1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 家事がうまくなりたいパパ集まれ~

「秘密結社 主夫の友」杉山ジョージさんに聞いた ”夫婦円満 家事のヒケツ“

家事=女性の仕事という考え方自体が変化の時を迎えています。1月25日の「主婦休みの日」を、これからの“家事・育児と夫婦のあり方”を考えるきっかけにしませんか。主夫で放送作家の杉山ジョージさん(秘密結社 主夫の友 構成員)に主婦休みの日のキャラクター、ニコとイクコが聞きました。
「秘密結社 主夫の友」の野望とは

主婦休みの日のキャラクター、ニコ(右)、イクコ(左)

160915syufu001

「主婦休みの日」とは…
リビング新聞では、「365日休みがない主婦がリフレッシュできる日を」と、1月25日、5月25日、9月25日を「主婦休みの日」として日本記念日協会に登録。「主婦」とは、普段から家事を主に担当している人をいい、「主夫」も含みます。
http://mrs.living.jp/tag/shufu_yasumi

仕事相手(男性)に言われた「家庭と仕事、どっちが大事なんだ」

161226syuhu02

杉山ジョージさん。服飾デザイナーの妻と中1、年中さんの2人の娘の4人家族

161226syuhu04
「秘密結社 主夫の友」を結成した理由はなんですか?
杉山
主夫に対する目を変えたいと考えたから。
僕はフリーで働いていますが、主夫になってから夜の仕事はセーブしています。ある時夕方の打ち合せを断ったら、仕事相手から「お前、家庭と仕事とどっちが大事なんだ」と言われた。それ、昔なら妻が夫に言うセリフ(笑)。「男としてどうなの?」と聞かれることも多い。
僕も家族も満足しているのに、周囲がうるさい。選択肢はいろいろあったほうがいいでしょ。さらに、男から主夫という選択肢を奪うことは、女性の機会を奪うことにつながるんです

家事のうまい、下手はだいたい経験。頼むなら指示は細かく、明確に

161226syuhu04
うちの夫は家事が下手。後で私がやり直すことも多くて。杉山家がうらやましいナ
杉山
僕も別に家事が得意なわけじゃなくて、単に数をこなしたからできるだけ。仕事が忙しいときは手が回らなくて、省略することもあります。
家事のうまい下手って、だいたいは経験の問題。見様見まねでやるだけじゃ、うまくいかないのは当たり前です。だから、やりなれない夫に家事を頼むなら、明確に指示を出すこと。風呂掃除なら、排水溝はやる、浴槽のエプロンは、今日は外さないとかネ。
新入社員に仕事の指示を出すのと同じ
161226syuhu05
新人として素直に聞けばいいけど…

「察して…」では、ケンカになるお互いの違いを認めることも大事

杉山
次に大事なのは、やってほしいことはちゃんと伝えることです。
全部言わずに「察してほしい」「どうしてわかってくれないの?」というのでは、「なんでちゃんと言わないんだ」とケンカになる。ここは相手の自主性に委ねちゃダメ。
またスポンジの置き場所ひとつとっても、人には癖や優先順位がある。自分のやり方だけが正しいと主張せずに、「ここは違うね」と互いに認め合うことも大事。
一般的に男は〝問題解決脳〞だから、意味や目的、方法がインプットされれば、主体的に動けるはず。妻の家事を非効率と指摘するかもしれないけど…
161226syuhu05
え〜っ。夫がそんなこと言ったら、家事は全部やって、と〝ちゃんと〞お願いするわよ

161226syuhu03

子育て・家事・仕事の配分を二人で考える「夫婦ライフバランス」

161226syuhu05
最近よく聞く「ワークライフバランス」という言葉は、個人の仕事と生活のバランスのことですよね
杉山
そう。でも家庭は夫婦で営むものだから、大事なのは「夫婦ライフバランス」だというのが、僕の主張。
子育て、家事、仕事(収入)を、どういう割合で分担するかは、夫婦で話し合って決めるべき。大事なのは、そのバランスは時間と共に変わるという認識です。夫の仕事が忙しい時に妻の負担が増える。でもそれはずっとではないということがお互いわかっていること。
成長すれば子どもにかかる時間は減りますが、一方で教育費が増えるから、仕事をして収入を増やす必要が出る。そういった過去から今、未来への状況の変化を考えて、定期的に話し合い、補い合って、柔軟に対応していく。
「夫婦ライフバランス」の話し合いをぜひ始めてほしいな
161226syuhu05
協力し合っていくために、まずはそこからスタートですね!

杉山さんほか、「秘密結社 主夫の友」のメンバーが1月23日の「パパ家事サイエンス講座」に登壇。面白くて今日からスグ役立つ夫婦円満の秘訣を伝授してくれます。

「政府が女性管理職を2020年までに30%に高める目標を打ち出したなら、主夫も30%にしなきゃダメじゃね?」

彼らは、”志はマジメに、手段はやわらかく”と軽いノリと暇つぶしで結成された「秘密結社」。目的は、「主夫を増やす」ことではなく、「選択肢を増やす」こと。

夫婦どちらかが負担を抱え込むのではなく、その時その時の状況に応じて、柔軟に生きられる社会を目指しています。NPO法人ファザーリングジャパン“非”公認組織

  1. 1
  2. 2
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 家事がうまくなりたいパパ集まれ~
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更