1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【新連載】ハッピーオーラな主婦になる! 時短家事のテクニック

【新連載】ハッピーオーラな主婦になる! 時短家事のテクニック

【新連載】ハッピーオーラな主婦になる! 時短家事のテクニック

jitankaji_img1

リビングWeb読者のみなさん!はじめまして~

みなさんは「家事」って好きですか?
私は、大、大、大きらいでした。

特に子どもが出来てからは、片付けても永遠に続く部屋のお掃除、山積みの洗濯物、朝食、昼食、晩ご飯、塾弁当に追われる「ご飯作りじごくの日々」も経験しています。

家事から開放されて一人の時間を楽しんでも、帰宅すれば、床に色々なものが散らかり、食べた器がテーブルに残っていたり、結局は家事に追われることになりますよね? もちろん仕事で疲れて帰っても同じ状況です。「私はお手伝いさんじゃない!」と涙ながらに夫に訴えたこともあります。

ゲンナリすること=家事、ストレスなこと=家事というのが、私の家事への想いでした。

好きなことは頑張れるのだから、家事も大好きになればいい

サンケイリビング新聞社の調査でも、主婦の約77%が、毎日忙しく感じている理由のひとつを「家事」と答えています。(アンケートは2013年9月に「リビングWeb」で実施。有効回答数478人)

その家事を「よし、楽しもう!」と思えるようになったのは、主人が単身で海外赴任が決まって「一人で大変かと思うけど、家事や育児をおろそかにするなら、仕事をきっぱりやめて欲しい」と言われたことでした。

仕事が大好きで続けたい私は、育児も家事も仕事も全部頑張ろう!と腹をくくったのです。好きなことはどんなに大変でも頑張れるのだから、家事も大好きになればいい!という単純な気持ちの切り替えでした。

オシャレで内容の濃い、カリスマ主婦の時短テクニック

現在、1日のなかで家事をする時間は合わせても45分程度。
また1、育児 2、仕事 3、趣味 4、家事 という優先順位は変わりません。

その中で、いかに効率的にハッピーに「時短家事」を行うのか?

なぜ嫌いだった「家事」を好きになれたのか? 無理なく簡単にできて、毎日の家事が楽しみに変わり、時間短縮なのにオシャレで内容の濃い。松前流「ハッピー時短家事」テクニックをみなさんにお伝えできたらと思います。

また、ジェネリーノカリスマ主婦達の「ハッピー時短家事」も時々ご紹介したいと思います!
読者のみなさんがいつもハッピーオーラな主婦でいるために、お役にたてたら嬉しいです! お楽しみに!

松前博恵

Profile

松前博恵 ブランディングサイト「ジェネリーノ」代表

大手企業の宣伝・広報部門などで活躍した後、子どもの小学校受験を経験する中で子育てと仕事のバランスに悩み、出版社へ転職。1年間の子育てサイトの編集長を経て独立し、専門職を持つスペシャリスト主婦のコミュニティ「ジェネリーノ」を立ち上げる。起業と子育てを両立するスーパーウーマン。

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【新連載】ハッピーオーラな主婦になる! 時短家事のテクニック
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更