1. 兵庫トップ
  2. コスメドレッシング
日記

貨幣博物館へ

2017/8/19

先日、貨幣博物館へ行ってきました。

1503039476030

貨幣博物館は、日本銀行金融研究所内にある博物館です。

1503039465660

入館無料!で、日本や世界のお金の歴史が学べます。

想像以上に内容が充実していました。ピカピカの金貨、銀貨等のお金が実際に展示されています。面白いことに、両手サイズの大判から小指の爪サイズの小さな金貨までそろっているんですね。

あとは小判・大判って、楕円形のイメージがあるのですが粘土で作ったかのように端が「いびつな形」もあったり。フロア内を横へと移動するだけで古代~中世~近代にいたるまでお金の流れが一通り把握できます。

展示物の説明がイラスト付き&文字も大きく、子供さんが興味津々で見入ってましたよ~。当時のお金の価値を今で例えると。。。と具体的に牛乳や米などで比較されています。なぜでしょう?この博物館では走り回っている子供さんの姿を見かけませんでした。みんな真剣に見ていたな~。

昔、歴史で「和同開珎」って習ったなあ。

藩が発行していた「藩札」もどき。

この他には、貝殻のお金も展示されていました。海外の島国では、貝殻がお金として流通していたみたいです。
大人はもちろん♪ 子供さんの夏休みの自由研究によさそうな場所だなあ~と思いました。

日記 | コメント (0)

美と健康の食品

85

2017/8/18

85と書いて[ハチゴウ]と読みます。その数字からピーンとくるように、発酵がキーワード。目黒区にある健康や環境にやさしい暮らしを提案するお店。

日本橋のコレド室町に期間限定で出展していました。店内には発酵に特化した化粧品や食品が。発酵と言えば、皆さん何を想像しますか?私は、甘酒か味噌かなあ~。

味噌がな~んと「一玉単位」で販売。一玉で大体、三人分のお味噌汁が作れるらしいです。4種類ほどありまして、どれも試食が出来ました。これは小池糀店の【味噌玉熟成極上味噌】

びっくりしたのですが、チーズの香りがするんです。おすすめの食べ方は、味噌汁ではなく生野菜にそのままつけること。ディップのようにして味わうのがとてもよろしいとか。あと、クリームパスタに少し混ぜるといいお味になるようです。クリームパスタに混ぜてみたのですが、コクと甘味が増してとてもいい感じになりましたよ~

美と健康の食品 | コメント (2)

日記

お盆休みに

2017/8/17

お盆休み、皆さまはどう過ごされましたでしょうか?
私は須磨に帰省したり、弟一家を東京へ案内したりと色々動き回っていました。

東京初の姪っ子&甥っ子。

どこに行きたい!?と聞けば
「私は原宿を歩くの!!芸能人に会いたい~!!ヒカキンに会いたい~」
「俺は渋谷!渋谷に行く!!」と

えらいミーハーだなと(笑)

私も10代で東京に初めて行ったらその辺りが気になるんだろうなあ~と。原宿の人混みに流されながら考えました。ショップの店員さんが、テレビの世界からまんま飛び出した感じですもんね。そこに集まる若い女の子も男の子もおしゃれをしていて。初の原宿は姪っ子の瞳にどう映ったのでしょうか?残念ながら、ヒカキンには会えませんでしたが。。。

1503039459888

弟&奥さんは、東京スカイツリーに行きたい!ということでスカイツリーに。スカイツリーは展望台チケットがかかるのでエレベーターで31階まで上がりそこから街並みを見渡しました。

それにしても、東京は雨が降っているか、ずーっと曇っているなあ。

日記 | コメント (2)

美と健康の食品

鹿屋アスリート食堂

2017/8/8

先日、鹿屋アスリート食堂でランチをしました。お店の写真を撮れば良かった。。。

鹿屋アスリート食堂は、全国で東京・大阪・鹿児島に店舗があります。
特徴は「スポーツ栄養学」に基づいたメニュー。「ご飯、汁物、10種類以上の中から選べる3つの主菜」です。

ここの食堂は産学官連携プロジェクトによって作られた経緯があります。

鹿児島にある鹿屋体育大学から「学生のための食堂をつくってほしい」と要請があり、鹿屋大学、鹿屋市、株式会社バルニバービの連携プロジェクトが立ち上がったようです。

トップアスリートが多数在籍する鹿屋体育大の学生。練習を終える夜8時頃に近隣の飲食店がほとんど閉店してしまう。夕食時に立ち寄れる飲食店がなかったんですね。

私は、上記レシート記載の食事で主菜を選びました。豚、好きなんです。来店客は、男性が多めでした。

レシートの下を見ると、カロリー計算されておりこの部分はありがたいなあ~と思いました。

個人的に気になったのは、男性にとって昼食のカロリーは適正かなあと思うのですが女性にとっては厳しいかも。夕食と朝食分を加算することを考えると、もう少し低カロリーの食事を提供されてもいいのではないかなあと感じました。

