1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. みんな大好き「ロングセラーお菓子」、人気のヒミツとは?

みんな大好き「ロングセラーお菓子」、人気のヒミツとは?

私たちが子どもの頃から親しんできたお菓子が、味や形のバリエーションを変えてますますおいしくパワーアップしています。さまざまに進化して今なお売れ続けているロングセラーお菓子を紹介します。

甘じょっぱい“魔法の粉”が人気のヒミツ!『ハッピーターン』

独自の粉で味付けした洋風おせんべいとして1976年に発売された『ハッピーターン』(亀田製菓)。商品名は、不景気だった発売当時「幸せ(ハッピー)がお客様に戻って(ターン)来るように」と願いを込めてネーミングされたのだそう。人気のヒミツは、“魔法の粉”とも呼ばれる「ハッピーパウダー」。甘さとしょっぱさの絶妙なバランスに、今なおファンが増加中です。

最近では続々と新フレーバーが発売されていますが、中でも私のおすすめは『ハッピーターン大人のショコラ味』(コンビニ限定発売)。

cocoa
大人同士のちょっとしたおもたせとしても喜ばれる『ハッピーターン大人のショコラ味』。

しっかりとハッピーターンの味を保ちつつ、ココアパウダーが加わることでほろ苦い大人味に。味のハーモニーを楽しんでいるうちに、いつのまにか1袋食べきってしまうほど後を引くウマさです。

さらに昨年11月に発売された『パウダー250%ハッピーターン』(コンビニ限定発売)は、従来のハッピーターンよりハッピーパウダーを250%増量した濃厚バージョン。普通に食べてももちろんおいしいのですが、私はこれをどうにか料理にいかせないかと<ハッピーターンミルクスープ>を作ってみました。

250
野菜やベーコンを入れて味付けなしでミルクスープを作り、砕いた『パウダー250%ハッピーターン』を投入するだけ。さてそのお味は…?

食べてみるととっても優しい味で、ミルクとハッピーターンはよく合うことが判明! 水分を含んでも、意外とモチっとした食感が残ります。チャレンジャーの方、試してみませんか?

レアものは見つけたら即ゲット!『ベビースターラーメン』

インスタントラーメンの製造工程で出る麺の「かけら」を味付けして従業員に配ったおやつが評判を呼び、“そのまま食べておいしい麺”として1959年に商品化されたという『ベビースターラーメン』(おやつカンパニー)。おなじみの小さな乾燥麺だけでなく、味付けや太さ、長さなどを変えた限定ベビースターも人気です。

数あるベビースターシリーズの中で私が衝撃を受けたのは『ベビースター焼きそば(ソースマヨネーズ)』『ベビースターラーメン(コクうまのり塩味)』

IMG_2478
「ベビースター=ラーメン」という先入観を吹き飛ばす『ベビースター焼きそば(ソースマヨネーズ)』。

焼きそばの味と香りが口いっぱいに広がり、思わず「青のりと紅しょうが入れた~い!」と叫びそうになります。ソースの味が絶品!

『ベビースターラーメン(コクうまのり塩味)』は、通常よりもサクサクした食感の平太麺で作られた、アオサ風味のベビースター。そのまま食べてもおいしいのですが、またもや料理に使いたくなった私。これを衣に使った<ベビースターからあげ>を作ってみました。

aosa
(左)『ベビースターラーメン(コクうまのり塩味)』。
(右)鶏肉をしょうゆと酒で味付けし、小麦粉と溶き卵を付けてから最後にベビースターをまぶした“ベビースターからあげ”。

香りは“磯部あげ”そのもの。ベビースターをまとっている分、普通のからあげより満腹感があります。鶏肉が足りないけどベビースターはある!という時に試してみては?

ツイッターやラインスタンプで話題騒然!『パインアメ』

ちょっとぽってりした黄色い輪っかの『パインアメ』(パイン)は、1951年の発売以来60年以上も愛され続けているまさにロングセラー商品。昭和的な懐かしさを感じさせてくれるお菓子ですが、顧客へのアプローチは実に現代風。

公式ツイッター(@pain_ame)では“中の人”が、なかなか味のあるつぶやきをしています。

(…… きこえますか… きこえますか… みなさん… パインアメです… 私は今… みなさんの心に… 直接… 呼びかけています… パインアメは… 鳴るように作っていません… 吹いても鳴らないのです… ) <パインアメの【パイン株式会社】(公式)ツイッター(@pain_ame)より>

この「実はパインアメは鳴らない」というカミングアウトは、「知らなかった!」「実は鳴らし方のコツがある」「鳴るバージョンも作って」など、大きな反響を呼びました。(穴の理由は、パイナップル缶のパインをかたどったもの…というのが真相。)

また最近では、他社とのツイートのやりとりから「激怒Tシャツ」をデザインしたところ、まさかの商品化! 『パインアメ』そのものとは何も関係ないのですが、その企画力に脱帽です。さらに、昨年11月から発売を開始したラインスタンプも人気急上昇中。キャラクター「パインアメくん」のゆる~い感じがなんとも癒されます。

twline
(左)<パインアメの【パイン株式会社】(公式)@pain_ame>1月7日のツイート画像。
(右)「パインアメくん」がかわいいLINEスタンプ(全40種類)。

パインの開発部にパインアメのユニークな食べ方を聞いたところ、「お客さまからは、『パインアメ』を袋に入れてクラッシュし、ヨーグルトやアイスの上にかけたり、バターを塗ったパンの上に散らしてトーストしたりして食べるとおいしいというご意見をいただいています」とのこと。パインアメトースト、やってみたい!

1月26日にはひんやりパウダーをつけて食べる『シャーベットペロ パインアメ味』が新発売。穴の開いていないパインアメも、ぜひ味わってみて。

pinepero
(左)『パインアメ』の穴を口に見立てて顔を描いてもかわいい。
(右)子どもに人気の駄菓子『シャーベットペロ』にパインアメ味が登場。

■参考HP
『ハッピーターン』亀田製菓 http://www.happyturn.com/
『ベビースターラーメン』おやつカンパニー http://www.oyatsu.co.jp

■取材協力
『パインアメ』パイン株式会社 http://www.pine.co.jp/

<文:照井みき>

 

 

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. みんな大好き「ロングセラーお菓子」、人気のヒミツとは?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更