1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 11月11日は「ポッキーの日」!簡単かわいいアレンジレシピ3つ

11月11日は「ポッキーの日」!簡単かわいいアレンジレシピ3つ

11月11日は「ポッキーの日」。年々、SNSでも盛り上がり、定着しつつあるようです。せっかくなので、このイベントをより楽しめるアイディアレシピを紹介します。あなたのセンスでアレンジしてくださいね。

自分好みにアレンジするのが楽しい「デコポッキー」

IMG_7515

まずは「ポッキーの日」の火付け役にもなった(!?)、定番のデコポッキー。チョコペンとデコレーション用の材料を準備したら、あとは自分好みに飾りつけるだけ。今回、筆者が用意したのは、複数種類のポッキーに、チョコ菓子や100均でも購入できる製菓用のアラザンやチョコスプレーです。

まずは、一番シンプルな作り方。ポッキーの表面にチョコペンを薄く塗り、そこにカラフルな細かいアラザンなどをまぶしていきます。チョコペンが接着剤代わりになるので、これだけで完成です。

太めのポッキーには、大きめのデコレーションが映えますね。でこぼこしているクランチタイプには、ランダムにハート形などのチョコレートをのせて動きのあるデザインにしてみました。等間隔に、規則性を作って並べるとシンプル可愛い仕上がりになります。デザインに困ったら、先っぽだけ飾るという方法も。

派手なデコレーションも楽しいですが、モノトーンやゴールド、シルバーなど、色味を抑えると大人っぽい雰囲気になり素敵です。

パーティにも!インパクト大の「スイーツスティック」

IMG_7114

一度にたくさんのスイーツを楽しめるのが、「ポッキースティック」。市販のお菓子を組み合わせるだけで、パーティー風の満足スイーツに変身です。

作り方は、ポッキーをスティック代わりに刺すのみ! マシュマロは、先にピックなどで穴を開けておきましょう。直接ポッキーを刺そうとすると弾力性があるため、ポッキーが折れてしまいます。

逆にカップケーキのように柔らかいものは、先に穴を開けてしまうと持ち上げる時にポッキーが抜けやすくなってしまうので、直接刺しましょう。土台(先端)は、穴の空いていないミニドーナツや鈴カステラなど、安定性のあるものであれば代用できます。いろいろなスイーツを刺して楽しんでみてくださいね。

バレンタインにも使える「メッセージポッキー」

IMG_7234

名前のとおり、メッセージを書けちゃう「メッセージポッキー」。まず、クッキングシートの上にポッキーを数本並べて、湯せんで溶かしたチョコレートを塗ってくっつけます。写真では7本使っていますが、2~3本でもOK。完全に乾いたら、裏返してメッセージを書きます。

普通のチョコのポッキーの場合は、地色が濃い茶色なので、文字はカラフルにすると映えます。チョコペンで直接書くのが苦手な人は、アラザンをピンセットで一粒ずつ並べて文字にするのがオススメ。その場合は、接着用のチョコレートを塗った面に、チョコが乾ききらないうちにデコしてください。少し時間はかかりますが、キレイに仕上がります。

最後に、ポッキーの手持ち部分にリボンをしたり、ラッピングしたりして、華やかに完成させましょう。ケーキの上に載せて、メッセージプレート代わりにしても◎。ちょっと早いですが、受験の応援メッセージや、バレンタインにも使えそうですね。

「ポッキーの日」にちなんで、いろいろな種類のポッキーを味わうだけでなく、デコレーションで楽しんでみてくださいね!

(文・カフェくろねこ)


★あわせて読みたい!
マシュマロで簡単!ムースがあっという間に完成するレシピ
3つの簡単テクで完成!おうちカフェ風のオシャレ朝ごはん
ホムパで大活躍!100均でできる紙ナプキンの折り方3つ
“春巻きの皮”で!?スイーツからおもてなしまで使えるレシピ3つ
簡単なのに豪華に見えるオススメメニュー3選

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 11月11日は「ポッキーの日」!簡単かわいいアレンジレシピ3つ
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更