1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 意外と知らない?人形、香水、観葉植物…どうやって捨てる?

意外と知らない?人形、香水、観葉植物…どうやって捨てる?

そろそろ今年も終わり。新しい年に向けて、不要品を処分してすっきりさせたい!と思っている人も多いのでは?
でも、いざ手放そうと思っても、どうやって捨てればいいのかわからなくて、なんとなくしまったままにしている物ってありませんか?
捨てずに捨てられない、迷いがちな物をピックアップして調べてみました。

捨てられなくて困るあれこれ…

●お守り

shobun4
家内安全、交通安全…。お守りだらけになってない?

旅行先で手に入れたり、人からもらったりして、いつのまにか増えているお守り。中には、学生時代の合格祈願のお守りをまだ持っている…なんて人もいるかもしれませんね。
いちばんいいのは、いただいた神社やお寺へ返納することですが、遠方で行けない場合なども多いと思います。
そんな時おすすめなのは、初詣の時に持っていくこと。多くの神社には「古札納付所」が設けられていて、まとめてお焚きあげをしてくれます。違う場所のお守りでも受け付けてくれるところがほとんどですが、神社のお守りは神社、お寺のお守りはお寺へ持っていくのが正解です。
家で処分していけないわけではないので、感謝の気持ちを込めていればそのまま捨てても構わないのですが、その場合は白い紙に包んで、塩をまいてから処分するという人が多いようです。

●人形、ぬいぐるみ

shobun3
かわいい人形やぬいぐるみを手放す時は、感謝の気持ちを込めて!

愛着があってゴミには出しにくかったり、人形を捨てたら呪われる気がする…なんていう人も。実際には、素材ごとに決められた方法でゴミに出しても問題ないのですが、そうできない人は多いようです。
思い出のつまったものなので、感謝をこめて処分したいという人は人形供養に出すという方法があります。東京の明治神宮では毎年秋に人形供養が行なわれていて、多くの人がお参りされるそう。
その他でも、全国の多くの神社で行なわれており、郵送で受け付けているところもあるので、詳しくはインターネット等で調べてみてください。

●観葉植物

shobun1
大きな観葉植物は、処分するのが以外に大変…

簡単に捨てられそうで意外に大変なのが観葉植物です。植物部分、土、鉢に分け、それぞれ決められた方法で処分します。
植物が大きい場合は、切って小さくしないといけませんが、パキラなど幹が太くなったものは、ハサミでは切れないのでノコギリが必要になることも。
いちばん処分しにくいのが土です。自宅に庭がある場合はそこに撒けばいいのですが、できない場合はどうすればいいのでしょうか。自分の所有地以外に捨てると、不法投棄になってしまうので注意してください。
自治体によっては、少量であればゴミとして受け付けているところもあるようですが、調べてみると、土は回収不可となっている地域のほうが多いようです。
ちなみに私が住んでいる地域も回収は不可だったので、どう処分すればいいのか問い合わせたところ、有料で引き取ってくれる業者を紹介してくれました。このように、土の処分にも費用がかかることが多いようです。

●香水、ネイルカラー

shobun2
使い切れなくてずっと置きっぱなしになっていませんか?

おみやげでもらった香水や、使わなくなったネイルカラーなども捨てにくいもので、私もたくさん溜めてしまっていました。
どちらも、中身が入ったまま捨てるのはNG。中身は新聞紙などに吸わせて、容器は地域の分別方法にしたがってゴミに出します。ネイルカラーは、綿棒などでかき出すようにすると出しやすいです。
香水は、ハンカチに吹きかけたり、トイレットペーパーの芯に吹きかけておくと芳香剤がわりになったりと、意外と使えるシーンは多いので、捨てる前に試してみてください。

まだ使えるものも、手間をかけずに手放したい

できれば必要な人に使ってほしいけれど、手間はかけたくないという人には、こんな方法もあります。

●オークション代行
オークションで販売してみたいけど出品するのはけっこう手間がかかるので面倒…と思っている人もいるのでは? そこでおすすめなのがオークション代行サービス。写真撮影、説明文の作成、質問者への返信、梱包、発送など、オークションをするにあたって面倒だな…と思うことを引き受けてくれる、便利なサービスです。
売れた金額によって決められた手数料を支払うシステムになっていて、できるだけ高く売りたい、でも手間はかけたくないという人におすすめです。

●寄付
お金でなく、物品で寄付をするという方法があります。
例えば、国際社会支援推進会が運営する「ワールドギフト」というサービスでは、衣類、ぬいぐるみ、おもちゃなど、多くのものが寄付として送れるようになっています。サイズごとに集荷料金が決まっていて、例えば120サイズ(縦×横×奥行の3辺合計が120cm、重さ30kgまで)だと2400円。この金額には、宅配料金と物資を寄付する際にかかる諸費用がすべて含まれています。
少しお金はかかっても、必要なところで使われるというのはうれしいですよね。

手に入れるのは簡単でも、手放すのはけっこう大変! これを機に、買い物をする時にはもっと慎重になろう…と改めて思いました。
正しい処分方法で、家も気分もすっきりさせて新年を迎えましょう!

<参考>
■ワールドギフト http://world–gift.com/

<文:伊井じゅんこ>


★あわせて読みたい!
秋こそ大掃除のベストシーズン!?「秋掃除」検定
1日でもできる! 大掃除計画の上手な立て方
これで完璧! 大掃除スケジュール&ポイント【前編】

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 意外と知らない?人形、香水、観葉植物…どうやって捨てる?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更