1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 外出中の備えは万全?100均でそろう「防災ポーチ」の作り方

外出中の備えは万全?100均でそろう「防災ポーチ」の作り方

東日本大震災から5年がたちました。
非常用持ち出し袋や非常食を用意している人は多いかもしれませんが、災害が起こった時に家にいるとは限りません。仕事や買い物などで、1日のうち外出している時間も意外に多いものです。外出中に災害にあった時の備えはできていますか?

s-49a012cfbd9a551f9035eaac1cab3e44_s
東日本大震災では、交通機関がストップし、家に帰れなくなった人が続出。外での災害対策も必要です

被災リスクを減らす「0次の備え」とは?

「阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター」では、非常時の備えは3段階に分けて準備することをすすめています。

●0次の備え…外出先で被災した時のために、常に持ち歩く備えのこと。
●1次の備え
…災害が起きて家で最初に必要になる対策のこと。すぐに持ち出せるように準備しておく非常用持ち出し袋など。家や勤務先に置いておく。
●2次の備え…災害が起きてから数日間のための対策。非常食や、ライフラインが使えない時のための対策グッズなど。

家に防災グッズを準備しておけばひとまず安心…と思ってしまいますが、災害はいつ起こるかわからないので、外出先での対策も重要です。そこで0次の備えとして、最低限の防災グッズを入れた「防災ポーチ」を持ち歩くのがいいと知り、調べてみました。

これだけは入れておきたい!防災ポーチの中身

防災ポーチの中身は、基本的には非常用持ち出し袋と同じです。この中から、持ち歩けるものをポーチに入れれば、防災ポーチは完成。おすすめの中身はこちらです。

携帯電話の充電器、ペンライト、笛、現金(小銭)、絆創膏、常備薬、マスク、ウェットテッシュ、手ぬぐい、保湿クリーム、耳栓、生理用品、ポリ袋、保温用アルミシート、食料(飴、チョコレートなど)

は、万が一閉じ込められた時、居場所を知らせるために必要。手ぬぐいはハンカチより大きく、ぬれてもすぐに乾きやすいので便利です。大きめのポリ袋は、地面に敷いたり、穴を開けて頭からかぶって雨具代わりにしても。保温用アルミシートは、雨を防ぐほか、体に巻けば防寒対策にもなります。
笛や保温用アルミシートのように、何かあってからでは遅いもの、手に入りにくいものは、優先してポーチに入れることをおすすめします。

携帯ラジオも入れたいところですが、毎日持ち歩くのはちょっとむずかしいですよね。スマートフォンを使っている人は、ラジオを聞けるアプリを入れておくと安心です。
そのほかに、小さいお子さんがいる人は子どもグッズ、髪が長い人はヘアゴムなど、それぞれのスタイルに合ったものを選んでください。

100円ショップで防災ポーチ作り

防災ポーチを作るのにぜひ活用したいのが、100円ショップ。
大型の100円ショップなら、防災グッズとして使えるものがいろいろあります。家にあるものと、100円ショップのグッズだけで、実際に防災ポーチを作ってみました。

s-20160303_151246000_iOS
保温アルミシート、笛、ペンライト、ポーチ…。100円ショップでこんなにそろうんです!

s-20160303_151328000_iOS s-20160303_151354000_iOS
(左)これが中身のすべて。こうしてみるとかなりの量です
(右)全部入れた状態で、420gになりました。携帯の充電器が100g以上。でも必要ですよね

先に記載した防災ポーチのおすすめの中身に書いたものを、全部入れてみました。こんなにたくさん入るかな…と不安でしたが、大きいアルミシートなどは折りたたみ、B6サイズのポーチにぴったりおさまりました。
今回は420gになりましたが、できるだけコンパクトなアイテムを選ぶことで、もっと軽くできます。例えば、電池パックを取り外せる機種の携帯なら、充電器ではなく電池パックにするだけでぐっと軽くなりますし、保温シートも手のひらサイズのものがあります。

また、薬や食料が古くなっていないか、劣化しているアイテムはないかなどを定期的にチェックして、いつでも使える状態にしておくことも忘れずに。年に1~2回は中身をメンテナンスしましょう。

実際に作ってみると、あれもこれもと入れたくなってしまいますが、防災ポーチは毎日持ち歩いてこそ意味があるもの。自分にとって最低限必要なものに厳選して、持ち歩くのが面倒にならないようなサイズ、重さにすることが大切です。
持っているだけで安心できる防災ポーチを作ってみてはいかがですか?

<参考>
■阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター http://www.dri.ne.jp/

<文:伊井じゅんこ>


★あわせて読みたい!

【特集】今こそ、家族で本気の防災
東日本大震災から4年。家族の命をつなぐ備蓄食料
100円グッズで揃う! 最強防災グッズ3点セット
首都直下型地震から子どもを守るには? どこへどうやって避難すればいいの?
大災害が起きた時、頼りになるのは?
ワインボトルが降ってきた日【熊本地震リポートVol.1】

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 外出中の備えは万全?100均でそろう「防災ポーチ」の作り方
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更