アスリートのように、、、とまでは言いませんが引き締まったボディに憧れます。それが食事で近づけたらうれしいなあ。

美と健康の食品 | コメント (2)

美と健康の食品

乳酸菌ふりかけ

2017/8/7

イトーヨーカドーで面白いものを発見。

丸美屋食品工業
「乳酸菌ふりかけ」
内容量:27g 

8月3日発売。近年の健康ニーズに対応したふりかけですね♪他と比較すると、お値段は少々お高めかな。レシートを捨ててしまい、確認できなくて申し訳ない。。。

乳酸菌の中でも「EU-12」という殺菌タイプを配合。1日に2500億個の摂取で免疫賦活効果が期待できるそう。ふりかけ一袋には7500億個配合されています。1日3食(9g)使用することで約2500億個摂取する計算らしいです。わたし、1食だけでよいのかと思っていました。3食にふりかけは、少々ハードルが高いかな。

気になるお味は、、、まだ試しておらず。使用したら記事にアップしたいと思います。ちょっと、乳酸菌の風味がするのかなあ~と想像しております。

「かつお野菜」「しらす小魚」と2種類のラインナップです。

美と健康の食品 | コメント (2)

美と健康の食品

はちみつフェスタ2017 レポその2

2017/8/2

萩・石見空港で採れた「空港はちみつ」もありましたよ~。空港東側の空き地に養蜂箱を設置しており約20万匹のミツバチを飼育しているとか。テレビでも紹介されたこともあり、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

はちみつというと広大な草原で採れるイメージなんですが、空港!ということに驚きです。空港での養蜂は、ヨーロッパを中心にあるようですが日本では初。

ちなみに、ミツバチプロジェクトは全日空グループの「ANA総合研究所」と空港ビル会社「石見空港ターミナルビル」の共同事業で取り組んでいる養蜂事業のことらしい。

試食すると味にクセがなく美味でしたよ~。

北海道の大通高校で採れたはちみつ。屋上で採蜜しているそうです。

北海道の中央に位置する「大通」
そんなところではちみつが採れるの?って疑問だったのですが、近隣に植物園があるそう。そのハチたちが屋上まで飛んでくるのだそう。納得!

販売しているのも大通の高校生。一生懸命説明してくれていました。
はちみつの種類も、ニセアカシア・シナ蜜などがありましたよ~。
どれも美味だったなあ。

こちらのはちみつ、実は高校の「体験型学習」でできた商品。

みつばちの飼育~生産~商品開発~加工~販売まで高校生達が担っているそう。高校の授業や教科書では決して学べない、大事なものが体験型学習に詰め込まれているような気がしました。貴重な体験ですよね。私も高校時代、体験してみたかったなあ~。

美と健康の食品 | コメント (0)

美と健康の食品

はちみつフェスタ2017 レポその1

2017/8/1

先週の土曜日、はちみつフェスタ2017のイベントに行ってきました。
41もの企業や団体が出展していました。国内外問わず、様々な「はちみつ」が販売され試食もできます。

ティースプーン1/3量程の試食だったもので、全ブースを回るつもりでいたのですが。。。
いやあ、はちみつって意外にギブアップするというか。
もう、口いっぱい!お腹いっぱいの甘み!になります。

はちみつだけのオンパレードは結構きつい。美味しいんだけどね。昨年、イベントに参加された方は水をご持参されていました。
このフェスタは、水が必須!ですよ~。来年はもっていこう!

さてさて、試食ができなかったところもありますがブースは一通り見てきました。
気になった商品をご紹介したいと思います。

まずは、レアなはちみつ。

エクスチャージ(株)
「王妃の涙」

マングローブの木を知っている方は多いと思うのですが、その花から採蜜されたはちみつ。採蜜地は世界自然遺産シュンドブルボン国立公園。

非常にさらさらとした水のような感じ。甘味は強め、クセはないです。どの家庭にもある通常のアカシアはちみつに近い味でした。

(株)ジャパンアンドビギン
「クリームリンデン」

リンデンの樹木の花から採蜜されたはちみつ。リンデンのはちみつ自体はめずらしくないのですが、他メーカーとは味が全くちがう。軽く口に含んだだけなのに、考えさせられてしまう味なんですね。コクがあるというか、奥行きがある感じ。

採蜜地はロシアにあるタイガの森。冬は-40℃。夏は+25℃にまでなる寒暖差がその深い味わいを作りだしているそう。

あと、お写真を撮り忘れたのですが(株)NEOの「リコリスのはちみつ」(株)サザンクロスジャパンの「タイムのはちみつ」のお味も良かったです。

リコリスのはちみつはアジア圏ではとても珍しいそうです。私も今回のフェスタで初めてみました。リコリスは、甘味料として使用されているハーブの一種ですが、成分自体も非常に優秀。生薬、医薬品、化粧品の原料としても重要な役割を担っています。試食させてもらうと、不思議にすっきりとした後に残らない甘味がありました。

