1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【青木良文さん監修】5つの「ハッピー習慣」で若々しくキレイに

【青木良文さん監修】5つの「ハッピー習慣」で若々しくキレイに

春は何かと環境が変わる時期。心機一転、運気をアップしてハッピーに過ごしたいですよね。

2016年はベースを整える年。妻・母がキーパーソン

Fotolia_84988841_XS

『フィガロジャポン』などの雑誌でファッションと占いページの編集をしているエディターの青木良文さんによると、2016年はベースを整える年なので、自分のライフスタイルや家族を見直すことが大事とのこと。
家族の中でハッピーを左右する重要なポジションにいるのが妻・母であると青木さんは言います。
「奥さんやお母さんが元気で明るい家庭は、家族みんなが幸せな空気に包まれています。家事などで忙しい毎日で、自分自身が楽しむことを後回しにしがちな方も多いと思いますが、家族のためにも、しっかり楽しんで輝くことが大事なんです」
妻・母が毎日を楽しく過ごし、そして若々しくキレイになるための、5つのハッピー習慣について青木良文さんに聞きました。

1.花のある生活で、10年後の見た目年齢が変わる

2happy
花は見ることで生気を得られるそうです。特に女性にとってはラッキーアイテム。花のある生活を送っている人は、10年後に見た目年齢が変わると言われています。花のある生活を送るということは、日々の暮らしの中で気持ちにちょっとした余裕があるということ。それがその人の印象として現れてくるんです。また、花の状態はその場の空気をはかるバロメーターにもなることも。もし枯れてしまうような場合は、家族の空気が少し乱れている時かもしれません。一輪でもいいので、目に見えるところにぜひ花を飾ってみてください。

2.お気に入りの食器が良い運や縁を引き寄せる

3happy
毎日使う食器はお気に入りのものを、そしてできれば質のよいものを使ってください。お気に入りということは、「気持ちが入っている」ということ。そういう器で料理を出せば、相手に対しても大事にしているという愛情が伝わります。旦那さんには、ぜひ大きな器にきれいに料理を盛り付けてあげてくださいね。「器が大きい」という言葉がありますが、まさにその通りで、大きな器で料理を出す方が気持ちに余裕が生まれるんです。小さな器に山盛りはダメですよ! そして、口にする食べ物を盛り付ける器からは、ダイレクトに影響を受けるものなので、質の良いものを使うことで、巡ってくる運や縁も変わってきます。良い器を使っている人は、同じく良い器を使っている人と出会えるんです。まずは朝一杯の水を飲むグラスから見直してみて。

3.清潔なタオルでからだも心もフレッシュに

4happy
水から出た後、最初に触れるタオルは自分の印象に影響します。きたないタオルを使うと不潔な印象に、古いタオルを使うと老けた印象になってしまいます。清潔で肌触りの良いものを使いましょう。タオルも食器と同様に毎日使うものですよね。日々の積み重ねの影響は意外と大きいものです。毎日清潔なタオルを使えば、疲れや嫌なことも浄化されて、いつでもフレッシュでいられるので、アンチエイジングとしてもおすすめですよ。ちなみに、柄がたくさん入っているタオルだと落ち着かない印象に見えてしまうので、気をつけて。

4.肌触りの良いルームウェアで好感度をアップ

5happy
家で過ごす時のルームウェア。誰に見られるわけでもないので、適当に・・・という人もいるかもしれませんが、ルームウェアもその人の印象を左右する大事なアイテム。よれよれの服装だと、だらしない人に見えてしまうかも。また、朝起きたままのかっこうで一日中過ごしてしまうと「時」が止まってしまい、良い気も生まれません。朝起きたら肌触りの良いルームウェアにしっかり着替えましょう。丁寧に過ごすことは自分を大切にしているということ。そして、自分自身を大切にできる人は、他人からも大切にしてもらえるものです。

5.床を水ぶきして、嫌な気を浄化する

6happy
2016年はベースを整える年なので、快適な部屋作りがひとつのキーポイントになるそうです。中でも部屋の土台となる床は常に清潔を保ちましょう。家に持ち帰ってしまったネガティブな気は、床にたまることが多いのだとか。その陰の気を除去できるのは陰の性質を持つもの、つまり「水」になるので、水ぶきが最も効果的です。嫌なことがあった時は、床と一緒に壁まで水ぶきすると運気が浄化されてすっきりしますよ。

人に見えないところが、その人の印象を作るものなんですね。青木さんに教えていただいたことは、すべて日々の生活でちょっと気をつければできることばかり。さっそく取り入れて、ハッピーを引き寄せましょう!

★くらしナビの占いで、4月から半年間の運気もチェック! 2016年度上半期12星座占い
★1カ月ワンコインでできちゃう♪ スーパーの花束をおしゃれに飾って長く楽しむコツ

aoki2
青木良文
エディター。ファッション誌『フィガロジャポン』をはじめ多くの女性誌で、主にファッションと占いページの編集を担当。
ラジオやトークショーなど幅広いジャンルで活躍。人気セレクトショップ「Drawing Numbers」でのラッキーアイテムなどのギフトコーナーのディレクションも行う。『WWD』の雑誌アカデミー賞では占いの分野で特殊技能賞を獲得。
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【青木良文さん監修】5つの「ハッピー習慣」で若々しくキレイに
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更