1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 味は本格派なのに格安!いまOLやママに大人気の都内学食3選

味は本格派なのに格安!いまOLやママに大人気の都内学食3選

大学の学食というと、ひと昔前までは、「味はまあまあで値段が安い」というイメージがありました。しかし、最近の学食はちまたのレストランやカフェにも負けず劣らず、オシャレな雰囲気で味も良く、さらに安い!ということで、OLや主婦など一般の女性客が増えているんです。そこで、今回はおすすめの学食を紹介します。

2c37412d9532f80bcaeec1f00cacecd0_s

テラスで味わう本格フレンチ 東京大学「ルヴェ・ソン・ヴェール駒場」

東京大学の駒場キャンパス内にあるのは、学食とはまったく思えない、優雅な雰囲気で本格フレンチが味わえる「ルヴェ・ソン・ヴェール駒場」。アールデコを思わせる格式のある建物、そして周囲は豊かな緑が囲んでいるという、都会の喧騒を忘れさせてくれる素敵なフレンチレストランです。

こちらでは、肉または魚のメイン料理とミニサラダ、パンがワンプレートで楽しめる日替わりランチ(800円)がとても人気。さらには、ポタージュやデザートも付いたちょっと豪華なランチコース(1500円)もあります。築地から取り寄せた新鮮な魚を使用した、本格フレンチが楽しめるこちらの学食。それでいて子連れでも気軽に行けるとあって、30代~40代のママや年配のご夫婦など、多くの大人がその美味しさに舌鼓を打っています。

これからの季節には、広々としたテラス席がおすすめです。また、音楽団体によるクラシックライブが楽しめるランチコンサートやワインの試飲会などのイベントも開催されています。優雅にフレンチを楽しみたいママたちに人気で、「都内で一番オシャレな学食」との呼び声が高いのも納得です。

プリンスホテルが運営!大正大学「鴨台食堂」

西巣鴨にある大正大学には、プリンスホテルが運営するレストラン「鴨台食堂」があります。なんといっても、本格ホテルでしか食べられない一流シェフの味がリーズナブルな価格で楽しめるのが特徴です。

ランチタイムには、サラダ&ライスも付いたサーロインステーキ(1130円)やハンバーグ(1080円)といったレギュラーメニューだけでなく、日替わりで提供されるシェフおすすめのスペシャルランチ、週替わりで具材が変わるパスタとカレー(各880円)など、バラエティ豊かな料理が楽しめます。

また、ホテルが運営しているというだけあってスイーツメニューも充実。フレンチトーストやトロピカルパンケーキ、アップルパイアラモードなど、ケーキ好きにはたまらないラインナップ。これらのスイーツはドリンク付きで830円と、とってもお得感があります。

日曜日のランチタイムには、ちょっと贅沢気分なハーフビュッフェ(メイン料理+ビュッフェで1850円)も展開されており、こちらも好評。巣鴨近辺に行くことがあれば、寄って損はない学食です。

表参道の最安ランチ!?青山学院大学「17号館食堂」

青山学院大学 青山キャンパスの学食は、7号館食堂(愛称:チカナナ)と17号館食堂(イチナナ)の2つがあります。

肉厚のトンカツが入った名物のカツカレーが370円で、サラダと味噌汁が付いても410円という最強のコスパ。ボリューム満点のビーフシチューやチキン南蛮といったメニューも、500円でおつりがくるんです。さらに、ラーメンはなんと230円。古き良き学食の価格設定でありながら、味は満足感◎、食堂内の雰囲気も青学らしくオシャレでキレイと、すべてが申し分なし! もしかしたら、表参道で一番安いランチかもしれません。

さらにシェフの気まぐれメニューもあり、日替わりでいろいろと楽しめるのも嬉しいところ。表参道駅近くということで、近隣のサラリーマンやOLも数多く利用している学食です。

もはや最近の学食は、学生のためだけではなく、誰でも安くおいしい食事を楽しめる場所に進化しているようです。皆さんも気になった学食があったら、ぜひ行ってみてください。

(富士みやこ)

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 味は本格派なのに格安!いまOLやママに大人気の都内学食3選
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更