1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. これからでもお金は貯められる! 40代から知るお金の節約法

これからでもお金は貯められる! 40代から知るお金の節約法

40okane01
貯められない習慣から脱出すれば、今からでも大丈夫!

「結構頑張ってきたのに貯金ができないなぁ」とお嘆きのあなた。そうなってしまうのは生活習慣病と同じように、“お金”に対しても貯められないような習慣が身についてしまっているからかも。

そこで今回はテレビ・ラジオなどで人気のファイナンシャルプランナー(FP)、風呂内亜矢さんに“40代からの貯金術”を伺いました。

お金にも“生活習慣病”がある! 見直すことで貯金が可能に

——「貯金があまりに少なくて焦ってます」、という40代の方が多いです。かくいう私たち夫婦もそうなんですが…。

風呂内さん(以下同):「老後のことを考えると焦る気持ちはわかります。でも、慌てずにお金に対する姿勢を見直せばまだまだ大丈夫。

40代、特に後半の世代は、大学卒業時はバブルでイケイケの世代ですから、若い頃からお金を使うことに抵抗感がない方が多いです。また、男性はおごるのが当然、といった価値観で若いうちを過ごしてきたので、夫がそういう意識だとどこかで浪費のクセが残っていたりもします。どこかお金を貯めることが格好悪いという風潮もありました。だからまずそのあたりの意識を変えるところから始めましょう」

furouchi_prof
「40代で貯金が少なくてもまだまだ挽回可能」とFPの風呂内亜矢さん 

——そのためにはどうすればいいですか?

「お金は『ただ貯めたい』と思うだけではなかなか貯まりません。まずは目標を決めること。例えば定年退職後にやりたいことを想像し必要な予算を割り出します。仮に月々30万円使える生活を望むとしたら60歳~90歳までで1億800万円必要です。65歳から公的年金が22万円もらえると仮定して6600万円。差額の4200万円が、あと20年で夫婦で準備する目標金額となります」

——では具体的には?

「お金を貯めるためにすべきことはとてもシンプル。まず基本は、“使う前に貯める”ということです。まず最初に手をつけるべき点は、貯蓄専用の口座を作ること。給与が振り込まれる口座とは別に貯蓄用口座を用意してそこに毎月一定額、お給料がはいったらすぐに移します。月5万円でも20年続ければ5万円×12カ月×20年で1200万円が貯蓄できますね。貯蓄用口座には定期預金など使いたくなってもすぐには引き出せないような種類の口座を選べばなおベターです」

——確かに。

「また、40代は住宅ローンに教育費など、人生でも特にお金が掛かる時期でもあります。そのため、今は厳しく感じても、子供が独立したらどのくらいのペースで貯蓄ができそうかを見積もってみるのも良いですね。
人生には貯め期が3回あるといわれています。独身時代、結婚して子供が小学生まで、子供が独立してから退職までの3回です。つまり、40代は貯め期にあたらない人も多いことになります。今現在の毎月の貯蓄額だけでなく、長期で見たときにどの程度見込みがあるかを知っておけば安心材料になることもあります。
もし、子どもの教育費などで今は貯め期ではないと判断した場合も、子どもが独立するであろう頃を見越して、そのときにどうやってお金を貯めるべきかを今のうちにシミュレーションしておくと安心できる材料が増えると思います」

時代にそぐわない“ムダ支出”を大胆カット

——その他にお金を貯めるポイントはありますか?

