1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. お金にルーズなママ友。どうやって支払わせる?

お金にルーズなママ友。どうやって支払わせる?

第15回 お金にルーズなママ友。どうやって支払わせる?

言いづらいことをママ友に言うのは、どのタイミングがいいでしょう?

  • 食事の前にさくっと言う
  • おいしいものを食べているときに言う
  • 相手が忙しそうにしているときに、どさくさにまぎれて言う

さて、今回のお悩み相談です。

お悩み

ずうずうしいママ友がいて、ランチをするといつも「細かいのがないから、あとで」と言っては、自分だけ少なめに支払います。気づけば、立て替えた総額が3000円近くになっていました。どうやって回収すればいいでしょうか。
(Y子・28歳・主婦・子ども1人)

言いづらいことは、おいしいものを食べながら伝える

140428nayami-rotate© naka

こういうずぶとい人、いますよね。昔、同じ編集部にいたある女性は、飲み会の支払いのときは必ずつぶれて寝てしまうという得意技をもっていて、何度も支払いを免れていました・・・。
Y子さんのママ友ですが、そもそもY子さんにお金を借りているとは思っていないのでは?ママ友同士のランチだと、端数まできっちり割るのが一般的ですが、男性が多い飲み会では、幹事の人が「細かいのはいいよ」と言って端数を徴収しない場合も多いですよね。それと一緒の感覚になっているのかもしれません。支払いのルールは、地域、年齢、立場、職場の雰囲気などによってまちまちですから、一概にどれがよくてどれが悪いとは言えません。大切なのは、支払う人がストレスをためないこと。まずは、Y子さんの流儀をはっきり伝えることから始めましょう。

心理学に「ランチョン・テクニック」というものがあります。「食べながら話すと、交渉がうまくいく」というもの。おいしいものを食べているという「快楽」により、どんなことでも受け入れやすくなるんですね。逆に、疲れているときやお腹が空いているときに面倒なことや自分に不利なことを言われると、必要以上に不快になってしまいます。
ですからY子さんも、おいしいお店で食事をしながら、ママ友に気持ちを伝えるといいでしょう。いまは春シーズンですから、オープンエアの気持ちいいテラスで話をすると、たいていのことはポジティブに解釈してくれると思います。

「第3者とのトラブル」に置き換えて話をすると効果的

伝え方ですが、先週お話しした「間接暗示」を応用してみると効果的です。私はこれを「人の振り見てわが振り直してもらうの術」と呼んでいますが、自分の願望を架空の第3者とのトラブルの形で伝えるのです。

まずは
 「ちょっと相談があるんだけど…」で切り出します。その後、
 「実は私、友達とランチをするとき、きちんと払ってもらえないことが多くて…。
  なめられているのかな」
と第3者とのトラブル相談として話をします。すると、Y子さんのママ友は
 「Y子さんはやさしいから、みんなつい甘えちゃうんだよ」
なんて言いながら、Y子さんの考え方を理解すると思います。気遣いのできる人なら、
 「私もついやっちゃってたかも。今日はごちそうさせて」
なんて話になると思います。そしたら過去の回収はOKにしちゃいましょう。そこまでいかなくても、
 「そっかあ、○○さんは、私のやさしさを利用しないでね♥」
としっかりクギを刺しておけば、再発防止になります。

もし、それでも会計の時に「実は細かいのがなくて…」なんてママ友が言い出すものなら、もう付き合うのをやめてしまえばいい。それでも付き合いたいほど魅力のある人なら、「ご祝儀」だと思って負担してあげればいいと思います。よく歌舞伎役者の着物にファンがお札をさしますよね。それと同じです。「楽しませてくれてありがとう。これからもがんばって。応援しています。チャリーン」です。それはそれで、全然アリだと思いますよ。自分の周りに楽しい人がいることは、とても素敵なことですからね。

プロフィール

高嶋ちほ子
キャリアカウンセラー・ビジネス書作家

上智大学文学部哲学科卒業。放送作家として活躍後、角川書店『東京ウォーカー』編集部、リクルート『B-ing』『リクナビNEXT』編集部などに在籍し、3000人以上の会社員をはじめ、料理人、クリエイター、作家、経営者、スポーツ選手など1000人以上の業界のトップに取材。編集・執筆に携わった著名人インタビュー『プロ論。』は累計40万部のベストセラーに。著書に『1日5分で「できる人」になれる!出世ドリル』『○○業界の法則事典』(PHP研究所刊)など。米国cce認定gcdfキャリアカウンセラー。

トピックス・インフォメーション

4月27日(日)の朝放送のラジオ番組「サンデーフリッカーズ」(パーソナリティー/春風亭一之輔、番井奈歩)に出演しました! 下記HPから聴くことができます。
「SUNDAY FLICKERS」 http://www.jfn.jp/RadioShows/sunday

出演したのは「一之輔のそこが知りたい」のコーナー。
著書の「〇〇業界の法則事典」(PHP文庫)のなかから、「ヤクルトレディが、これ何?と聞いた映画はヒットする」(映画業界)、「機内販売は3回目に売れる」(キャビンアテンダント)、「練習は本番のように、本番は練習のように」(サッカー業界)など、さまざまな業界に伝わる「使える法則」についてお話ししています。よかったら、聴いてくださいね!

アーカイブ
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. お金にルーズなママ友。どうやって支払わせる?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更