1. 兵庫トップ
  2. Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション
  3. コラム
  4. 手元資金で考える、リフォーム&リノベーションの“予算の器”【Re Re マネー リリマネー】

Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション

手元資金で考える、リフォーム&リノベーションの“予算の器”【Re Re マネー リリマネー】

手元資金で考える、リフォーム&リノベーションの“予算の器”【Re Re マネー リリマネー】

 リフォームやリノベーションをするなら、知っておきたいお金のはなし。ファイナンシャル・プランナーの大石泉さんがやさしく解説してくれます。

写真

Lesson3

手元資金で行う場合の「予算の器」

先ずは、資産の棚卸
そして、使えるお金の把握

イラスト

 前回のLesson2では、「予算の器」と予算の基本となる「家計の4要素」についてお話ししました。(Lesson2参照) 今回は、手元資金でリフォームやリノベーションを行う場合の「予算の器」を考えます。

 手元資金でリフォームをしたいと思った時、使えるお金がどれだけあるかがわからなければ、予算の立てようがありませんね。そう、50万円の手元資金では300万円のリフォームはできないのです。
 まずは、預貯金等の資産を“棚卸し”してみましょう。
 普通預金、定期預金、投資信託、外貨預金、貯蓄性の保険などがあると思いますが、その中で、教育資金のための定期預金や老後のための保険など、目的がある金融商品はリフォーム等の資金には充当できないので除外します。

 次に、いざという時のための「緊急予備資金(生活費の3カ月~6カ月分程度)」を確保し、さらに、子供の進学費用、帰省や旅行のお金など、直近のライフイベントに必要な費用を、優先順位と予算額に応じて除きます。そうして手元に残ったお金が、リフォーム&リノベ―ションのための「予算の器」の手元資金です。

【家計の4要素】 毎月の「収支(収入―支出)」の黒字は、資産に組み込まれていきます。「収支」は家計資産の原資です。 手元資金でリフォーム&リノベーションを行う場合は、「資産(預貯金等の蓄え)」から直近のライフイベント必要費と緊急予備資金を確保したうえで、残額を投入します。

鍵になるのは「ライフステージ」

イラスト

 「緊急予備資金」を試算するには、家計の4要素の一つである「毎月の支出」の把握が必要です。
 また、ライフイベント費用は、家族構成や年齢、ライフスタイルや価値観によって大きく異なります。例えば、子どものために教育費の確保が必要であれば、資産を減らし過ぎることは問題です。一方、共働きで毎月の安定収支が見込まれ、確実に貯蓄が出来ている家計では、一時的な資産の減少は大きな問題とならないかもしれません。

 年齢もまた重要です。年金暮らしでのリフォーム&リノベーション予算計画では、一生涯の生活費の確保を優先したうえで、プランニングしていく必要があります。

 旅行などの趣味のお金と日々の快適な暮らしのためのリフォーム費用とどちらをどの程度優先するのかについては、暮らし方や考え方も大きく影響します。この機会に自分と家族にとっての豊かな暮らしについて考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

・資産を棚卸しして、リフォームやリノベーションに使える手元資金を把握
・予算プランニングは、個々の事情が重要要素
・いつリフォーム&リノベーションしたいのか。希望時期も検討要

写真

Profile
自分予算®プランナー 大石 泉さん

株式会社リクルートにて週刊住宅情報(現在のSUUMO)の編集・企画・制作・審査に約15年勤務した後、個人のファイナンシャル・プランニングの必要性を感じ、ファイナンシャル・プランナーとして独立。今日まで、自分らしく豊かなに暮らしたいと願う個人の元気と勇気と夢の実現を「住まい」・「キャリア」・「マネー」の3つの柱でサポートしている。
金融庁と日本銀行より、2014年度「金融知識普及功績者表彰」として表彰される。

株式会社NIE.Eカレッジ 代表取締役
一般社団法人夢の実現サポーター 代表理事

NPO法人日本FP協会認定上級ファイナンシャル・プランナー(CFP®)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
宅地建物取引士
産業カウンセラー、キャリアコンサルタント
http://www.izumi-ohishi.co.jp/profile.html

著書:「投資デビュー!」ライフプランを実現するお金の知識/平凡社・新書 好評発売中
http://www.heibonsha.co.jp/book/b183468.html

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション
  3. コラム
  4. 手元資金で考える、リフォーム&リノベーションの“予算の器”【Re Re マネー リリマネー】
Re Re 特集 リリ特集
Re Re ルポ リリルポ
Re Re 図鑑 リリ図鑑