1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 加齢による物忘れ?認知症?それぞれの違い

加齢による物忘れ?認知症?それぞれの違い

年末年始、久しぶりに親と接して「これまでと何か違う」と感じた……という話をよく聞きます。一方、「お父さんが変なのよ。認知症なんじゃないかしら」と母親が愚痴ってきたけれど、自分には普通に思えたなんて話も聞きます。
厚生労働省は1月7日、団塊の世代が75歳以上になる平成37年に、認知症の人が約730万人に達するとの推計を明らかにしましたが、これは65歳以上の高齢者の5人に1人に当たります。
歳をとると誰しも、多かれ少なかれ物忘れをしますが、それが認知症なのでしょうか?

老人
意識して脳を使えば使うほど活性化し、認知症の予防につながります。外へ出ることは日常では得られない刺激を与えてくれます。

 認知症は老化現象ではない

認知症は高齢者に多いため老化のひとつと思われがちですが、『これができれば「認知症」ではありません!認知症自己診断テスト』(発行:アース・スターエンターテイメント)によれば、ただの老化現象ではなく、情報を処理する脳の機能が低下して日常生活に支障が出てしまう病気とのこと。加齢による物忘れと認知症による物忘れには決定的な違いがあります。
加齢による物忘れは体験した内容の一部を忘れるだけで、体験したことは覚えていますが、認知症の場合は体験したこと自体が欠落してしまいます。
例えば、夕食を食べたことは覚えているけれど、献立を思い出せないのが加齢による物忘れ。認知症では食べたことを忘れているのです。

認知症と加齢の違い
出典:『これができれば「認知症」ではありません!認知症自己診断テスト』
では、認知症になるとどうなるのでしょうか?

行動や性格の変化を見逃さないことが大事

認知症の初期症状といえば、物忘れ。何度も同じことを聞いたり、財布やメガネをどこに置いたのかが思い出せなくなったりと、直近のことが思い出せないという特徴があります。
また、買い物や料理の段取りに時間がかかるなど、これまで普通にできていたことがスムーズにできなくなります。
性格にも変化が出てきます。とても穏やかで気遣いのできた人が攻撃的になったり、独りになるのをひどく寂しがったり、外出する前に何度も持ち物や戸締りを確認しないと不安になる人もいます。
初期症状の現れ方は人によってさまざま。小さな異変に気づくよう、「何か変だ」という違和感を見逃さないことが大事です。

初期症状
「何か変?」だと思ったら、早い受診が大切。

早期発見、早期治療が鍵

認知症はゆっくり進行していく病気です。進行を遅らせる薬も開発されています。早く治療を始めれば、進行が緩やかになり、介護が必要になるほど進行せずに天寿を全うできるそう。
『認知症自己診断テスト』には自宅で行える診断テストがついています。それを解くことで現在の脳の状態が分かり、「認知症」か「加齢によるもの忘れか」といった判断の目安となります。

テストの一例
・時計の針が差す時間を答える。
・いくつかあるイラストの中から1つだけ違うものを見つける。
・立体図形の展開図の正しいものを選ぶ。
・絵に描いてある貨幣の合計金額を答える。
・漢数字を算用数字に、算用数字を漢数字に直す。
・3枚のカードに書かれた内容を記憶し、あとからそのカードの内容を答える。
・今日の日付や曜日を答える。

間違いが多かったり、問題の意味がわからずとまどったりするようなことがあったら、病院を受診してみるといいですね。
専門医の受診なら「もの忘れ外来」「認知症外来」がある病院へ。近くに専門的な診療科がないようなら、自治体の相談窓口や保健所に問い合わせてみましょう。

ただ、いざ受診となると病院の敷居は高いもの。
私は母に認知症の疑いが出た時、病院の予約を取ったものの母が受診を渋り、行けなかったことが何度もありました。
そんな時に相談に乗ってくれたのが、「地域包括支援センター」でした。
地域包括支援センターとは、市町村が保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員等を配置して、住民の健康の保持と生活の安定のために必要な援助を行う施設です。私が母や祖母のことで困った時にも親切に対応してくれました。
困ったことがあったら、一人で抱え込まず、まずは地域包括支援センターを訪ねてみてください。自分のことでも、親のことでも大丈夫。
相談できるところを見つけて支えてもらうことが大事です。

【参考図書】
『これができれば「認知症」ではありません!認知症自己診断テスト』
監修:認知症予防協会 / 相馬正男(医学博士)
発行:アース・スターエンターテイメント
2014年12月25日
本体価格(税別):1,000円
ninchi_cover

<文:堀木三紀>


これができれば「認知症」ではありません!認知症自己診断テスト を3人にプレゼント!

応募はこちらから

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 加齢による物忘れ?認知症?それぞれの違い
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更