1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 夏に余ったそうめんが活躍!一年中食べたくなるあったかアジア麺レシピ3つ

夏に余ったそうめんが活躍!一年中食べたくなるあったかアジア麺レシピ3つ

この時期、自宅の食材を見渡すと気になるのは、夏に余らせてしまったそうめん。冷たいつけ麺で食べる気にはなれず、放置してしまいがちですよね。実は、そうめんはエスニックな味つけにとても合うんです。一年中食べたくなるアジア麺のアレンジレシピを3つ紹介します。

簡単な合わせ調味料でタイの焼きそば「パッタイ」風

東南アジアでは米粉の麺をよく使います。やや太めのビーフンを使うタイの代表的な焼きそば「パッタイ」もその1つですが、小麦粉が原料のそうめんでもおいしく作れます。

【基本の下準備】※以下3つのレシピ共通
そうめん(乾麺)を沸騰した湯で30秒ほど茹でる。芯を残したまま引き揚げ、冷水にさらしてぬめりをとっておく。

CIMG1678
タイのパッタイ風そうめん

【材料】(2人分)
そうめん…2束
ニンニク…少々
鶏肉…適量
ニラ、モヤシなど…適量
卵…2個
荒めに砕いたピーナッツ…大さじ3
A [ナンプラー、レモン汁、砂糖、醤油…各大さじ2]
【作り方】
(1)Aは全部合わせておく。卵は溶いておく。
(2)熱したフライパンに油を引き、中火でニンニクを炒める。
(3)香りが立ってきたら、適当な大きさに切った鶏肉を入れて色が変わるまで炒める。
(4)野菜を加え、軽くしなっとするまで炒めたらフライパンの端に寄せておく。
(5)油を足し、溶き卵を入れて半熟に固まったら、端に寄せた具材と混ぜる。
(5)硬めに茹でたそうめん、ピーナッツ、Aを入れ、全体に混ざれば完成。

鶏肉のほか、豚肉、エビ、イカなど好みの具材でアレンジできます。野菜も常備菜でOKですが、ニラとモヤシを入れると、パッタイらしさが出ます。砕いたピーナッツが香ばしさとコクをプラス。また、パクチーが好きな人はぜひのせてください。ナンプラー(タイの魚醤)は、スーパーや輸入食材店などで150~300円ほど。最近では100均でも見かけます。

サラダチキンでベトナムの「フォー・ガー」風

ベトナムの代表的なヌードルといえば、「フォー」。鶏肉入りは「フォー・ガー」、牛肉は「フォー・ボー」と呼ばれ、屋台料理の人気メニューです。本来は米粉の平打ち麺を使いますが、今回はこちらもそうめんで作ります。

CIMG1668
ベトナムの「フォー・ガー」風そうめん

【材料】(2人分)
そうめん…2束
サラダチキン(市販)…1個
ベビーリーフ、レモンスライス、塩…適量
A[水…700L、鶏ガラスープの素…大さじ1/2、ナンプラー・酒…各大さじ1]
【作り方】
(1)サラダチキンを食べやすい大きさに切る。
(2)鍋にAを入れて沸騰させ、サラダチキンを加えて温める。
(3)硬めに茹でたそうめんを器に盛り、スープをかける。
(3)サラダチキン、ベビーリーフ、レモンスライスをのせ、塩で味を調えて完成。

コンビニのサラダチキンと、ベビーリーフを使った時短レシピです。さらに本格的に作りたい時は、セロリや下茹でしたモヤシを合わせたり、刻んだ鷹の爪、フライドガーリックやパクチーなどを添えると、ぐっと本場の味に近づきます。

カラダが温まるピリ辛味の「韓国風トマトそうめん」

ひんやりと肌寒い夜に食べたいのが、「韓国風トマト麺」。豚肉、コチジャン、ニンニクに、トマトの酸味が効いた栄養満点な温かい麺です。

CIMG1649
「韓国風トマトそうめん」

【材料】(2人分)
そうめん…2束
豚肉(しゃぶしゃぶ用)…120~150g
好みの野菜(常備菜で可)…適量
A[無塩トマトジュース…400ml、水…200ml、鶏ガラスープの素…大さじ1/2、コチジャン…小さじ1、醤油…大さじ2、砂糖…小さじ1、おろしニンニク…少々]
※トマト缶200ml、水400mlでも可。
【作り方】
(1)豚肉、野菜を食べやすい大きさに切る。豚肉には塩コショウをしておく。
(2)鍋に油を引いて豚肉を中火で表面が色づくまで焼き、別の皿に置いておく。
(3)同じ鍋で野菜を炒め、しんなりしてきたら、Aを加え、ひと煮立ちさせる。
(4)硬めに茹でたそうめんを加え、10秒煮たら器に盛る。
(5)麺の上に焼いておいた豚肉をのせて完成。

アツアツに仕上げるので、下準備のそうめんの茹で時間を短めに。20秒ほどがオススメです。コチュジャンを多めに足すと、辛さが強まり大人の味になります。トッピングは海苔のほか、粉チーズもトマト味と相性バツグン。栄養とスタミナがたっぷりなピリ辛麺で、カラダがポカポカしてきます。

タイ、ベトナム、韓国など、エスニックな調味料を使うことで、いつものそうめんも新鮮に感じられるはず。こんなアレンジレシピなら、季節を問わずいつでも楽しめそうです。

(文:村瀬琴音)


★あわせて読みたい!
本格派から高コスパまで!スーパーの人気レトルトカレー5選
パクチーの次はコレ!ガパオを使った簡単アレンジレシピ
カルディとお湯さえあれば!プチ贅沢なおひとりさまランチ
簡単すぎ!?本場の「チャイ」レシピをインド人が直伝!
蒲田がリトルアジア化!?インド、中国、ベトナム食材店のおすすめ3つ

  1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 夏に余ったそうめんが活躍!一年中食べたくなるあったかアジア麺レシピ3つ
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更