次回の記事には、「空港で採れたはちみつ」と「高校の屋上で採れたはちみつ」をご紹介したいと思います~

美と健康の食品 | コメント (2)

◆紫外線対策ケア◆

ビタミンDと日焼け止めの関係

2017/7/14

今朝、テレビを見ていると美容マニアとしてショッキングなニュースが。

「日焼け止めを週3回以上使用する人は、ビタミンD不足に陥りやすい」

って、ほぼ毎日塗っているやん!と。

でも、紫外線を防ぐことにより日射しを浴び生成されるビタミンが不足するのは分かる気がするな、と。

そもそもビタミンDって、具体的には何!?というとカルシウムとリンの吸収促進に関わるもので主に①骨の形成と成長促進②遺伝子の働きを調節(免疫向上・糖尿病予防・発ガンの抑制)をするとか。

不足することにより、小児ではクル病。成人では骨軟化症、骨粗しょう症につながりやすいそうです。不足する分は、中から補う=食事で摂取するのがおすすめだそうでビタミンDを多く含む「うなぎ」や「しゃけ」が良いと紹介されていました。

必死で紫外線対策をしている裏でこういったこともあるもんですね。

◆紫外線対策ケア◆ | コメント (2)

日記

旅と本と珈琲と

2017/6/16

P_20170511_152622

表参道で発見したお店
「旅と本と珈琲と」

はて?不思議な響き。

「旅&本」「本&珈琲」の組み合わせはイメージできるけど
3つのワードを合わせたこのお店はなに?と、おそるおそる中へ。

P_20170511_151813

お店は地下含む3階建て。1500冊以上の旅行本やら雑誌があちこちに並べられています。地下を覗くと、HISのカウンターがありコンシェルジュが旅行の取次を。そして、1階には猿田彦珈琲のショップがIN。

この異次元空間を体験したく、珈琲ショップで蜂蜜ラテを注文し店内散策。ドリンクは出来上がるのに時間がかかるらしく、引換券のかわりにトランプ。ちょっと、おしゃれな演出だなあコレ。と

陳列されている本は、ドリンクを飲みながら自由に見れます。

蜂蜜ラテは、かなり美味しかったです。本、珈琲、旅(15か国以上を旅した経験豊富なコンシェルジュ達がいるらしい)と3つの質がバランス良く満足できる空間でした。

ふと、考えたら「本」「旅」「珈琲」の3つは、時間に余裕があるときにしか体験できないものですよね。

時間に余裕があるものを考えたら
珈琲>本>旅かなあ。

滞在時間20分ほどでしたが、落ち着いた空間で旅行本に囲まれていたせいか半日過ごした気分になりました。

日記 | コメント (2)

美と健康の食品

軟水に関するエトセトラ

2017/6/15

先日、家電量販店で歩いていて呼び止められたコーナー。
「THE 家庭用軟水器」

ちょうど、その前に軟水あるあるクイズの表が貼ってありました。例えば、お水には硬度があるのは知っていた?知らなかった?みたいな二択に答えるようなものです。

「ブラジルは日本と同じ軟水である」という質問があったのですが、NOと思いきやこれがYESなんですね。ほとんどの方が間違えられたようです。海外は、硬水のイメージが強かったのですが。国によって違いがあるものですね。

水には硬度という数値があって、120mg/l以下が軟水。120mg/l以上が硬水になります。
軟水の特徴は、クセがなく飲みやすい。肌にやさしい。石鹸を使用したとき泡立ちが良いと言われています。反対に硬水はマグネシウムやカルシウムが多く含まれ、少し苦味があり飲みずらい。石鹸が泡立ちにくいことです。

昔、化粧品会社で勤務していたときフランス産の商品を取り扱っていたのですがフォーム状のものはなくてクレンジング&洗顔料はミルクタイプでした。あちらは硬水で、石鹸が泡立たないためと聞いた記憶があります。

日本は平均的に軟水です。これも都道府県によって違いがあるらしく、兵庫県や大阪は45mg/l前後。東京は65mg/l。全国で最も数値が低いところは愛知県の26mg/l。 逆に最も高いのは沖縄県の84mg/lです。

ちなみに、ブラジルも地域によって違いがあり 上(マカバ)と下(サンパウロ)の地域では0-70mg/l、面白いことに、真ん中の地域(リオブランコ)では反対に170-500mg/lと硬水になるそう。ただ、川の近くでは80mg/lと再び軟水になるとか。

一時期、硬水のコントレックスが流行った時期がありましたよね。あれ、必死に飲んでいた時期があったなあ。あの頃からすれば、数十年後に軟水器が登場したり、軟水がもてはやされる時代がくると思っておらず不思議なもんですね。

軟水には軟水のよいところ、硬水には硬水のよいところがあるので用途によって上手く使いわけたいですね~。

美と健康の食品 | コメント (0)

  1. 兵庫トップ
  2. コスメドレッシング


会員登録・変更