「もう一つ、貯金のために重要なのは“支出を減らす”ということ。ときに生活のなかでムダな支出に目を配るというのは大事なことです。

この世代の方は収入も多いのですが、やはり大なり小なりバブル期の記憶が心のどこかに残っているので、浪費がちになる傾向があります。年収500〜600万円もあるのに貯金できないというのがこのタイプ。

特に落とし穴となるのが、仲間との付き合いと称して飲み会やディナーでお金を使ってしまうこと。

夜にお店でご飯を食べ、お酒も飲むというと最低でも5,000円は掛かってしまいますし、特に夫が同僚や後輩におごるのが好き、というタイプだと、お金もより多く掛かってしまいます。また、酔っ払って金銭感覚が甘くなり、タクシーで帰宅して散財という場合も。人との付き合いを断つ訳にはいきませんが、1次会で切り上げることや、電車で帰ることができる範囲で切り上げることは有効です。

また、人と一緒に食事をとるときはディナーをなるべく避け、ランチやモーニングで済ますなどの工夫をするのもお薦めです。月2回ほどは6,000円の飲み会を1500円の食事に切り替えるだけで、年に10万8,000円の節約になります。今の時代は、飲み会以外のコミュニケーションにも関心が集まっています。エグゼクティブほど、夜よりもランチや朝食会などでのコミュニケーションにシフトしています」

——なるほど。確かにうちの夫、おごりたがりです(涙)。ほかには?

「意外にムダが生じてしまいがちなのが、通信費系の固定費。高機能のスマートフォンを持っているのに、使っているのはせいぜいメールとゲーム、という方も多いですよね。でも、大手のキャリアだと月間8000〜1万円くらいの通信費が掛かっていませんか。また、自宅に光回線を引いているのにあまり使っていないという場合も。

インターネットの利用頻度にもよりますが、格安スマホに切り替えれば月2500円程度に通信費を抑えることもできます。また、光回線も解約してテザリングというスマホ回線を通してパソコンなどに接続できるサービスを利用すれば、格安スマホの月額料金だけで、パソコンなどでもメールのやりとりができるので検討してみてはいかがでしょう。これで年間10万円ほどが浮く計算になります」

40代からでも大丈夫。計画すれば老後に間に合う貯金が!

——すでに準備できている貯金も整理しましょう。

「数千万円のお金を0から貯めていくことを考えると大変に感じるかもしれません。しかし、退職金や個人年金など、すでに備えを始めているお金もあります。いくらくらい準備が進んでいるのか、受取ることができる見込額についても確認しておくと良いでしょう。

また、住宅ローンなどの退職までに片付けたい借入なども整理しておきましょう。60歳時点での残高を確認し、退職金からどのくらい相殺することになりそうかを知っておきたいですね」

——40代で今貯金がなくても、焦らなくていいんですね。

「40代は今後の収入やキャリアが見えて来る時期なので、将来へのシミュレーションもしやすいですね。また、今後も20年以上は働ける時間もあるのでまだまだ挽回できる年代です。

すでに生活に必要なものは揃っており、ぜいたくグセを抑えれば充分貯金できるはずですよ」

——ちょっと安心できました。ぜひ夫と話し合ってみます。

「夫婦で将来へ向けての貯蓄目標を共有できれば、可能性はどんどん上がります。老後に向けてより大きな安心を得ることができるし、夫婦の絆も深まりますので、ぜひ頑張ってみてくださいね」

<構成&文:関谷知生  監修:ファイナンシャルプランナー風呂内亜矢


風呂内亜矢
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、CFP®認定者、宅地建物取引主任者。著書『貯金80万円、独身の私にもできた! 自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法』(日本実業出版社)は、自宅としてマンションを購入する際に「貸せる物件かどうか」という視点を含めておくと将来の安心を築くことができるため、「貸せる物件」の選び方について4コマ漫画なども交えてわかりやすく解説した1冊。
『図解 手取り15万円でも、年60万円貯まる節約のレッスン64』(翔泳社・共著/下写真)は、各分野のプロが徹底監修した無理なくできる節約術をやさしく解説。
公式サイト http://www.furouchi.com/


★こちらもオススメ
その節約方法、本当に正しい? 貯金のコツがわかる!節約度診断
これからでもお金は貯められる! 40代から知るお金の節約法
浪費体質なひと必見!“金欠人間度チェック”で貯金体質に
夫がどんどんデキる男になる! 妻の”内助の功”開運術
最近ツイてない……なら“悪運チェックリスト”で不運の原因を探れ

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. これからでもお金は貯められる! 40代から知るお金の節約法
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更