1. 兵庫トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 手軽に本格派の味 オリバーソース「神戸港町 洋食ソース」

手軽に本格派の味 オリバーソース「神戸港町 洋食ソース」

手軽に本格派の味 オリバーソース「神戸港町 洋食ソース」

Product

開港150年に、神戸らしい味を

 オリバーソース(神戸市中央区)では、神戸開港150年を記念して、神戸の洋食文化を気軽に楽しめるデミグラスソース「神戸港町 洋食ソース」を8月21日に発売。商品開発室室長・藤浪潤子さんに、発売に至るまでの開発秘話を聞きました。

IMG_9864a

<Profile>

2008年入社、商品開発室配属、2014年同室長に。すべての商品に携わる中、思い入れがあるのは「しょース」。「創業90周年記念で手がけた商品で、しょうゆとソースを合わせた新しいコンセプトが大きな話題となりました」

─記念商品のコンセプトはどのように決まったのですか?

 神戸開港150年に向けて、昨年からプロジェクトがスタートしました。洋食は、神戸港から入ってきた西洋文化の一つ。神戸には、今も古くから続く洋食店がたくさんあります。当社は、1923年に神戸で創業し、全国で先駆けてとろみのある「とんかつソース」を商品化しました。もともと、ソースは西洋から入ってきた食文化。看板商品の「とんかつソース」が洋食店から広まったこともあり、今回「神戸の洋食」に着目しました。

─商品化に至るまで、大変だったことは?

 プロジェクトメンバーで手分けして、神戸の洋食店を何軒も食べ歩き、理想の味を見つけるところから始めました。デミグラスソースには、トマトが強いもの、ビーフシチューに近いもの、など店によってさまざまなタイプがあります。さらっとしながら、深みがある味を目指し、何パターンも試作を重ねました。また、本来、洋食店のソースは、日持ちしないもの。味の雰囲気はそのままに、酸味を感じさせない程度の酢を入れるなど、保存性を高める工夫もしています。

─味の決め手は?

 炒めたタマネギに香味野菜をあわせ、赤ワインを効かせています。通常手がけるソース類は、脂分を含まないものがほとんどですが、材料をバターで炒める洋食店のソースを再現するため、しっかり焙煎したブラウンルウを使用。脂分が感じられ、深みのある味に仕上げました。煮込みハンバーグやオムライスなど洋食メニューが、ソースを使うだけで簡単に本格的な味わいに。ハレの日の食卓にも活躍すると思います。

─発売を迎え、手応えはいかがですか

  実は、これまで何度も商品化の案が持ち上がっては、消えていたのが「デミグラスソース」。やっと形にできたという満足感があります。社内の試食会をはじめ、スーパーのバイヤーさんからも高評価をいただき、味には自信があります。ご家庭で一からデミグラスソースを作るのは手間がかかるので、これを使って手軽に洋食を楽しんでいただきたいですね。

 

神戸港町洋食ソース

神戸港町 洋食ソース235g、メーカー希望小売価格410円。レトロなパッケージも目を引きます。量販店などで販売中

♪PRESENT♪

オリバーソース「神戸港町 洋食ソース」(235g、メーカー希望小売価格410円)を、12人にプレゼント!

 

■問い合わせ

オリバーソース 電話078-306-6305


同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 手軽に本格派の味 オリバーソース「神戸港町 洋食ソース」


会員登録・変更