1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 小豆(あずき)カイロの作り方!冷えや肩こりにも効果アリ?

小豆(あずき)カイロの作り方!冷えや肩こりにも効果アリ?

azuki1
温かいぜんざいもいいけど、手作りカイロもおすすめ!

今、小豆(あずき)を使った手作りカイロが人気なのをご存知ですか?
繰り返し使えて、エコな健康グッズとして注目されている「小豆(あずき)カイロ」の作り方と、おすすめの使い方をご紹介します!

あずきカイロの作り方

準備するのは、あずき適量と、あずきを入れる袋を作るための布だけ。さっそく作ってみましょう!

azuki2 azuki3
(左)材料(10×20cmほどのカイロ1個分):あずき 150g、綿100%の布 20×40cm
(右)布を広げて四つ折りにし、2辺を縫い合わせる(生地を2重にして袋になるように縫う)

azuki4 azuki5
布をひっくり返して袋状にし、中にあずきを入れ、残りの1辺をとじれば完成!

大きさやあずきの量はお好みで。生地は、古着やハンカチ、タオルなどでもOKです。あずきカイロは電子レンジで温めて使うのですが、ナイロンなどの化学繊維は加熱すると溶けることもあるので、必ず天然繊維100%の生地を使ってください。手縫いしても10分ほどでできますが、ミシンを使えばもっと簡単にできます。
今回は100円ショップの手ぬぐいを使いました。柄や手触りにこだわって作るのもおすすめです!

温めすぎに注意!

でき上がったカイロは、電子レンジで30秒~1分くらいを目安に温めてください。15分ほど温かさが持続します。使う前には、熱くなりすぎていないか必ず確認を!

手軽に使えるあずきカイロですが、いくつか注意点もあります。
加熱しすぎると豆が破裂する恐れがあるので、10秒単位で様子を見ながら少しずつ温めるようにします。使ったあとはあずきの水分が減少しているので、連続で使うのも豆が破裂する原因になってしまいNG。一度使ったら、次の使用まで4時間以上はあけるようにしてください

水分は時間がたつとまた戻るので繰り返し使用できますが、少しずつ減少していきます。
水分が減少すると、あずきが割れやすくなったり、温まりにくくなってきます。触ってみて割れが多くなってきたり、加熱するのに時間がかかるようになってきたら、そろそろ寿命のサインです。
また、あずきが濡れるとカビの原因にもなるので、洗濯はできません。汚れが気になる場合は、薄めの布であずきカイロを作り、別布でカバーを作って包むのをおすすめします。

あずきパワーで体の奥まであったまる!

中に入れるのは、なぜあずきがいいのでしょうか? その理由は水分量にありました。
あずきは水分を多く含んでおり、加熱すると、その水分が温かな水蒸気となって出てきます。
一般的なカイロや湯たんぽなどの、乾熱と呼ばれる乾いた熱は、肌表面を温めてくれますが、蒸気による温熱は、表面だけでなく体の奥まで熱が届くという特徴があります。
あずき100g当たりの水分量は15.5g。他の豆類は、大豆12.5g、ひよこまめ10.4g、落花生6.0g…となっており、あずきの水分量が高いことがわかります(※)。
あずきの水分が天然の蒸気となって、体の芯まで温めてくれるというわけなんです。

(※)文部科学省 食品成分データベース参照

冷えや肩こりに気持ちいい!使い方いろいろ

●目の疲れに
目の上にのせて5分ほど横になると…あずきが目のくぼみにフィットして、すごくいい気持ち! パソコンやスマホの使用で疲れている目を癒やしてくれます。じんわりした温かさと程よい重みで、とてもすっきりします。

●首、肩の疲れに
首や肩にのせて、15分ほどリラックス。あずきの蒸気で温めると血行がよくなり、肩こりも少しラクになる気がします。あずきカイロを2個用意して、それぞれ両肩にのせてもいいですし、長さ60cmほどにして細長く作れば、首から肩にかけることができて便利です。重くなりすぎると肩が疲れて逆効果になるので、ちょうど気持ちよく感じる重さになるよう調節してみてください。

●お腹の冷えに
今の季節はお腹も冷えがち。胃腸の調子が悪い時や、生理痛の時に温めるとリラックスして心地よくなります。

●太もも、ふくらはぎに
寒い時には大きな血管が集まっている太ももを温めると、足全体が温まりやすくなります。第二の心臓ともいわれるふくらはぎも、温めると健康にいいんだそう。冷え性の人はぜひ試してみてください。

とても簡単なのに使用感は想像以上によく、繰り返し使えるのでお財布にもやさしいところがうれしいですね。あずきの天然蒸気の気持ちよさを、ぜひ体験してみてください!

<文:伊井じゅんこ>


★こちらもオススメ
「シャワーお灸」「ドライヤーお灸」であったかツボ刺激
ツラい秋冬を乗り切る!冷え対策まとめ
冷え、むくみに…話題の「足湯カフェ」を体験!
朝から「肩こり」の日はありませんか? 原因は睡眠と冷えかも
頭痛、不眠、冷え…主婦を悩ますプチ不調はアプリで解決

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 小豆(あずき)カイロの作り方!冷えや肩こりにも効果アリ?
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更