1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ズボラでOK!家事がラクラクはかどる3つの収納ポイント

ズボラでOK!家事がラクラクはかどる3つの収納ポイント

house
家事がヘタ? いいえ、ヘタなのは「収納」です。

家事がはかどらない原因のひとつが「収納」です。「家が狭くてモノを置く場所がない」「何をどこにしまったのか忘れちゃった」など、収納に問題があると手間や時間がかかり、家事がおっくうになってしまいます。

整理収納コンサルタント・本多さおりさんの著書『家事がしやすい部屋づくり』(マイナビ)には、ほんの少し収納を見直せば、家が狭くてもズボラでも家事がスムーズになるコツが紹介されています。その中から「なるほど!」と思ったワザを3つ、我が家にも導入したのでご紹介します。

水周りの小物は「直置き禁止」

DSC_3357
お風呂用の洗剤と掃除用のスポンジを吊るしてみました。
トイレやバスルームなどの水周りは、こまめに掃除しないとカビや菌が繁殖しやすい場所。特に水気が残りやすいのは、椅子や洗面器、洗剤などの小物が、床と直に接している部分です。

この部分をなくすのが、「吊るす」「浮かせる」「引っかける」収納です。タオル掛けのバーに洗剤のボトルを引っかける。スポンジをピンチで挟んで吊るす。椅子は浴槽のふちをまたぐように掛けるなど、モノを床に直置きしない工夫で、水周りを清潔に保つことができます。

「吊るす」収納で空間を有効活用

DSC_3379
キッチン下の扉の裏側にフックを貼り、容器を吊るしてふきんを入れました。
モノを吊るすと、片手で取ったり戻したりできるので、動作がラク。空間を有効活用できるのも魅力です。

洗濯機の横に、ハンガーなど洗濯に必要な道具を吊るす。キッチンの扉の裏にケースを吊るして、ふきんやゴミ袋を入れる。玄関の扉の内側にフックを貼り、家や車のカギを吊るす…探してみれば、まだまだ吊るす場所やアイテムが見つかるかも? 100円ショップや雑貨店にも、便利なフックがたくさんあります。

透明容器で中身を「見える化」して把握する

DSC_3288
透明の容器に余ったおかずや乾物を入れて見やすく保存。
中身の見えない容器にモノを入れると、つい存在を忘れてしまいがち。長期保存が難しい食べ物は、ガラスなどの透明な容器やジップ袋に入れて、冷蔵庫を開けた瞬間、パッと目に入るようにしておきます。

調味料や乾物類も、透明な容器に入れておくと中身が一目でわかるので、すぐに取り出して使うことができます。よく使うもの、早めに使いきってしまいたいものは、「見える化」で管理するとムダを防ぐことができます。

ズボラな人こそ、収納でラクしよう

ほんの少しの工夫でも積み重ねていくと、家事がラクにこなせるようになり、時間に余裕ができます。ズボラな人こそ、見やすく動きやすい収納で、家事の負担を軽くしちゃいましょう。

<参考図書>
■ 『家事がしやすい部屋づくり』(本多さおり 著/マイナビ)
kaji
本多さおり 著
マイナビ
1250円(税抜き)

■ 書籍公式ページ
『家事がしやすい部屋づくり』(本多さおり 著/マイナビ)
 https://book.mynavi.jp/ec/products/detail/id=33588

マイナビから書籍『家事がしやすい部屋づくり』を2人にプレゼント!プレゼント応募はこちら

<文:ミキモトミキ>

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ズボラでOK!家事がラクラクはかどる3つの収納ポイント
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更