1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. トマト・トマト・トマト~この夏はトマトパワーでおいしく元気

トマト・トマト・トマト~この夏はトマトパワーでおいしく元気

トマトがおいしい季節到来! 毎日を元気に過ごすための栄養や機能性も豊富で、注目の野菜です。しかも料理の幅も広く、うま味もたっぷり。トマトパワーで夏を元気に過ごしましょう。取材協力/カゴメ

TOMATO POWER 1
種類は100以上! 味も栄養も違います

「桃太郎」に代表される、おなじみのピンク系のほか、赤系やカラフルなトマトも登場。その種類は日本だけでも100種類以上。赤系トマトは皮が厚くて香りや酸味、うま味が強く、加熱しても崩れにくいのが特徴。ピンク系よりもリコピンを多く含みます。

ピンク系トマト
〈 桃太郎 〉

160616tomato02

カラフルトマト
オレンジや黄色はβカロテンが、紫はポリフェノールの一種であるアントシアニンが多く含まれています

160616tomato05

赤系トマト

160616tomato03

<高機能トマト>
一般的なトマトに比べてリコピンを高濃度で含むトマトも誕生。生食にもおすすめ(右上)
〈 シシリアンルージュ 〉
濃厚な味で生食・加熱、どちらにも使えます(左上)
〈 ミニトマト 〉
実は大玉よりもリコピンやビタミンCが豊富(下)

160616tomato04

TOMATO POWER 2
抗酸化作用や美肌づくりにリコピン

トマトに含まれる成分「リコピン」は抗酸化作用が強いのが特徴。高血圧やがん、肺疾患の予防効果のほか、メラニンの生成を抑制したり、コラーゲンの生産を促進するなど、美肌効果が期待されています。
特に最近では、リコピンのHDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やす働きが注目されています。

160616tomato06

TOMATO POWER 3
加熱するとリコピンの吸収効率がUP

加熱調理や冷凍をすると、トマトの細胞壁が壊れ細胞中のリコピンが外に出てくるので、リコピンの吸収が良くなります。加えて、リコピンは油と一緒に摂取することでさらに吸収が良くなります。ちなみにトマトの「皮」にはリコピンや食物繊維といった栄養素がたっぷりなので、むくともったいないかも。

TOMATO POWER 4
加工品には栄養が凝縮されています

160616tomato07

トマトケチャップやトマトジュースなどに加工すると水分が抜け、栄養分が凝縮。
100g当たりのリコピン量でいうと、一般的な生食用トマトでは5mg前後なのに対し、トマトジュースでは10mg、トマトケチャップでは20mgのリコピンが含まれています(カゴメ製品との比較)。

TOMATO POWER 5
トマトケチャップはうま味UPの魔法の調味料

160616tomato08

うまみ成分の「グルタミン酸」「アスパラギン酸」の宝庫であるトマトを原料に、甘味・塩味・酸味・香りなどの要素がバランスよく配合されているトマトケチャップ。実は和食とも好相性。「料理の味が今ひとつ決まらない」というときは、トマトケチャップを少量加えると味が引き締まってコクのあるおいしさになります。試してみて。

みそ汁、肉じゃが、ぶり大根や煮物にも!減塩効果も期待できます。
分量などの詳細は 「トマトケチャップ 和食」で検索を。

tomato_kyoryku_201606

取材協力/カゴメ
向田恵さん(左)、上ノ堀聡子さん(右)


★簡単・便利 「だしマリネ」

160616tomato09

そのまま食べるのはもちろん、汁ごと煮て味噌を加えれば味噌汁に、ご飯と一緒に煮込めばリゾットにも。
フードエディターの八代恵美子さんが紹介している「トマトのだしマリネ」は、いろいろ使えて便利。水400ccに対して粉末状のだし大さじ1で作った熱々のだしに、湯むきしたミニトマトを漬けておくだけと簡単です。

参考:「だしマリネでかんたん常備菜」(八代恵美子さん/世界文化社)

★読者発、お気に入りの食べ方

夏場は濃いめのかつおだしで煮て、冷やしトマトおでんに
くし型に切って冷凍、シャーベットのようにおやつ代わりに。ヘルシーです
アボカドとトマトをわさびじょう油で和えて食べるのが一番好き
少しつぶして納豆に入れる。タレなしでいけます
ヨーグルトに混ぜるとおいしい~

トマトクイズ
エリア
  1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. トマト・トマト・トマト~この夏はトマトパワーでおいしく元気
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更