1. 兵庫トップ
  2. お買い物
  3. そごう神戸店「第51回 北海道の物産と観光展」を開催

そごう神戸店「第51回 北海道の物産と観光展」を開催

そごう神戸店「第51回 北海道の物産と観光展」を開催

Service

そごう神戸店(神戸市中央区)では、10月16日(月)までの2週間、「第51回 北海道の物産と観光展」を開催中です。そこで、「北海道に行きたくなるような物産展を目指したい!」と語る、物産展担当の濱野晃嗣さんに、物産展の楽しみ方やおすすめを聞きました。

osk_170921_DSC00048[1]

<Profile>

1979年生まれ。2003年そごう入社。そごう神戸店販売部・食品部所属。物産展担当として「第51回 北海道の物産と観光展」を手がける。

─毎年、春と秋に開催されている人気のイベントですが、今回の特徴は?

 「そごう神戸店」は今年の10月で開店84周年を迎えます。そこで感謝の気持ちを込めて〝84〟という数字を物産展で販売する商品の価格に盛り込んでいきます。例えば開催期間中、日替わりで販売する商品は、特別価格の840円に。また北海道庁に協力いただいていることも「そごう神戸店」の物産展の特徴です。

─魅力的な食材が豊富な北海道ですが、今回、特に注目したい食材はありますか?

 あまり知られていませんが、北海道はカボチャの生産が日本一。中でも、作付け日本一の町「和寒(わっさむ)町」にスポットをあて、名産のカボチャを使用したスイーツや総菜を販売する「わっさむ かぼちゃの王国」からいくつかスイーツを紹介します。9月〜10月が旬の北海道産カボチャは、今がおいしく食べていただける時期なのでお試しを。カボチャのスイーツは、会期の後半、10月10日(火)から登場です。

─約70店のうち、初登場のお店はありますか?

 鶏スープで有名なラーメン店のほか、スープカレーのお店など、10店が初登場です。また、チーズケーキが人気の「ルタオ」からは、そごう神戸店限定品を販売しますのでお楽しみに。

─物産展担当として人気のイベントを手がける苦労はありますか?

 北海道物産展は今回で51回目。毎回変化をつけるのは大変です。また物産展は、単にその地の〝有名どころ〟を出せばいいというものではありません。神戸三宮にある「そごう神戸店」として、神戸のみなさんに喜んでいただけるものを用意することが何より大切です。神戸の文化、そこに住む人たちの習慣や嗜好をきちんと把握し、出店のラインアップや商品を考える…難しくはありますが、楽しくやりがいを感じます。

─最後に、今回の北海道物産展の楽しみ方を教えてください。

 会期の前半と後半でお店が入れ替わりますので、たくさんのお店の味を楽しんでください。お寿司、ラーメン、スープカレーはイートイン茶屋で出来たてを。またクラフトビールやおつまみなどを味わうビールバーを設置しています。屋上も利用できますので、秋風に吹かれながら北海道のビールで一杯!というのもおすすめです。

 hokkaidou_1040_1

毎回人気のイベントなので混雑が予想されますが、「平日の午後3時から5時頃は比較的すいていて回りやすいかもしれません」と濱野さん

♪プレゼント♪

10月18日(水)〜23日(月)にそごう神戸店で開催される「私の針仕事展」の入場券(一般・大学生600円)を10組40人にプレゼントします。パッチワークキルトから人気の刺しゅう、羊毛フェルトまで、針と糸から生まれるさまざまな〝針仕事〟を150点以上紹介。ブックカバーやポーチなどを制作するワークショップも開催されます。

■そごう神戸店/「私の針仕事展」の入場券(10組40人)
■利用有効期間 :2017年10月18日(水)〜23日(月)※最終日は午後5時30分入場まで

harishigoto1040_1

第51回 北海道の物産と観光展/そごう神戸店

期間 10月3日(火)〜16日(月)
※前半=10月9日(祝・月)まで/後半=10月10日(火)〜16日(月)
場所 本館9階催場
営業時間 午前10時~午後8時
※10月9日(祝・月)と最終日16日(月)は午後6時閉場
※イートイン茶屋のラストオーダーは営業終了時間の30分前、屋上の利用は日没まで
問い合わせ ☎078-221-4181(大代表)

■問い合わせ

そごう神戸店 ☎078-221-4181(大代表)


同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. お買い物
  3. そごう神戸店「第51回 北海道の物産と観光展」を開催


会員登録・変更