

浮世絵に描かれている下唇のみを緑色にする「笹色紅」は当時の流行メイクの一つ。

どうも、紅花から作った口紅を塗り重ねると笹色に発色するとか。赤を重ねたら、オレンジあるいは濃い赤になるイメージですが、植物から採取されたものは緑色になるんだ~と思いました。

当時は、とっても高価な紅。そこまでたっぷりと重ねづけできるのは上流階級の女性と遊女のみ。そこで、庶民が編み出したのは紅を塗る前に墨をうすくのばして笹色を作り出す技。

これまた、考えましたねえ~。当時はいろいろ工夫されていたんだなあと。

現代は、それこそ何百種類もの色があって金や銀まである。素材もラメやパールなど。アイメイクも、3~4色入りパレットが普通に売られてますもんね。だからこそ、メイクで戸惑う人も多いのではないかと思ったり。

昔のように顔全体「白」「赤」「黒」「笹色」の4色勝負だと、かえってシンプルでメイクがしやすいかもしれませんね。あるいは、シンプルだからこそごまかしがきかない。お肌のお手入れをきちんとしなくては!と思えたりするのでは?と思いました。

当時は皆、同じ色を使うので一人一人顔の個性がより際立っていたんじゃないかなあ~。

日記 | コメント (2)

  1. 兵庫トップ
  2. コスメドレッシング


暮らしのコラム

会員登録・変更