1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. すぐに体があたたまる! 超簡単“ホットスイーツ”レシピ

すぐに体があたたまる! 超簡単“ホットスイーツ”レシピ

hotsweets01
超簡単なレシピなのでぜひ!

ホッと一息つきたい時に欠かせないスイーツ。この季節にはやっぱりあたたかいものが嬉しいですよね。家事の合間に、休日のリラックスタイムに…。簡単にできるホットスイーツのレシピをご紹介します。

家にあるものですぐできる 「ふわふわパンプティング」

手作りスイーツを食べたいけれども、そのために特別な材料をそろえるのはちょっと…という人におすすめのパンプティング。固くなってしまったパンの有効活用にもなります。

hotsweets02
パンがここまで美味しくなるなんて! とオドロキの仕上がりに

<材料>(小さめのココット皿2個分)

・食パン(5枚切)…1枚
・牛乳…150ml
・卵…1個
・砂糖…大さじ1
・みかん…1/2個
・粉砂糖…適量

<作り方>

1 食パンを2cm程度の角切りにする。

2 ボウルに牛乳、卵、砂糖を入れて泡立て器で混ぜ、茶漉しなどで漉す。

3 2のボウルに食パンを浸し、20~30分程度置く。オーブンを200℃に予熱し始める。

4 みかんをむいて房から取り出す。

5 食パンがしっかり卵液を吸ったら、耐熱容器2つに均等に分けて入れていく。間に適当にみかんを挟み、なるべく食パンの耳部分が上にくるようにつめてオーブンへ。

6 200℃のオーブンで15分ほど焼き、仕上げに粉砂糖を振りかけ完成。

表面はカリッと、中身は卵液がたっぷり染みこんでふんわりと仕上がります。

みかんの程よい酸味がアクセントになりますが、ない場合は他のフルーツでも、パンのみでもOK。甘さ控えめのレシピなので、粉砂糖以外にもハチミツをかけるなど、お好みで調整してください。

パリパリほくほく♪ココナッツオイルのスイートポテト春巻き

hotsweets03
ほっこりした美味しさ。あたたまりますよ

秋が旬のイメージがあるサツマイモですが、実は貯蔵ものが出回る1~3月もおいしい時期。収穫からしばらく置かれて水分が飛び、甘みが増しているそう。スーパーでもお手頃価格で見かけますよね。スイートポテトを春巻きの皮で包みサクッと揚げると、2種類の食感が楽しめるお得なスイーツになります。

<材料>(春巻きの皮5枚分)

・サツマイモ…中サイズ1本(200g程度)
・砂糖…大さじ1~2
・牛乳…大さじ1
・ココナッツオイル…大さじ1
(揚げ焼きに使う分は分量外)
・春巻きの皮…5枚

<作り方>

1 サツマイモの皮をむき、柔らかくゆでる。

2 サツマイモがあたたかいうちにつぶして、砂糖、牛乳、ココナッツオイルと混ぜ合わせる。

3 2を細長く丸め、春巻きの要領で皮に包む。

4 フライパンにココナッツオイルを多めに(底に5mmほどたまるくらい)入れ、揚げ焼きにする。

バターと揚げ油の代わりに、ヘルシーな油として人気のココナッツオイルを使って。ココナッツの甘い香りのおかげで、砂糖を控えめにしても満足感がありますよ。写真では、春巻きの皮を半分(三角形)にカットし、小さめに巻いています。

身体にイイものいっぱいの和スイーツ! 濃厚甘酒ぜんざい

hotsweets04
甘酒で美肌効果もたっぷり

和のホットスイーツ代表である“ぜんざい”と最近注目を集めている甘酒とのコラボ。甘酒には、代謝を促進してくれるビタミンB群や食物繊維がたっぷり。さらに美肌効果のあるコウジ酸という成分も含んでいる女性に嬉しい飲み物なんです。

あずきも食物繊維たっぷりなうえ、良質のたんぱく質やポリフェノールなど体にいい成分がいっぱい。砂糖控えめのゆであずきを選んで、甘酒で甘みを足すのがおすすめです。

<材料>(2人分)

・市販のゆであずき…100g
・水…50ml
・甘酒…50ml
・塩…少々
・白玉団子…2~3個(お好みで)

<作り方>

1 小鍋にゆであずき、水、甘酒を入れてあたためながらよくかき混ぜる。

2 よくあたたまったら、お好みで塩少々を加え、別に作っておいた白玉団子を入れて完成。

今回は白玉団子を入れていますが、焼き餅でもあられでもお好みで。何も入れなくても、甘酒の濃厚な味わいで満足感がありますよ。

手作りのホットスイーツで気軽にほっこり気分を味わってくださいね。

<文:市川裕子>

  1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. すぐに体があたたまる! 超簡単“ホットスイーツ”レシピ
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更